【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

iPhone 15でLightningからUSB-Cコネクタに変更されるメリットとデメリットについて考えた

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

iPhone 15シリーズから大きく変更となったポイントが、USB-Cコネクタの採用

iPhone 15はUSB-Cコネクタに変更

これまでAppleは長らく独自規格であるLightning(ライトニング)を守り続けてきましたが、ついに汎用的なUSB-C搭載にかじを切ることになりました。


この記事では、LightningからUSB-Cに変わることによるメリットやデメリット、考えておくべきことをまとめます!


LightningからUSB-Cに変わることによるメリット

まず、iPhoneがLightningからUSB-Cに変更になることにより、どんなメリットがあるのかを考えます。

LightningとUSB-C

LightningとUSB-C 正面から

他の多くのデバイスと同じ充電ケーブルが使える

USB Type-C(USB-C)は、現在多くのデバイスで広く使われている規格

Androidスマートフォン、デジタルカメラやアクションカメラ、スピーカーやイヤホンなど現在販売されている製品はほとんどがUSB-Cを採用しているといって差し支えないでしょう。


iPhoneもこのUSB-Cに対応したことで、多くのデバイスと同じケーブルで充電可能になります。

これまで止むなくUSB-CケーブルとLightningケーブルを両方持ち歩いていた人も、これからはUSB-CケーブルだけあればiPhoneも他の製品も充電できる。格段に便利になりますね。

転送速度が大幅にアップ

Lightningは、Appleが2012年から採用していた独自の規格。

USB 2.0に準拠し、最大転送速度は480Mbpsとなっています。


それに対し、USB-Cはコネクタの形状を表す用語で、その性能(転送規格)は徐々に進化しているのも特徴。

iPhone 15 ProのUSB-CはUSB 3.0をサポートしており、最大転送速度は10Gbps(10,000Mbps)。約20倍もの性能差があります。
※iPhone 15はUSB 2.0のままなので転送速度はLightningと変わらない

iPhoneの転送速度
(Apple公式サイトより引用)


ざっくり言うと『時代遅れのLightning規格をAppleがなんとか延命させていたが、やっとのことで性能も汎用性も高いUSB-Cに置き換わった』です。


LightningがUSB-Cに置き換わるデメリット

一方、これまでiPhoneユーザーに親しまれてきたLightningが使えなくなることで生まれる弊害もありそう。

これまでのLightningケーブルが使えない

これまで10年以上にわたってiPhoneの充電に使われてきた、Lightningケーブル。

iPhoneを買い替えたとしても、Lightning充電ケーブルはそのまま使えるのが当たり前でした。


iPhone 15からは、これまで使ってきたLightningケーブルでは充電ができなくなります。

旧iPhoneや一部Apple製品と別のケーブルが必要になる

14以前のiPhoneはもちろん、これまでのAirPodsやMagic Trackpad等のApple製品の充電には、Lightningケーブルが必要でした。

iPhone 15以降はUSB-Cケーブルで充電……となると、こういった製品とは別にケーブルを用意することになります。


Lightningケーブルでの運用に慣れてきたユーザーは、しばらく戸惑うことになるかもしれません。


Lightning to USB-C変換アダプタが販売開始(ただし個人的には非推奨)

これまで使ってきたLightningケーブルをiPhone 15以降でも引き続き利用したいユーザー向けに、AppleではUSB-C – Lightningアダプタの販売を開始したようです。

価格は4,780円(税込)。

USB-C - Lightningアダプタ

USB-C – Lightningアダプタ – Apple(日本)


どうしても手持ちのLightningケーブルを活用したいのならこのアダプタを買うのも手ですが、廃れる運命のLightning資産を延命させるために4,780円の高額アダプタを買うのはさすがにコスパが悪すぎる気もする。

個人的には、iPhone 15シリーズに乗り替えるタイミングでLightningケーブルは処分し、必要に応じてUSB-Cケーブルを購入することをおすすめします。


私のおすすめUSB-Cケーブル

さいごに、私が実際に使っているおすすめのUSB-Cケーブルを紹介しておきます。


必要なときだけ引き出して、使わないときは巻き取ってコンパクトに収納できる「katamaki」。
USB-A to USB-Cタイプです。

ほとんどのAndroidスマートフォン、その他多くのデバイスに対応したUSB Type-Cタイプ

画期的な『片引き』巻き取り充電ケーブル・katamakiは収納便利で壊れにくい!Lightning、USB-Cの2タイプ


シリコン素材でからまりにくい、Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
こちらはUSB-C to USB-Cタイプ。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル


ポケモンをモチーフとした、ピチューモデルの20W USB急速充電器&USB-Cケーブルのセットもおすすめ。

ピチューデザインの充電器とケーブルでPixel 7 Proを充電

ピチューモデルのAnker USB-C急速充電器&ケーブルセットをレビュー。かわいいデザインと鮮やかなイエローが目を引く


自分でUSB-Cケーブルをさがしたい方は、以下からどうぞ。


iPhoneのおすすめは15 Pro、13、SEの3機種。その理由をくわしく紹介 iPhone 15 Proのアクションボタン iPhone 15シリーズ4機種と他の現行iPhoneを比較。価格やスペック、カメラの違いなど iPhone 15をAppleストアで少しだけお得に買う方法 どれを選ぶ?iPhone 15とPlus、Pro、Pro Maxの違いと共通点をくわしく紹介します iPhone 15の値上げは円安のせい?過去4年のドル建て・円建てiPhone価格の推移をチェックしてみた iPhone 15の「予約注文の準備」手順。より確実に最速で予約するためにやっておこう


iPhoneユーザーの方には、以下の記事もおすすめです。

【2024年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 電池が切れたiPhone iPhoneにおすすめのモバイルバッテリーまとめ。ケーブルつき、MagSafeワイヤレス充電タイプなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA