ベトナムのダナンとホーチミンでもAirbnb宿泊。安くリゾートマンションに泊まれるのが楽しい

ベトナムのダナンとホーチミンでAirbnb宿泊

今年の6月に訪れた、ベトナム最大の都市ホーチミンと中部の新興リゾート地ダナン

ホテルにも1泊したのですが、大半はおなじみの民泊サービスAirbnb(エアビーアンドビー)を利用しました。

沖縄の宿泊はホテルもいいけど、Airbnbでリゾートマンション泊まるのも楽しいぞ

2016.06.26

東京で宿が見つからず困ったけど、Airbnbで安くていい部屋が見つかり助かった話

2015.12.24


なぜホテルでなくAirbnbを選んだかというと、特に3人以上でのコストパフォーマンスの良さ自由度

ホテルだとシングル・ツイン・ダブルが主なため3人以上泊まれる部屋となると選択肢が減り、別部屋となってしまいそれぞれ宿泊費がかかりますが、Airbnbなら3部屋以上あるマンションや一軒家も珍しくないためうまく選ぶとかなりコストが抑えられます。

さらに、それなり以上の規模の都市であれば年季の入った家からリゾートマンションまで幅広い物件が揃っているため、選ぶのも楽しいしホテルではできない体験ができたりも。


ただし、オーナー次第でトラブルも起き得ることには注意が必要。モノの売買で言うと、出品者や落札者によってはスムーズにいかない場合があるヤフオクやメルカリのようなイメージに近いでしょうか。

今回はダナンにて暗証番号式の鍵の故障により若干待たされるトラブルは起きたものの、眺望抜群だったり屋上プール付きの豪華マンションの泊まれる経験はとても良いものでした!


ベトナム中部のダナンにて、眺望がよく綺麗な高層マンションに宿泊

ごく最近までは田舎町だったのですが、ここ最近ビーチリゾートとして急成長を遂げているベトナム中部の都市・ダナン

ここでは、Airbnbで高層マンションに宿泊しました。周りに高い建物が全然ない中、突如現れるこの建物がその宿泊先。

事前に入り口は暗証番号入力式のキーであること、その暗証番号も聞いていたのでそれを入力したのですが、どうしてもドアが開かない。
Airbnb経由で電話して何度もやり方を聞いたりしたのですが、どうにもならず。最初はこちらの開け方がまずいと思っていたであろうホストの方も、最終的には現地まで開けにくることに。

こういう場合、特に海外では英語でやりとりが必要だったりするのでハードルが高いですね。その点はホテルに比べリスクとして知っておくべきポイントでしょう。
(ちなみに、やってきたホストの女性はとても良い方でした)


通されたのはかなりおしゃれでいい感じの部屋!ソファもテーブルも窓際の席もあり、3人なら余裕すぎるくらいの広さ。

周りに高い建物が無いので、眺めもとても良い。

キッチンもピカピカです。

鍋や箸、食器などのカトラリー類も充実。

洗濯機や物干し場もありました。

事前情報通り、ベッドルームは2室。1人はソファで寝ることに。(ジャンケンで決めた)

トイレ&バスルームは2室。お湯の勢いも問題なし。

最初に若干トラブルがあったものの、滞在中はとても快適に過ごせました。最寄りの大型スーパーまでは徒歩10分くらい距離があったのでそこは若干面倒でしたが、立地としてはダナンの空港にも市街地にも近くかなり良い場所です。

大型マンションであることもあり、降りたところには常にタクシーが待機しているのも嬉しい。
ベトナムではボッタクリのタクシーも多いのですが、その中でも最も信頼できる会社である「ヴィナサンタクシー(VINASUN TAXI)」なので安心。

料金は宿泊費や清掃料金、Airbnb利用料込みで2泊19,500円ほど。1人1泊あたりに直すと約3,250円なので、このクオリティなら十分すぎるコスパと言えるかと。


『良かったら日本の人達に宣伝してください!』的なことをオーナーさんが言っていたので、以下リンクを貼っておきますね。

ホーチミンにて、屋上プール付きリゾートマンションへ

ホーチミンで宿泊したのは、「56 Bến Vân Đồn」というリゾートマンション。市街地からは川を渡った先ですが、タクシーでサクッと行ける距離。

ここはホーチミンAirbnbの聖地(?)のようになっているようで、検索してみると10以上の部屋が貸し出されていました。おそらく最初から外国人の滞在者向けに作られているんでしょうね。

部屋のクオリティも良好。複数のソファ、テーブル、キッチンや冷蔵庫など充実しています。

もちろん選択もできますよ。

眺めもなかなかのもの。

この物件は3ベッドルームあるので、大人数での宿泊も問題なし。

バスルームは2つあり、清潔感もあってバッチリ……と思いきや、お湯が出ず水圧が弱めという問題が。
厳密に言うと温度は上がっていたのかもしれませんが、どうにもぬるい水しか出てこない……。いろいろ調べてみたのですが原因わからず。
ホーチミンは暑いしそれでも何とかなりましたが、こういう部分はAirbnbのリスクですね。

とはいえ、滞在はおおむね快適でした。こちらは1泊約10,000円なので3人で割ると1人約3,300円程度。

ここでも1F玄関前ではビナサンタクシーがひっきりなしにやって来るので、観光客にとっても出かけやすい。

コンビニまで併設されているので、大抵のものはここで揃います。



屋上にはプール!どうですか、このセレブ感。リゾート感。
1人あたり3,000円ちょいでこの体験ができるホテルはまず無いのでは。

夜景もとても綺麗。

セレブなプールを楽しむ宿泊客たち。

もちろん朝に入っても無問題。違った表情が楽しめます。

さらにはジムまで併設されている充実っぷり。ホーチミン観光のあとは一汗かいてプール、なんていいじゃないですか。

あとがき

Airbnbは基本的にサービス利用者同士(ホストと宿泊客)のマッチングサービスなので、一定のリスクは避けられません。

ですがホテルに比べての選択肢の幅広さ、あたかも現地に住んでいるような体験、コストパフォーマンスの高さは得がたいものがあります。


口コミや写真などを参考にしつつ、リスクを受け入れられそうならぜひお試しあれ!

海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

2013.09.05

旅慣れた私が旅行のときに持っていく便利グッズまとめ。国内でも海外でも、これだけあれば大丈夫!

2017.04.27

海外旅行の必需品!外国でもTOTO「携帯ウォシュレット」で日本人の尻が守られる

2017.04.22

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら