iPhone 12、mini、Pro、Pro Maxを他モデルと徹底比較!

【PS4】ゲームのセーブデータをオンラインストレージやUSBメモリにバックアップ・リストア(復元)する方法

ゲームのセーブデータをオンラインストレージやUSBメモリにバックアップ・リストア(復元)する方法

最近、今さらながらPS4のゲームをプレイする機会が増加中。

その結果本体の容量が不足がちになってきており、データの保存や移動について調べていました。


そこで見つけたのが、ゲームのセーブデータをバックアップする方法。

以下2つの方法があり、比較的柔軟にバックアップ・リストア(復元)することが可能となっています。

  1. 「PlayStation Plus」会員だけが利用できるオンラインストレージに保存
  2. USBメモリなどの記録媒体に保存


実際に両方とも試し、その手順をこの記事にまとめました。


USBストレージ機器(USBメモリなど)にセーブデータをコピーする

USBメモリ等のストレージにソフトのセーブデータを保存する方法です。
メモリは何でも大丈夫だとは思いますが、念のため以下のような「PS4動作確認済み」の製品を選んでおくと確実性が高いかと。


PS4のメニューで「設定」を開きます。

PS4のメニューで「設定」を開きます

「アプリケーションセーブデータ管理」を選択。

「アプリケーションセーブデータ管理」を選択

「本体ストレージのセーブデータ」を選びます。

「本体ストレージのセーブデータ」を選びます

「USBストレージ機器にコピーする」というメニューがあるので、これを選択。

「USBストレージ機器にコピーする」というメニューがあるので、これを選択

セーブデータを移す場合には、その移す先のPS4も最新の状態にアップデートしてくださいとのこと。
心に留めつつ、次へ。

セーブデータを移す場合には、その移す先のPS4も最新の状態にアップデート必要

USBストレージ機器にコピーしたいセーブデータを選びます。
以下の画像からわかる通り、ソフト自体の容量は数十GBあったとしてもセーブデータ自体はせいぜい数百MB。USBメモリで容量は十分です。

USBストレージ機器にコピーしたいセーブデータを選ぶ

どのセーブデータをコピーするか選び、実行。

どのセーブデータをコピーするか選び、実行

大した容量にはならないので、すぐにコピーは終わります。

大した容量にはならないので、すぐにコピーは終わります

USBストレージ機器からセーブデータのリストア(復元)

セーブデータの入ったUSBメモリ等をPS4に挿した状態で、「アプリケーションセーブデータ管理」から「USBストレージ機器のセーブデータ」を選択。

「アプリケーションセーブデータ管理」から「USBストレージ機器のセーブデータ」を選択

「本体ストレージにコピーする」。

「本体ストレージにコピーする」

本体にコピーするソフトのセーブデータを選んで、「コピー」を押せば完了です。

本体にコピーするソフトのセーブデータを選んで、「コピー」を押せば完了

本体にコピーするソフトのセーブデータを選んで、「コピー」を押せば完了2

オンラインストレージにセーブデータをアップロードする(PS Plus会員限定)

PlayStation Plus会員であれば、USBメモリを使わなくてもセーブデータをオンラインストレージにアップロードすることが可能です。

PS Plusについて詳しくはこちら

モンハンワールド(MHW)のオンラインプレイに必要な「PlayStation Plus」って何?調べてまとめた

Wi-Fi等のネットワークさえあれば、たとえば友達のPS4に自分のセーブデータをダウンロードして遊ぶのも簡単。


まずはオンラインストレージへのアップロード方法から。

「設定」→「アプリケーションセーブデータ管理」→「本体ストレージのセーブデータ」から、PS Plusマークのついた「オンラインストレージにアップロードする」を選択。

PS Plusマークのついた「オンラインストレージにアップロードする」を選択

この時点ではPS Plusに加入していなかったので、加入を促す画面が表示されました。(既に加入済みであればスキップされるはず)
私の場合、ここからPS Plusに加入して以降の作業を継続。

PS Plusに加入していなかったので、加入を促す画面が表示された

オンラインストレージにセーブデータをアップロードするソフトを選びます。

オンラインストレージにセーブデータをアップロードするソフトを選ぶ

アップするセーブデータを選び、アップロード。

アップするセーブデータを選び、アップロード

回線速度にもよりますが、せいぜい数百MBなので1分以内で終わるはず。

回線速度にもよりますが、せいぜい数百MBなので1分以内で終わるはず

オンラインストレージのセーブデータを復元する(PS Plus会員限定)

PS Plusに加入し、オンラインストレージにアップロードしたデータを復元したい場合の手順。

「アプリケーションセーブデータ管理」→「オンラインストレージのセーブデータ」へ。

「アプリケーションセーブデータ管理」→「オンラインストレージのセーブデータ」

「本体ストレージにダウンロードする」を選択。

「本体ストレージにダウンロードする」を選択

ダウンロードするセーブデータを選んで、ダウンロードします。

ダウンロードするセーブデータを選んで、ダウンロード

ダウンロードするセーブデータを選んで、ダウンロード2

セーブデータの自動アップロード設定(PS Plus会員限定)

PS Plus会員は、セーブデータを自動でオンラインストレージにアップロードする機能を利用可能。
その設定方法を紹介します。

設定の「アカウント管理」から、「いつも使うPS4として登録する」を選択。

設定の「アカウント管理」から、「いつも使うPS4として登録する」を選択

設定の「アカウント管理」から、「いつも使うPS4として登録する」を選択2

いつも使うPS4として登録されていない場合はここで登録。

いつも使うPS4として登録されていない場合はここで登録


次に、設定の「省電力設定」→「スタンバイモード中の機能を設定する」へ。

設定の「省電力設定」→「スタンバイモード中の機能を設定する」へ

設定の「省電力設定」→「スタンバイモード中の機能を設定する」へ2

「インターネットに接続したままにする」にチェックを入れます。
これで、スタンバイモード中でも通信を行いセーブデータのアップロードが可能になりました。

「インターネットに接続したままにする」にチェックを入れる


ここまで来たら、あとは自動保存したいソフトのセーブデータを選ぶだけ。

設定の「アプリケーションセーブデータ管理」から、「自動アップロード」を押します。

設定の「アプリケーションセーブデータ管理」から、「自動アップロード」を押す

セーブデータを自動アップロードしたいソフトにチェックを入れれば完了。

セーブデータを自動アップロードしたいソフトにチェックを入れれば完了

せいぜいMB単位のセーブデータに対し、PS Plusオンラインストレージは100GB以上の容量があります。
ほとんどのユーザーは全部チェックを入れても十分余裕があるはず。

あとがき

2台目や友人のPS4にセーブデータを移したいとき、どうしても失いたくないセーブデータがあるときなどにご活用ください!

私がPS4用として使っているアイテム

↓容量が足りなくなったので、外付けSSDで増設しました

↓セーブデータを保存したり、スクショや動画をコピーしたり

↓コントローラー(DUALSHOCK 4)を2個充電できるスタンド

PS4の関連記事はこちら

↓PS4が容量不足になったら、この記事を見よう

PS4の容量が不足したらどうする?USBストレージ増設、アプリ(ゲームソフト)削除それぞれの手順を解説

↓セーブデータはUSBメモリにバックアップしたり、有料でオンライン保存が可能

【PS4】ゲームのセーブデータをオンラインストレージやUSBメモリにバックアップ・リストア(復元)する方法

↓Androidスマホ・タブレットとDUALSHOCK 4があれば、リモートプレイもできる

AndroidでもPS4リモートプレイが可能に!その方法を、Pixel 3aにDUALSHOCK 4を接続して確かめてみた

↓iPhone・iPadでリモートプレイ

PS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)をiPhoneやiPadに接続し、PS4のゲームを遊ぶまでの手順

↓撮影したゲームの画像・動画をUSBメモリ等のストレージに書き出す方法

【PS4】撮影したスクショやビデオを、USBメモリなど外部ストレージに書き出す(コピーする)方法

↓画像・動画をギャラリーで確認する方法

【PS4】撮影したスクリーンショットのギャラリーを確認する方法&便利な設定

↓撮影した動画(ビデオクリップ)をトリミングする方法

【PS4】撮影したビデオクリップをトリミングする方法

コメントを残す