【iPhone XSレビュー】落ち着きがある上品なゴールド。7から移ると画面の大きさに驚く

iPhone XS外箱

とりあえずApple Online Store、ドコモ、au、ソフトバンク各社の公式ページでiPhoneをチェックしたい場合は、以下からどうぞ。

本日2018/9/21(金)は、iPhone XSおよびXS Maxの発売日。

各地のApple Storeでは行列ができているそうですが、私は人混みを避けて自宅受け取り。
福岡でも、ヤマトさんが午前中に届けてくれました。

「アップルさんからお届けでーす。……これ、もしかして新しいiPhoneですか?うおお!」
「Apple Store行列できてましたよ」
「私もほしいんですけど、お金がないんですよね。。。」

と楽しげに話してくれた爽やかなヤマトの配達員さん、いつもありがとうありがとう。


個人的には正直あまり乗り気でないながらも、やはり新しいiPhone X系の端末は触っておきたい。あと撮影後に写真のボケ方変更できる機能使ってみたい。

iPhone XS、XR、8、7をわかりやすく比較してみた。普通の人には7がおすすめ!

2018.11.02
続きを読む

そう思って今回iPhone XS 256GBの新色ゴールドを購入した私。
お会計、約14万円。なかなかデカイ出費だ。。。


買ったからには味わい尽くすつもりで、今回はその外観レビューとファーストインプレッションを書いていきたいと思います。

なんというか、実際手に取ってみるとやっぱりテンション上がってくるものですね…!


iPhone XSが発売日に到着。さっそく開封

発売日の9/21、10:30頃には福岡の我が家にもiPhone XSが到着。
iPhoneにしてはちょっと大きめのダンボールに入って届きました。

iPhone XSのダンボール

中には万が一にも衝撃が加わらないよう梱包された、iPhone XS(の箱)!

ダンボールを開くとiPhone XS…の箱

私にとってはiPhone 7以来、2年ぶりの新しいiPhoneとなるiPhone XS。
新しいカラーが出たらそれを選ぶのが私のポリシーなので、今回はゴールドを選択しました。

iPhone XS外箱

箱のりんごマークやiPhoneの文字は、iPhoneの色に合わせて印字されています。

ゴールドに輝くiPhoneの文字

写真をiCloudにするなりMacにバックアップを取って消していけば64GBで十分な気もしましたが、アプリのデータ等で万が一にも容量を気にしながら使うのは面倒だよなと思い、今回は余裕を持って256GBに。

iPhone XSの容量は256GBを選択

フタを開けてみると、いつものDesigned by Apple in California。

iPhone XS Designed by Apple in California

その下にはiPhone XS!
※写り込んでいる光の帯はLED照明です。以下同様

iPhone XSがお目見え

ちなみに同封されているのは説明書、SIMスロット用のピン、保証内容等に関する注意書き、りんごマークのシール。

iPhone XSに同封されているもの

iPhone XSの下にはアダプタ、Lightningケーブル、Lightning接続のEarPodsイヤホン。
一瞬EarPodsのコードが見えず「え、まさかAirPods同梱!?」と思いましたがさすがにそれはなかった。

なお3.5mmイヤホン変換アダプタは付属していないので、それを当てにしているユーザーはご注意を。

iPhone XSの付属品

アップルの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」の設定方法と評価。邪魔なコードが無く軽い!

2018.02.02
続きを読む

落ち着いた上品なゴールドのiPhone XS

さて、iPhone XS本体を詳しく見ていきましょう。

iPhone XS本体

ゴールドということでてっきりゴージャス金ピカな色を想像していたんですが、背面はなんとも落ち着きのある、白味がかったゴールド。光に当てるとゴールドというよりブロンズに近い感じに見えます。
これなら嫌味さは全然無いので、誰でも持てますね。逆に、ピカピカの金色を期待していると肩透かしを食うかも。Apple Storeで要確認。

iPhone XS裏面は落ち着いたゴールド

iPhone XS裏面は落ち着いたゴールド2

側面は、背面に比べるとやや光沢が強めの仕上げ。

iPhone XS右側面

iPhone XS左側面

底面。USB-Cになるのではという噂もありましたが、今回もLightningのまま。
スピーカーはアシンメトリーになっていました。

iPhone XS底面にはLightning端子やスピーカーなど

なかなか上品な高級感を感じさせる色。

iPhone XSは上品で高級感を感じさせる

私ははじめて所持するデュアルカメラ付きの機種ですが、出っ張りがこれまで以上に気になってしまいますね。
せっかくのデザインをそのまま見せたい気持ちもありますが、ケースは必須でしょう。

iPhone XSデュアルカメラの出っ張り

横から見るとこの出張りっぷりがわかりやすい。

iPhone XSカメラの出っ張りを横から

iPhone XS初期設定。クイックスタートが便利

さあ、早速使ってみましょう!

iPhone XS使ってみよう

と思ったら、撮影に使っていたiPhone 7のほうにこんな表示が出てきてびっくり。
こんなので設定できるようになったのね…!知らんかった。(クイックスタートという機能らしい)

iPhoneクイックスタート

古い方(移行元)のiPhoneカメラで、新しい(移行先)iPhoneのイメージを読み取るだけです。

クイックスタートでイメージ読み取り

あとは旧iPhoneに設定しているパスコードを新しい方のiPhoneに入力すればOK。

パスコードを入力すれば設定完了

この機能を使えば、Apple IDやWi-Fiの設定などかなりの部分をスキップすることができて便利。

iPhoneクイックスタート

iCloudやiTunesのバックアップから復元するもよし、心機一転新しく使い始めてもよし。

iPhone XS復元

こちらも始めて使うことになる、Face ID。

iPhone XSのFace ID

フロントカメラの枠内に顔を入れ、その中で頭をグリグリ動かせば設定できます。

Face IDの設定

画面の指示に従って進めれば特に迷うことはないでしょう。
Touch IDだとなかなかうまく登録できなかったりもしたんですが、Face ID設定は簡単・短時間で済みました。

Face IDの設定は簡単

設定の最後では、簡単にiPhone XSの操作方法を教えてくれます。
ホームに移動は下から上にスワイプね。

ホームに移動は下から上にスワイプ

アプリ切り替えは、ゆっくりめに下から上スワイプすれば出てきます。
ホーム移動はさっとスワイプする感じで。

アプリ切り替えは、ゆっくりめに下から上スワイプ

コントロールセンターは右上から下へスワイプになったんですね、なるほど。

コントロールセンターは右上から下へスワイプ

設定完了。ようこそiPhoneへ!

ようこそiPhone XSへ

ファーストインプレッション

まだ設定して少し触ってみた程度ですが、ファーストインプレッションを記しておきます。

iPhone XSというより、Xも含めたiPhone X系の印象になってしまいますが。

サイズ感

かなり大きめに感じることを想定していたんですが、並べてみるとケースを装着したiPhone 7と同じくらい。思ったほどじゃなかった。

iPhone XSと7の大きさ比較

とはいえXSにケースを装着すれば当然一回り大きくなってしまいます。

ポケットには入りそうだけど、果たしてどう感じるのか。
もう少し使ってみてからまたレビューしたいと思います。

Face ID

Face IDの認識の速さは素晴らしい。Touch IDだと手汗をかいてたら認識しなかったりするんですが、Face IDだとそういうこともないですしね。

一方で、Touch IDだとロック解除ですぐにホーム画面が表示されていたところ、Face IDだと一度上スワイプしないとホーム画面にならないので、そこは結構面倒なポイント。設定でどうにかならんのかな。

ホームボタン無し状態への慣れ

ホームボタンがないiPhoneってどうなんだと思っていましたが、5分で慣れました。全然問題なし。

画面の広さ

さきほどの写真を再掲しますが、iPhone 7と比べると表示領域の大きさは段違い。これは良いですね。

iPhone XSと7の大きさ比較

情報量が増えるのはもちろん、ほぼベゼルレスになったことで没入感も上がった気がする。

あとがき

詳しいiPhone 7との比較や、カメラ等のレビューは後日アップ予定。

とりあえず、新しい相棒iPhone XSをいろいろ使って試してみようと思います!

公式ページでiPhoneの情報をチェックしたり、購入したい方は以下からどうぞ!

↓iPhone XSとX、8、7を含めた比較記事はこちら。どれを買うべきか?

iPhone XS、XR、8、7をわかりやすく比較してみた。普通の人には7がおすすめ!

2018.11.02
続きを読む