2015年4月24日
マレーシア

My teksi title
Kuala Lumpur taxi / Nat Friedman

日本でタクシーに乗ってトラブルになることはめったにありませんが、外国ではそうはいきません。
マレーシアもそんな国の1つ。

多少のぼったくりくらいならまだしも、人気のない路地に連れて行かれて集団暴行を受けた、なんて話も。。。


我々日本人の常識が通じない海外では、注意しすぎるということはありません。

男2人だったのでそうそう変な目に合わないだろうとは思いつつ、流しや客待ちのタクシーは避けてそれなりに信頼できると噂のアプリを使うことに。今回紹介する「MyTeksi(GrabTaxi)」がそれです。

最近東京にも進出したUberに比べると荒削りな部分もありますが、マレーシアでタクシーを使うのにとても重宝しました。

他の東南アジアの国々の一部でも使えますし、そっち方面に旅行する方は必携のアプリですよ!

マレーシア発のタクシー予約アプリ「MyTeksi(GrabTaxi)」

MyTeksi(GrabTaxi)は、マレーシア発のタクシー予約アプリ。
現在では、東南アジアのフィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア(それぞれ一部の都市のみ)へと広がっているようです。
(ちなみに「Teksi」はマレー語でタクシーの意)

ともかく、まずはアプリをインストール。

MyTeksi: Book a Taxi
旅行, ナビゲーション
無料


App

利用するには、SMS認証が必要です。
日本で済ませておくか、現地で電話番号つきのプリペイドSIMカードを購入するなどして対応しておきましょう。

アプリを起動すると、このような画面に。Uberと同様、現在地と回りを走っているタクシーが見えますね。
出発地と目的地、車種をまずは選びます。

My teksi 1

出発地や目的地を選ぶ画面。
「Places」タブでは、キーワードから場所を選ぶことができます。ですがホテルや店名を入れてもなかなか目的の場所が出てこないことも多かったので、現地までの距離などを参考に本当にそこで合っているかはGoogle Map等で確認した方が良さそう。

My teksi 2

「Map」タブでは、地図から自分のいる場所や目的地を選べます。慣れない土地で目的の場所を探すのはなかなか大変ですが、これが一番確実。

My teksi 3

出発地・目的地と車種を選んだら、次へ。

My teksi 4

チップ方式が特徴的。呼んでも来てくれないことも。。。

右上に表示されている「RM5-7」が、目的地までの概算の料金です。RMはマレーシア・リンギット(1リンギット=約30円)。
Uberと異なるのが、チップ(Tip)を設定できること。このMyTeksiではタクシーを呼んでも状況によって来てくれないことも珍しくないのですが、チップを設定することで来てくれる確率が上がります。

My teksi 5

とりあえずチップは2リンギットで呼んでみましょう。

My teksi 6

近くのタクシーにデータが送られ、ドライバーがOKすれば出発地に来てくれます。
が。。。

My teksi 7

Oops…
来てくれませんでした。。。乗車拒否みたいなもんですね。
あまり近い距離だったり、スコール中やスコール後は来てくれないことが多いらしい。
チップを上げたり車種を変えてみるなり、あきらめて歩くなりしましょう。

My teksi 8

タクシーがつかまると、あとは出発地で待つばかり。
このときはやや遠いタクシーだったので8分で到着と表示されています。
不意打ちで電話が来ることもあるので、英語に慣れていない方は心の準備を…笑

My teksi 9

あとがき

来てくれない場合があるなどいくつか難点はあれど、このアプリのおかげでタクシーを使って自由に観光をすることができました。
(マレーシアは公共交通機関があまり発達していないので、タクシーは必須なのです)

東南アジアに行く予定のある方は、知っておいて損はないアプリですよ!

⇒もっと 「マレーシア」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック