【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

iPhone 14/14 Proと他のiPhoneを徹底比較。おすすめの機種はどれ?

iPhone 14シリーズの4機種(iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)が発表され、2022年9月9日(金)21:00に予約開始。

iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro

iPhone 14は手ブレの少ない動画が撮れるアクションモードや衝突事故検出、iPhone 14 Proは楽しさと機能性を両立した新しいスペース「Dynamic Island」や常時表示ディスプレイなど、それぞれこれまでにない新機能を備えています。

iPhone 14/14 Proの新しい特徴まとめ
iPhone 14/14 Proと13/13 Proの違いは?iPhone 14の新しい特徴や機能を紹介しつつまとめた


一方で、新機種かつ円安の影響もあってiPhone 14シリーズはとても高価。最も安いiPhone 14 128GBモデルですら119,800円と、そうかんたんに手を出せる金額ではないのも事実。

特に新機能を求めないのであれば、iPhone 13やiPhone SEなどの旧機種を買うのも選択肢として全然あり。

iPhone 14がいいのか、それとも旧機種で十分か?どれを買うべきか悩んでいる人も多いでしょう。


この記事では、それぞれのiPhoneの価格や性能、カメラ、サイズなどを徹底的に比較

どのiPhoneがどんな人におすすめか、詳しく紹介していきます!


現行iPhoneは8機種

iPhone 14が発表されラインナップに加わるとともに、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxは販売を終了

その結果、2022年9月現在Apple公式サイトで販売されるのは8機種となりました。

2022年9月現在のiPhoneラインナップ
  • iPhone 14/14 Plus
  • iPhone 14 Pro/14 Pro Max
  • iPhone 13/13 mini
  • iPhone 12
  • iPhone SE 第3世代


当記事では、この8機種の特徴やスペックを比較していきます。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxの特徴

新色「ディープパープル」

iPhone 13 Proを象徴する色は「シエラブルー」でしたが、iPhone 14 Proの新色は「ディープパープル」。

iPhone 14 Pro ディープパープル

どこかで聞いた名前ですが、ともかくその名の通り深い紫色のデザインとなっています。

【参考】iPhone 13 Proのレビュー記事
【iPhone 13 Pro レビュー】カメラの実力をくわしく検証。ずっしりと重いが、高級感がありかっこいい!

フロントカメラのノッチ(切り欠き)が楕円形に

iPhone Xからの伝統となっていた画面上部の切り欠き(ノッチ)

フロントカメラやスピーカーが内蔵されているところで、そのイマイチな見た目で当初は話題になったものの、そのままで4年が経ちました。


iPhone 14 Proの見た目でもっとも変わった部分はこのノッチで、上部の切り欠き状になっていたものが黒の楕円状に変更となりました。

iPhone 14 Proのパンチホール(ノッチ)部分

これだけだと大して変わらないようにも思えますが、この形状変更が次の「Dynamic Island」機能につながってくるんです。

Dynamic Island機能

iPhone 14 Proには、「Dynamic Island」という変わった名前の機能があります。ダイナミックな島……?


Dynamic Islandとは、フロントカメラ等が内蔵された画面上部のパンチホール部分を島に見立てて、この周囲でさまざまなアニメーション等により通知やバックグラウンドの動作などをわかりやすく表示してくれる機能。

文章だと説明がしにくいですが、以下の動画を見てもらえるとわかりやすいはず。

どちらかと言えばiPhoneシリーズの欠点だった切り欠き部分を、むしろなくてはならないものに昇華する発想の転換がすばらしい。

個人的に、今回の発表でいちばんグッと来たポイントでした。

常時表示ディスプレイ

Apple WatchはSeries 5から対応した、常時表示ディスプレイ

ディスプレイが点灯したままで輝度を落とすなど調整することで、バッテリーはセーブしつつ時計や壁紙、各種アクティビティ等は表示したままにしておける機能です。

iPhone 14 Proの常時表示ディスプレイ


iPhone 14 Proでは、常時表示ディスプレイにiPhoneではじめて対応

持ち上げたりタップしなくても時計やアクティビティの確認が可能になります。設定によっては通知も確認できそう。

A16 Bionicチップ搭載

iPhone 14が積んでいるのははiPhone 13 Proと同じ2021年登場のA15 Bionicチップですが、iPhone 14 Proは新型のA16 Bionicチップを搭載しています。

48メガピクセルのトリプルカメラ搭載&暗所とマクロ撮影が向上

これまで12メガピクセルだったiPhoneのカメラですが、iPhone 14 Proでは4倍の48メガピクセルになりました。

iPhone 14 Proの48メガピクセルトリプルカメラ

センサーの能力も向上し、特に暗所での撮影はiPhone 13 Proの最大2倍明るく撮れるようになったとのこと。

iPhone 14の新機能はすべて14 Proでも使える

後述のPhotonic Engineやアクションモード、衝突事故検出といったiPhone 14の新機能はすべてiPhone 14 Proでも利用可能。

iPhone 14 ProはiPhone 14の完全上位互換といえます。

iPhone 14/14 Plusの特徴

メインカメラ、フロントカメラが明るく撮れる

iPhone 14のメインカメラはf/1.5で、iPhone 13はf/1.6。

このf値が小さいほどレンズが明るいことを表すので、iPhone 14は13に比べてより光を取り込む能力が高く、明るい写真が撮れると言えます。

iPhone 14のカメラ

Appleの発表によると明るさの足りない場面で49%の改善、ナイトモードでは2倍明るくなるとのこと。


フロントカメラ(自撮りカメラ)も同様に明るく撮れるようになっており、iPhone 13がf/2.2に対してiPhone 14はf/1.9のレンズを採用しています。

また、iPhone 14のフロントカメラにはオートフォーカスも新たに搭載。

Photonic Engine

iPhone 14シリーズでは、新たな画像処理技術として「Photonic Engine(フォトニックエンジン)」を採用。

これまでよりさらに明るい色をレンダリング可能となり、低照度で撮影された写真がより鮮明に美しく仕上がるとのこと。

iPhone 14で撮影した写真

アクションモード

iPhone 14シリーズ全機種は、激しい動きでも滑らかに撮影できる進化した手ブレ補正「アクションモード」に対応。

例えばランニングしながらの撮影であっても、ジンバルいらずでスムーズな動画が撮れるとのこと。

衝突事故検出機能

今回発表されたApple Watch(Series 8、SE 第2世代、Ultra)に搭載された「衝突事故検出」を、iPhone 14シリーズにも搭載。

iPhone 14の衝突事故検出機能

iPhone 14に内蔵された加速度センサーやジャイロスコープが衝突時の衝撃を検知し、自動的に緊急連絡をしてくれる機能です。

iPhone 13 Proと同等のA15 Bionicチップ

iPhone 14に搭載されているのは、名前だけ聞くとiPhone 13と同じA15 Bionicチップ

iPhoneに搭載されるチップはA13(iPhone 11),A14(iPhone 12),A15(iPhone 13)…と毎年ナンバリングが増え性能が上がるのが通例でしたが、iPhone 14では1年前と同じA15チップに留まることになりました。


ただし、iPhone 14に搭載のA15 BionicチップはiPhone 13に搭載のものより少し性能は高い。

具体的にはGPU(画像処理に使われるプロセッサ)のコア数が4から5に増加。この仕様を見る限り、iPhone 13 Proと同じチップを使っていることになりそうです。

【参考】衛星経由のSOS発信機能【当初は北米のみ】

iPhone 14には、もうひとつの安全機能として衛星経由のSOS発信が可能に。

「屋外で空が見える場所」「アプリの指示に従って衛星にiPhoneを向ける」などいくつか条件はあるものの、電波が通じにくい場所でも助けを呼ぶことができます。

衛星経由のSOS発信機能


ただし、サービス開始当初この機能が使えるのはアメリカとカナダのみ。日本でも使えるようになるかは今のところ不明です。

iPhone 13/13 miniの特徴

iPhone 13の見た目やサイズは、iPhone 14とほぼ同じ。

iPhone 13

iPhone 14から新機能である衝突事故検出機能、Photonic Engine、アクションモードを取り除き、チップとカメラの暗所性能を少しだけ下げればほぼiPhone 13です。

iPhone 14と13の同容量での価格差は12,000円。この両機種で迷った場合、価格差と上記のiPhone 14新機能とを天秤にかけてどちらかを選ぶことになります。


iPhone 13 miniは、iPhone 13と同性能でコンパクトでありつつ、価格が15,000円安い。

iPhone 13 / 13 mini ピンク

世界的には不人気だったそうでminiシリーズはiPhone 14では無くなってしまいましたが、ミドルレンジのiPhoneを選びたいのであればかなり狙い目の機種なんじゃないかと個人的には思っています。

5.4インチディスプレイは昨今のiPhoneに比べれば小さいですが、よほど大画面志向の人でもない限りほとんどの用途に十分と言える大きさ。逆にコンパクトで持ち運びやすいメリットも。

iPhone 12の特徴

iPhone 12は、iPhone 13のさらに下位互換の製品。(1世代違うのだから当たり前ではありますが)

iPhone 12 ブルー

具体的に言うと、iPhone 13にあって12にない主なものは以下の通りです。

  • A15 Bionicチップ(iPhone 12は一世代前のA14)
  • センサーシフト光学式手ぶれ補正
  • フォトグラフスタイル
  • シネマティックモード
  • バッテリー持続時間がややiPhone 13の方が12より長い

iPhone 13と12の価格差は8,000円。このくらいなら出してもいい気がする反面、iPhone 13と12って言うてもそんなに変わらないんですよね。。。悩ましいところ。


なお、iPhone 12 miniはiPhone 14の登場にともなってApple Online Storeでは販売終了となっています。

iPhone SE(第3世代)の特徴

iPhoneの中では圧倒的に安価、という尖った特徴を持っているiPhone SE(第3世代)

iPhone SE 第3世代

現在のラインナップの中で2番目に安いiPhone 12より、さらに3万円も安価。64GBモデルが62,800円です。


4.7インチRetinaディスプレイ、Touch ID、シングルカメラなどの特徴はほぼiPhone 8をベースとしている一方で、チップのみiPhone 13と同じA15 Bionicチップを搭載しているので処理性能はそれなりに高い。


iPhone X以降の新機能が使えず、最近のiPhoneを見慣れた人からは古臭く見えてしまうこともあるでしょうが、基本的な機能はしっかりしているので普段使いには十分

とにかく安くiPhoneを手に入れたい人、ネットやアプリ等にあまり詳しくない/興味がない人用のスマートフォンとしてはうってつけの機種なんじゃないかと思います。


現行iPhoneの価格・機能・スペック比較表

2022年9月現在Apple公式で販売されている8機種のiPhoneについて、価格や機能、スペックを調べて表にまとめました。

スマートフォンなど小さめの画面であれば、縦横スクロールして見ることもできます。

機種名 iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12 iPhone SE
(第3世代)
画像 iPhone 14 Proサムネ iPhone 14 サムネ iPhone 13 サムネ iPhone 12と12 mini iPhone SE 第3世代 サムネ
容量と
価格
(税抜)
【Pro】
128GB:149,800円
256GB:164,800円
512GB:194,800円
1TB:224,800円
【Pro Max】
128GB:164,800円
256GB:179,800円
512GB:209,800円
1TB:239,800円
【iPhone 14】
128GB:119,800円
256GB:134,800円
512GB:164,800円
【iPhone 14 Plus】
128GB:134,800円
256GB:149,800円
512GB:179,800円
【iPhone 13】
128GB:107,800円
256GB:122,800円
512GB:152,800円
【iPhone 13 mini】
128GB:92,800円
256GB:107,800円
512GB:137,800円
64GB:92,800円
128GB:99,800円
256GB:114,800円
64GB:62,800円
128GB:69,800円
256GB:84,800円
ディス
プレイ
6.1インチ / 6.7インチ
Super Retina XDR
Promotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
6.1インチ / 6.7インチ
Super Retina XDR

6.1インチ / 5.4インチ
Super Retina XDR
6.1インチ
Super Retina XDR
4.7インチ
Retina HD
CPU A16 Bionicチップ A15 Bionicチップ
(5コアGPU)
A15 Bionicチップ
(4コアGPU)
A14 Bionicチップ A15 Bionicチップ
(4コアGPU)
サイズ 【Pro】
147.5×71.5×7.85mm
【Pro Max】
160.7×77.6×7.85mm
【iPhone 14】
146.7×71.5×7.8mm
【iPhone 14 Plus】
160.8×78.1×7.8mm
【iPhone 13】
146.7×71.5×7.65mm
【iPhone 13 mini】
131.5×64.2×7.65mm
146.7×71.5×7.4mm 138.4×67.3×7.3mm
重量 【Pro】
206g
【Pro Max】
240g
【iPhone 14】
172g
【iPhone 14 Plus】
203g
【iPhone 13】
173g
【iPhone 13 mini】
140g
162g 144g
カメラ 48MPメイン:24mm,f/1.78
12MP超広角:13mm,f/2.2
12MP2倍望遠:48mm,f/1.78
12MP3倍望遠:77mm,f/2.8
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
ナイトモード
12MPメイン:26mm,f/1.5
12MP超広角:13mm,f/2.4
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
ナイトモード
12MPメイン:f/1.6
12MP超広角:f/2.4
Deep Fusion
スマートHDR 4
ナイトモード
12MPメイン:f/1.6
12MP超広角:f/2.4
Deep Fusion
スマートHDR 3
ナイトモード
12MP広角:f/1.8
Deep Fusion
スマートHDR 4
ズーム 3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
15倍デジタルズーム
2倍光学ズームアウト
5倍デジタルズーム
2倍光学ズームアウト
5倍デジタルズーム
2倍光学ズームアウト
5倍デジタルズーム
5倍デジタルズーム
ビデオ 4K(24,25,30,60fps)
ProResビデオ撮影
シネマティックモード(4K)
アクションモード(2.8K)
4K(24,25,30,60fps)
シネマティックモード(4K)
アクションモード(2.8K)
4K(24,25,30,60fps)
シネマティックモード(1080p)
4K(24,25,30,60fps) 4K(24,25,30,60fps)
フロント
カメラ
12MP f/1.9
オートフォーカス
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
12MP f/1.9
オートフォーカス
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
12MP f/2.2
Deep Fusion
スマートHDR 4
12MP f/2.2
Deep Fusion
スマートHDR 3
7MP f/2.2
Deep Fusion
スマートHDR 4
防水防塵 IP68
(水深6mで30分)
IP68
(水深6mで30分)
IP68
(水深6mで30分)
IP68
(水深6mで30分)
IP67
(水深1mで30分)
衝突事故検出
Dynamic
Island

位置情報
高精度2周波GPS GPS GPS GPS GPS
認証 Face ID Face ID Face ID Face ID Touch ID
バッテリー ビデオ再生:
 【Pro】最大23時間
 【Pro Max】最大29時間
ビデオ再生:
 【14】最大20時間
 【14 Plus】最大26時間
ビデオ再生:
 【13】最大19時間
 【13 mini】最大17時間
ビデオ再生:
 最大17時間
ビデオ再生:
 最大15時間
カラー スペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル
ミッドナイト
パープル
スターライト
PRODUCT RED
ブルー
PRODUCT RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グリーン
パープル
ブルー
グリーン
PRODUCT RED
ホワイト
ブラック
PRODUCT RED
スターライト
ミッドナイト
発売日 2022/9/16 【14】2022/9/16
【14 Plus】2022/10/7
2021/9/24 2020/10/14 2022/3/18

※価格は税込、2022/9/8現在


私のおすすめiPhoneは3機種

各iPhoneのスペックや特徴を踏まえた上で、現在のラインナップからどれかを選ぶのであれば私のオススメは3機種

人それぞれ求めるものが違うとは思いますが、この3機種のうちいずれかを選んでおけば9割方の人は満足できるんじゃないかと。

【オススメ①】iPhone 14 Pro

新しもの好きや、多少高価であっても可能な限りハイスペックで良い写真が撮れるものを選びたいのであれば、iPhone 14 Pro一択。

iPhone 14 Proの概要

iPhone 14や14 Plusはデザインといい機能といいiPhone 13や12と使い勝手に大差ないでしょうが、iPhone 14 Proの「Dynamic Island」機能はユーザーの印象を大きく変える可能性大。

iPhone 14 Pro

いちいちタップして時間や通知を確認する煩わしさを考えると、常時表示ディスプレイもかなり便利そう。


iPhone 13 Proがなくなった今、3倍光学ズームなどのプロユースな機能が使えるのもiPhone 14 Proのみ。仕様をみるとなにげにApple Watch Ultraと同じ高精度2周波GPSを搭載しているので、位置情報表示にも強そう。

これだけの機能があってiPhone 14との価格差が3万円しかないなら、そりゃ14 Proの方を選ぶでしょう。


逆に言えば、iPhone 14および14 Plusはあまり選ぶ理由がないなあ。。。と個人的には思います。

【オススメ②】iPhone 13 mini

Proシリーズほどのお金は出したくない、けどそれなりにいいiPhoneがほしい。

そんな方にオススメなのがiPhone 13 miniです。

iPhone 13と13 mini


iPhone 14と大差ない性能を持ち、コンパクトで軽く扱いやすい。
それでいてiPhone 14より27,000円、iPhone 13より15,000円、さらにはiPhone 12よりも7,000円安い。

コストパフォーマンスが非常に高い機種です。


「6インチ以上の大きな画面でないとイヤだ!」という人でもなければ、iPhone 13 miniはかなりおすすめ。

【オススメ③】iPhone SE 第3世代

圧倒的安さ、かつ基本機能を一通り押さえており十分使えるiPhone SE 第3世代は、とにかくコストを抑えてiPhoneを手に入れたい人にとって一番の選択肢となります。

iPhone SE 第3世代

特にiPhoneの新機能などに興味のない人にスマートフォンを持ってもらう用途にもうってつけ。

上下のベゼル(縁)が古さを感じさせますが、そんなもの気にしない人はぜんぜん気にしないでしょう。


もちろん、使おうと思えば大抵のアプリは使えますし、カメラも最近のiPhoneには及ばないもののそれなりには撮れる。

iPhone 13と同じA15 Bionicチップを積んでいるので性能は高く、長く使えそうなのも嬉しいポイント。


最後にひとこと

この記事が、少しでもiPhone選びの参考になれば嬉しいです!


コメントを残す