2014年8月5日
Webサービス

Wayback machine 6

先日、「偽りと本質のWebデザイン | 沈黙のWebマーケティング」というページを読んでいたとき、なんだか面白そうなWebサービスが紹介されているのを発見。

「Wayback Machine」というサイトよ。
このサイトでマツオカのサイトのURLを検索すれば、過去、どんな風にサイトが変わってきたのか、その変遷が分かるの。
偽りと本質のWebデザイン | 沈黙のWebマーケティングより)

早速そのWayback Machineというサイトで当ブログの過去ログを探してみたところ、ありました。今だと目を覆いたくなるようなしょぼい構成の、開設当初の姿が。。。

もちろん自分のものでなくてもOKなので、今は有名になったあのサイトの昔の姿を、ときに黒歴史を、チェックしてみるのも面白いかも・・・?

インターネットアーカイブから過去のサイトの状態を復元できる「Wayback Machine」

Internet Archive: Wayback Machine

Wayback Machineのサイトは以下のような構成。419Billionということは4,190億のWebページが保存されてるってことですね。すげえ。
真ん中の検索バーに、自分が見たいサイトのURLを打ち込んで検索してみましょう。

Wayback machine 1

試しに当ブログで探してみたところ、2011/2/13より73回保存されているとのこと。
73回というのが外観が変わった回数なのか何なのかわかりませんが、当ブログの開設が2011年2月頭であることを考えるとほぼ開設当初から保存されていることになりますね。

Wayback machine 2

最も古いアーカイブを見てみると、しっかり保存されていました。このブログ構成、サイドバーの感じ、微妙に本名出すのをためらってたプロフィール、横浜在住…あああ懐かしいそしてなんか恥ずかしい。
ちなみにヘッダーは当時のものではないので、100%復元できるというわけではないようです。

Wayback machine 3

こちらは同年秋頃。ずいぶん変化しているのがわかります。面白い。

Wayback machine 4

あの有名サイトの過去の状態を見ることもできる!

もちろん、自分のサイトでなくとも検索が可能。

試しにYahoo!JAPANで探してみると、1996/11/20から11,277回も保存されていました。

Wayback machine 5

こちらが最も古いアーカイブ。解像度低いしなんだかスッキリしてる!

Wayback machine 6

あとがき

いろんなサイトが過去どうだったかを漁るだけでもかなり楽しいこのWayback Machine。

覚えておいて損はないサイトだと思いますよ!

⇒もっと 「Webサービス」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック