【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

Threads(スレッズ)の使い方、できることとできないこと。Twitterと比較してどこが違う?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

FacebookやInstagramを運営するMeta社が新たにリリースしたTwitter風のSNS、Threads(スレッズ)

Threads

2023年7月6日朝に利用開始となり、開始2時間で早くも200万アカウントを突破するスタートダッシュを決めました


Twitterの存続が危ぶまれている現在、私を含む多くのユーザーにとって大事なのは「ThreadsはTwitterの代わりになるのか?」ということ。

私も実際にアカウントをつくり、現時点でのThreadsの使い方やTwitterとの違いをチェックしてみました!


Threadsにアカウント登録。インスタアカウント必須

まず、iPhoneやAndroidスマートフォンにThreadsアプリをインストール。
アットマーク(@)っぽいアイコンが目印です。

Threads, an Instagram app
ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント
無料


最初に目に入るのは、「Instagramでログイン」の文字。
Threadsは、インスタのアカウントがないと現状使えないようです。

Threadsは、インスタのアカウントがないと現状使えない

インスタを使っていない人、インスタとThreadsで使い方を分けたい人にとってはちょっと面倒な仕様ですね。。。


最初に名前、および必要に応じて自己紹介、自分のサイト等へのリンクを追加します。

最初に名前、および必要に応じて自己紹介、自分のサイト等へのリンクを追加

名前とユーザーネームはInstagramと同期されるため、Threadsのみ変更することはできません。

名前とユーザーネームはInstagramと同期されるため、Threadsのみ変更することはできない

Threadsは現状あくまでインスタに含まれる1アプリという形なので、こうなっているらしい。
Threadsの普及も阻害すると思うし、個人的には早急にやめてほしい。


公開プロフィールか、非公開プロフィールかの選択。
おそらくTwitterの鍵付きアカウントと同じ仕組みっぽい。

公開プロフィールか、非公開プロフィールかの選択

インスタと同じアカウントをフォローする場合は「すべてフォロー」ボタン。
個別にフォローしてもいいし、フォローしなくてもOK。

インスタと同じアカウントをフォローする場合は「すべてフォロー」ボタン

『Threadsのしくみ』では、やはりInstagramプラットフォームの一部であることが明言されています。

Threads情報とInstagram情報がそれぞれ広告やパーソナライズに利用されることもあるとのこと。

Threadsのしくみ

たとえばMastodon等の他SNSプラットフォームとやり取りができる「フェディバース」に対応予定との記載も。

特定のプラットフォームに依存せず、好きなSNSでつながれるようになるのは面白いですね。


Threadsアプリでできることをチェック

この時点で私は誰もフォローしていないので、タイムラインは空っぽ。
ただ、他のユーザーだとThreadsが選んだ「おすすめ」が表示される場合もあるようです。

Threadsが選んだ「おすすめ」が表示される場合もある

検索タブでは、アカウントの検索のみ可能。投稿(Twitterでいうツイート)の検索は不可

投稿(Twitterでいうツイート)の検索は不可

アクティビティにはインスタ経由で送られたフォローリクエストが溜まっていました。
タイムラインに何も表示されないのも面白くないので、とりあえず全部承認してみた。

承認しただけでは「フォローされた」状態でしかないので、改めてフォローすることで相互フォローになります。

クティビティにはインスタ経由で送られたフォローリクエスト

この時点で、タイムラインにはフォローしたアカウントの投稿が表示されるように。
ただ、必ずしも時系列に並んでいるわけではないようです。Twitterの「おすすめ」タブに近い感じなのかも?

必ずしも時系列に並んでいるわけではないようです。Twitterの「おすすめ」タブに近い感じかも

アカウントのページでは、フォロワー数は確認できるもののフォロー数は見えません
フォロー中のアカウント一覧は見られるので、数えれば一応わかりそう。

フォロワー数は確認できるもののフォロワー数は見えない

いいねを押されたり、返信が来るとアクティビティに表示。許可しておけば、スマホに通知も来ます。

いいねを押されたり、返信が来るとアクティビティに表示

投稿に対するいいね、RT、引用RTは可能。

ただしRTは「再投稿」と表示されるので、ちょっと日本語だと含むニュアンスが変わってくる気もします。


InstagramアカウントにはThreadsバッジが表示

Threadsと連携させたInstagramアカウントを見てみると、ユーザーネームの下に見慣れないThreadsのバッジと数字が。

タップしてみると、「Threadsへの参加者第〇〇〇号です」との表示。自分がThreadsの何番目のユーザーなのかを確認できます。
※このバッジは期間限定とのこと

7/6 11:00ごろに登録した私の場合、3,459,057番目でした。開始から2時間程度で350万近くとは、すさまじい勢いですね……!


ThreadsとTwitterを比較したときの違い

Twitterと比較したThreadsはどこが違う・足りないのか、一覧にまとめました。

ThreadsをTwitterと比べたときの共通点・相違点は?
  • Instagramアカウント必須、ユーザー名は共通
  • 文字数は日本語で500文字まで、画像・動画は10枚まで
  • 検索はアカウントのみで、投稿の検索はできない
  • ハッシュタグ、リスト、下書き、DM、予約投稿機能はない
  • ミュート・キーワードミュート・ブロック機能あり。ただしインスタと一部設定が共通
  • 投稿に対するRT・引用RTは確認できない。いいねしているユーザー一覧は見られるがいいね数は表示されない
  • iOS・Androidアプリ版のみでWeb版はない
    ⇒ThreadsのWeb版も公開されました!
  • いいね、RT、引用RTはあるが、RTが「再投稿」という名前で表示される
  • 投稿が時系列に表示されない
  • 人によってはフォローしていないユーザーの投稿も表示される

まだスタートしたばかりなので、Twitterユーザーからみると不足している機能も数多い

特に投稿の検索機能、ハッシュタグ、リスト、時系列表示は実装してほしいところ。


ThreadsはTwitterの代わりになるか?要注目

Bluesky、Misskey、MastodonなどTwitter代替候補とされるSNSはいくつかありますが、運営元の資金力や開発力からいってもマーク・ザッカーバーグ率いるメタ社の「Threads」は現時点で最有力候補じゃないかと個人的には考えています。

ただ、まだ始まったばかりで投稿の検索すらできなかったり、インスタアカウント必須だったりとイマイチな部分があるのも事実。

今後、Twitterの代替候補として十分使えるくらいのサービスに進化するのか、注目していきたいと思います。


Twitterの先行きに不安を感じているユーザーは、とりあえず使ってみるのもいいかもしれませんね!


私のThreadsアカウントはこちら

Threadsのushigyu (@ushigyu)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA