【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

CIO SMARTCOBY Pro 30Wをレビュー!軽量コンパクトで急速充電にも対応、ノートPCのモバイルバッテリーとしても使える

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

モバイルバッテリーやUSB充電器など、おもにスマートフォンなどの充電に使うデバイスを製造販売している大阪のメーカー・CIO

このCIOの高出力モバイルバッテリーの中でも、もっともスタンダードといえる製品が「SMARTCOBY Pro 30W」です。

SMARTCOBY Pro 30Wは手のひらに乗るサイズ感

最大30Wの出力でスマートフォンを高速充電でき、MacBook Airも充電可能。

USB-CとUSB-Aポートから2台への同時充電にも対応。10,000mAhの大容量で、iPhone 14なら約2回のフル充電ができます。


この記事では、CIOの大容量モバイルバッテリー・CMARTCOBY Pro 30Wをくわしくレビューします!


SMARTCOBY Pro 30Wのスペック・仕様

まず、SMARTCOBY Pro 30Wのスペックやおもな特徴をチェックしておきましょう。

製品名 SMARTCOBY Pro 30W
公式画像 SMARTCOBY Pro 30W
価格 4,818円
メーカー CIO
サイズ 約77 x 56 x 26 mm
重量 約183 g
バッテリー容量 10,000mAh
出力ポート USB-C×1(入出力)
USB-A×1
最大出力 30W
主な特徴 ・コンパクトサイズなのに最大30Wの高出力でMacBook Airも充電可能。PD急速充電対応
・10,000mAhの大容量でiPhone 14を約2回、MacBook Airは約0.6回充電できる
・電気自動車にも採用されている高信頼性バッテリーを採用
・デジタル数字による残量表示、パススルー機能搭載
保証 6ヶ月
同梱品 ・USB-C to USB-Cケーブル
・取扱説明書
カラー ホワイト
ブラック
発売日 2021年5月30日


SMARTCOBY Pro 30Wはコンパクトで大容量、2ポートによる同時充電や急速充電にも対応したバランスの良いモバイルバッテリーです。

MacBook Airのような低電力ノートパソコンも充電できるので、iPhoneやAndroidスマホ充電用に日々持ち歩く用途から、ノートパソコンの予備バッテリーとしての使い方まで可能。


他の多くのバッテリー残量表示は3〜4段階程度のLEDランプ表示であることがほとんどですが、SMARTCOBY Proはデジタル数字のパーセンテージで残量を示してくれるのでわかりやすいのも特徴のひとつ。


SMARTCOBY Pro 30Wのレビュー

コンパクトでさらりとした触り心地のSMARTCOBY Pro 30W

CIOならではの白背景に紫のシンプルなパッケージ。

CIOならではの白背景に紫のシンプルなパッケージ

製造自体は中国で行っているようですが、大阪に本社やサポートセンターがある日本メーカーなのは信頼感のある要素のひとつ。モバイルバッテリーは品質の怪しい中国系コピー製品が多く出回ってますからね。。。
保証期間は6ヶ月となっています。

信頼感の高い日本メーカー

中身はモバイルバッテリー本体、USB-C to USB-Cケーブル、取扱説明書。

中身はSMARTCOBY Pro 30Wモバイルバッテリー本体、USB-C to USB-Cケーブル、取扱説明書


SMARTCOBY Pro 30W 本体をチェックしてみましょう。

手のひらに乗るサイズ感(約77 x 56 x 26 mm)がひとつの特徴で、指紋のつきにくい表面加工がしてあるのでサラリとした触り心地。

SMARTCOBY Pro 30Wは手のひらに乗るサイズ感

タテとヨコの長さで言うと、一般的なカードよりも幅が少し小さいくらい。
もちろん厚みがあるので存在感はそれなりにありますが、十分コンパクトと言っていいサイズ感だと思います。

タテとヨコで言うと、一般的なカードよりも幅が少し小さいくらい

重量は実測値で173.6g。
仕様の約183gに比べると10gも軽いのが謎ですが、しっかり充電さえしてくれれば軽いに越したことはない。

重量は実測値で173.6g

出力ポートは2つ。
ひとつは左側面にあるUSB-Cポートで、こちらは入力(SMARTCOBY Proへの充電)も兼ねています。

SMARTCOBY ProのUSB-Cポート

右側面には出力専用のUSB-Aポート。
徐々にUSB-Cに置き換えられているとはいえ、まだまだUSB-Aポート用の充電ケーブルを持っている人は多いはずなので両方使えるのは嬉しい。

右側面には出力専用のUSB-Aポート

正面の電源マークボタンを押すと、バッテリー残量がパーセンテージの数字で表示されます。

バッテリー残量がパーセンテージの数字で表示される

ほとんどのモバイルバッテリーはLEDランプでおおまかな残量しかわかりませんが、こうやって具体的な数字がわかるとイメージしやすくていいですね。

スマホ急速充電、MacBook Airの充電、2台のデバイスを同時に充電も可

SMARTCOBY Pro 30W最大出力は、名前の通り30W

たとえばiPhone 14シリーズでは20W、AndroidのPixel 7 Proでは23W以上の出力で急速充電が可能とされているので、スマートフォンであればどの機種でも高速に充電可能と考えていいでしょう。


13インチMacBook Airに付属している電源アダプタがちょうど30Wなので、SMARTCOBY Proではこのアダプタと同等のスピードで充電できることになりますね。MacBook Air用予備バッテリーとしてちょうどいい。

MacBook Air用予備バッテリーとしてちょうどいい

USB-C、USB-Aそれぞれのポートに対応したケーブルを用意すれば、2台同時に充電することも可能。家族や友人などのスマホも一緒に充電したいときなどにも使えます。

2台同時に充電することも可能


Anker PowerCore Reduxと、SMARTCOBY Proを比較

私がこれまで使ってきたバランスの良いモバイルバッテリー・Anker PowerCore 10000 PD Reduxのスペックは、この記事でレビューしているSMARTCOBY Pro 30Wとかなり近い。

バッテリー容量が10,000mAh、出力ポートはUSB-C×1とUSB-A×1、価格もほぼ同じ。


そこで、Anker PowerCore Redux 25WとSMARTCOBY Pro 30Wをスペックや写真で比較してみることに。

Anker PowerCore Redux 25WとSMARTCOBY Pro 30Wをスペックや写真で比較

まず、スペックや価格などを表で比べてみます。

製品名 SMARTCOBY Pro 30W Anker PowerCore 10000 PD Redux
公式画像 SMARTCOBY Pro 30W Anker PowerCore 10000 PD Redux
価格 4,818円 4,490円
メーカー CIO Anker
サイズ 約77 x 56 x 26 mm 約107 x 52 x 27 mm
重量 約183 g 約194g
バッテリー容量 約10,000mAh
出力ポート USB-C×1(入出力)
USB-A×1
最大出力 30W 【USB-C単体】25W
【2ポート同時】15W
バッテリー本体
充電時間
約2.2時間 約2.8時間
保証 6ヶ月 18ヶ月
(会員登録すれば最大24ヶ月)
同梱品 ・USB-C to USB-Cケーブル
・取扱説明書
・USB-C to USB-Cケーブル
・ストラップ
・メッシュポーチ
・取扱説明書
カラー ホワイト
ブラック
ブラック
発売日 2021年5月30日 2021年4月16日


SMARTCOBY Proの方がやや小さくて軽く、出力が高いのでMacBook Airなど低電力ノートパソコンにも充電できるのは大きなメリット。

重量については実際に両方を測ってみたところ、約17gほどの差がありました。

重量は実測値で173.6g
Anker PowerCore Redux

バッテリー残量表示もAnker PowerCore Reduxの方は4段階のLEDランプ表示なのに対し、SMARTCOBY Proは数字で表されるのでよりわかりやすい。

SMARTCOBY ProとAnker PowerCore Reduxのバッテリー残量表示方法を比較


一方で、Anker PowerCore 10000 PD Reduxの方が価格が328円安く、保証期間は長い。

モバイルバッテリーにしては珍しくストラップをつけることもできるので、好きなデザインのストラップで飾りつつ、落下を防ぐこともできます。


こうやって比較してみると甲乙つけがたい感じですね。。。

両方持っている私としては、MacBook Airの充電が可能&少しでも軽いメリットを考えてSMARTCOBY Proを持ち歩く機会が多くなりそうかなと思います。

ですがスマートフォンしか充電するつもりがなく、これからどちらかを買う人にとってみれば多少なりとも安いAnker PowerCore 10000 PD Reduxを選ぶのも十分アリ。

どちらもいい製品なので、用途や予算に合わせて考えてみてください。


SMARTCOBY Pro 30Wのメリット・デメリット

SMARTCOBY Pro 30Wのメリット(良いところ)、デメリット(イマイチなところ)について改めてまとめます。

SMARTCOBY Pro 30Wのデメリット

SMARTCOBY Pro 30Wのデメリット
  • 高いというほどではないが安くもない
  • バッテリー残量表示が夜や暗い部屋でも明るい
  • ポーチやケースがついていない


SMARTCOBY Pro 30Wの4,818円という定価は高いというほどではないですが、性能を考えればコスパは十分とはいえ安くはない価格ではあります。

MacBook Airなどノートパソコンの充電をしない人なら、CIOのよりリーズナブルなモバイルバッテリー「CIO SMARTCOBY DUO 20W」を選ぶのもひとつの手。こちらは最大出力が20Wと低めですがスマートフォン程度であれば十分な充電速度が出ますし、3,938円とSMARTCOBY Proよりかなり安め。


もうひとつ注意すべき点が、バッテリー残量表示が夜や暗い部屋でもかなり明るいこと。

旅先などではSMARTCOBY Proを充電しながら寝ることも多々あると思いますが、そんなときは残量表示のある面を下にして立てておくなり、何かをかぶせるなりして光が漏れないようにするのがよさそうです。


また、ポーチやケースの類がついていないので、そのままで持ち歩くか別途自分で用意する必要があるでしょう。

SMARTCOBY Pro 30Wのメリット

SMARTCOBY Pro 30Wのメリット
  • 10,000mAhの大容量で最大30Wの急速充電、2台のデバイスを同時に充電もできる
  • MacBook Air 13インチもフルスピードで充電可
  • コンパクトで、この容量のバッテリーにしては比較的軽い
  • 電気自動車にも使われる信頼性の高いバッテリー、日本メーカーによるサポート
  • パーセンテージのデジタル数字による残量表示でわかりやすい

SMARTCOBY Pro 30Wのメリットとして挙げられるのは、ここまで紹介してきた通り。

コンパクト軽量大容量急速充電2台のスマホ等を同時に充電もできる優秀さ。MacBook Airなど小型ノートパソコンの予備バッテリーとしても使えます。


電気自動車にも使われるバッテリーセルを採用しており、日本メーカー・CIOが販売している製品なのでサポートも期待できる

聞いたことのない中国系メーカーの安いバッテリーはたくさんありますが、機能性や安心感を考えればSMARTCOBY Pro 30Wの方が個人的にはおすすめです。


SMARTCOBY Pro 30Wはこんな人におすすめ

SMARTCOBY Pro 30Wをオススメするのは、こんな人です。

SMARTCOBY Pro 30Wはこんな人におすすめ
  • 十分な容量があり高速充電・2台同時充電もできる、万能なモバイルバッテリーがほしい
  • MacBook Airなど、ノートパソコン用の予備バッテリーとしても使いたい
  • 日本メーカーによるサポートがある方が安心できる


当てはまりそうな方は、ぜひチェックしてみてください!


iPhoneに特におすすめのモバイルバッテリーはこれ!
電池が切れたiPhone iPhoneにおすすめのモバイルバッテリーまとめ。ケーブルつき、MagSafeワイヤレス充電タイプなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA