2015年9月14日
スプラトゥーン

Splatoon koushien 3

先日の9/13(日)に、全国に先駆けて行われたスプラトゥーン甲子園・九州地区大会
私も参加してまいりました!

残念ながら初戦の2回戦で強豪チームと当たり負けてしまいましたが、イカス号も見られたし対戦もそれを見るのも面白かったです。あとは自分のウデマエを磨いて、次の機会があればリベンジしたい……!

せっかくなので、撮ってきた写真とともにレポートしていきたいと思います。
これから九州以外の地域でも地区大会が順次開催されるので、そこに参加される方の参考にもなるかと!

スプラトゥーン甲子園・九州地区大会。イカス号が初お目見え!

スプラトゥーン甲子園・九州地区大会の会場は、マリンメッセ横の中央ふ頭イベントヤード。
(マリンメッセではHKT48の握手会が行われていたようで、すごい行列でした)

Splatoon koushien 1

10:00から10:30の間に受付をしないと失格となってしまうため、早めに到着。
あ、イカス号準備されてる!

Splatoon koushien 2

10:00頃開場となり、中へ。
京都の任天堂本社からはるばるやってきた専用の対戦トラック、イカス号でございます。それにトーナメント表。

Splatoon koushien 3

正面からの眺め。ゲーセンの筐体のような台が8台並んでいるのが見えます。
(対戦時にわかりましたが、ここにPC用っぽいディスプレイと裏に太いコードがつながれたゲームパッドが設置されています。イスは小さなドラム缶のようなもの)

Splatoon koushien 5

私達のチームは残念ながら出場の40組からは漏れ、キャンセルが出た場合の補欠となるベンチ当選の2番目。そちらの専用列に並び受付を済ませます。

Splatoon koushien 7

ベンチチーム証をゲット!

Splatoon koushien 8

さらにスプラトゥーン甲子園のリストバンドと水ももらえました。

Splatoon koushien 9

受付横にあったイカ研究所・研究員の書「烏賊」

Splatoon koushien 14

幼い子どもから大人まで、スプラトゥーンを愛するプレイヤーが集結

会場にはイカガールの髪(耳?)や目のメイク、ガスマスク、ノヴァブラスター、背中のタンクなど思い思いのコスプレをした人も。イカパッチンをつけた女子高生チームもいました。(補欠6番目でしたが、ギリギリで出場できなかったようです。残念)

Splatoon koushien 10

イカTスタッフもいるよ!

Splatoon koushien 11

4人揃わないと受付ができないので、1人でも遅刻すると出場できません。結局キャンセルが5組出たようで、我々も参加できることに!
オリジナルの絵が目印のレギュラー当選受付へ。

Splatoon koushien 12

なお、スタッフさんは美人揃いでした。

Splatoon koushien 13

私達のチームは「イカメン隊」。メンバーは@digimagaさん(S+・スプラローラーコラボ)、@NStylesさん(S・スプラシューターコラボ)、@raiden_splatoonさん(S・.96ガロンデコ)、そして私@ushigyu(A+・バケットスロッシャー)。
なんとほぼ同じ「イカめんたい」というチームがもう1つありました。かぶった。。。

Splatoon koushien 15

客席の年齢層は、スプラトゥーンがそうなのかニコ動関連のイベントだからかわかりませんが若い人達が多い!
5歳くらいのマリオ帽かぶった子供から、上はそのお父さんくらいの年代まででしょうか。
(私達のチームが一番平均年齢高かったかも)
20歳前後くらいの女の子もたくさんいたのが意外でした。みんな結構スプラトゥーンやってるのね。

Splatoon koushien 16

九州地区大会のスケジュール表。11時頃始まり終わりがなんと18時をすぎるという、なかなかの長丁場。40組でこれだから、関東大会とかどうなるんやろ。

Splatoon koushien 18

ニコ生配信用とおもわれるカメラもスタンバイ!

Splatoon koushien 19

観戦&対戦してみた感想など

2回戦までは、MCのお姉さん二人が進行する方式。
このお姉さんたちが、スプラトゥーン未プレイはおろかニコ動というかネット文化にも疎く、会場ニコ生含めても2人だけ別世界の住人がいる感じになってしまってました。実況もMCも質問も全部ピントがずれてて見てていたたまれないというか。。。喋り自体はハキハキしてたし、与えられた条件で盛り上げようと頑張ってはいたと思うんですけどね。

Splatoon koushien 17

次回はもう少し予習をしてもらうか、発声のプロでなくともMCができてネットにもそれなりに親しみがあってスプラトゥーンやったことある人を連れて来たほうがいいのではと。結構条件厳しいですけどね。。。
(お姉さんたちを責めたいわけじゃなく、単に人選ミスあるいは運営の準備不足ということで)


なお、3回戦から登場した実況の方とイカ研究所所員の解説はとても面白かったです。
所員は中の人ですから当然精通しているわけですが、普段はスポーツ担当だという実況の方もスプラトゥーンをプレイしているようでまさに完璧。プロの仕事。
ちなみに実況の方のお気に入りブキは金モデラーとのこと。

イカス号左のビジョンには、8人のプレイ画面に加え中心にゲームパッドと同じ画面が映し出されており、どちらが優勢かざっくり見られるようになっています。個々のプレイヤーをピックアップして映すことも。裏方さんの切り替えうまかったし会場も盛り上がってました。

Splatoon koushien 20

私達は、初戦の2回戦で当たった「BURNING TENTACLES」というチームに敗北。私がウデマエ的に足を引っ張った感はありますが、それを差し引いてもチーム力の差があったかなあという感じでした。
後で調べてみるとどうやら全員S+の普段からチーム組んでいるところだったらしい。どうりで強いわけだ。。。

優勝は、そのBURNING TENTACLESを3回戦で接戦の末破り、そのまま勝ち進んだ有名チーム「.Regen(レーゲン)」。全国にかなりのメンバーがいるチームで、そのうちの4人で優勝を勝ち取ったようです。確かに強かった。おめでとうございます!

夫婦+小さな子供のファミリーチーム、会社の同僚チーム、男3女1のイカサーの姫的チーム、女3男1のイカサーの王子的(?)チーム、などなど幅広い層が参加していて、楽しい大会でした!
(どうしても、途中でガチチームがファミリーチームを容赦なくやっつける構図になってしまうのがアレでしたが……笑)


対戦してみての感想として、時間帯によって特に前列にかなり日が差し込んでまぶしそうでした。画面がかなり見にくかったとのこと。
(決勝を見ると屋根をだいぶ下げて日除けにしていたので、途中で要望が出たのかも)

また、ゲームパッド後ろ側から太いコードがつながれているため、普段より重い&テーブルに肘を置くような形でのプレイは困難です。

闘会議GPとニコニコ町会議の各種ブースも

会場ではほかにもパズドラのイベント、あっちむいてホイの大会、ゲーム実況、「歌ってみた」「踊ってみた」「描いてみた」のコーナーなどさまざまなブースが。
スプラトゥーン含む「闘会議GP」と「ニコニコ町会議」が共催されていたみたいですね。

Splatoon koushien 21

Splatoon koushien 22

あとがき

他の地区ではまだまだ参加チームを受け付けているようなので、全国のイカガール・イカボーイの皆様はチーム作ってぜひ参加してみてください!

私ももっとウデマエを磨かねば……。スシコラとかスプコラとかリッター使ってみたいし、練習しようっと。

⇒もっと 「スプラトゥーン」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック