【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

【終了】私が愛用しているおすすめガジェットもAmazonブラックフライデーで割引価格に!

Notice
2022年のAmazonブラックフライデーは終了しました。

私が愛用しているおすすめガジェットもAmazonブラックフライデーで割引価格に!

年に1度の大セール、Amazonブラックフライデー

【終了】Amazonブラックフライデー2022攻略まとめ。おすすめのセール対象商品から得する事前準備まで全部入り!


こちらの『買ってよかったもの』記事で紹介している私の愛用ガジェットの数々も、今回のブラックフライデーセールの割引対象となっています。

どれも超のつくオススメなので、興味のある人がいたらぜひこの機会にチェックしてみてほしい。


というわけで、この記事ではブラックフライデーセール対象となっている私の愛用ガジェットを紹介します!


Shokz骨伝導イヤホン

私が冗談抜きで毎日使っているのが、Shokz(旧AfterShokz)の骨伝導イヤホン

OpenRun Pro

OpenRun Pro

サイト更新中はずっとこれで音楽を聴きながら作業していますし(もちろん今も)、SwitchでゲームしながらスマホにBluetooth接続してボイチャするときに使うのもShokzイヤホン。


ヘッドホンだと首が凝ってきたり蒸れたりするし、イヤホンだと長時間は耳が疲れるし電池もそれほどはもたない。

Shokzの骨伝導イヤホンなら、軽量で耳をふさがないので長時間連続して使っても疲れない。
家族の呼び声やインターホン、車の近づいてくる音もちゃんと聴こえる。


ハイエンドなヘッドホンやイヤホンに比べれば、耳をふさがないこともあり音質はそこそこ。あとは、あまり大音量にすると振動が強すぎてこそばいし多少音漏れもする。

ですがデメリットとしてはそのくらいで、長時間でも耳が疲れにくく十分クリアな音を聴けるのが本当に良いんです。

Shokz骨伝導イヤホンの共通した特徴
  • 約30gと非常に軽く、耳をふさがないので長時間装着していても疲れにくい
  • 家族の声や車の近づく音などにもちゃんと気付ける
  • 防水仕様で軽いので、ランニングやトレーニングにも使いやすい
  • 音量を上げるとそれなりに音漏れするので、電車や静かな場所での使用はあまりすすめない


今回セール対象となっているのは、ハイエンドモデルのOpenRun ProおよびPro Mini、スタンダードモデルのOpenRunおよびMini、エントリーモデルのOpenMove、旧スタンダードモデルでポーチつきのAeropex

Shokz骨伝導イヤホン各機種の特徴


Miniかそうでないかはバンドの長さの違いだけで、機能に差はありません。

子ども用や顔が小さい自覚のある方にはMiniがよいかと思いますが、迷ったら標準モデルでよいかと思います。

バンドの長さが多少余っても何の問題もありませんが、足りなくて装着できなかったらどうしようもないので。


各機種の違いがわかりにくいと思うので、ざっくり表にしてみました。

ハイエンド スタンダード エントリー ビジネス
(マイクつき)
新(Shokz) 標準サイズ OpenRun Pro
23,880→19,104円
OpenRun
17,810→13,410円
OpenMove
11,880→8,910円
OpenComm
22,880→19,448円
ミニサイズ OpenRun Pro Mini
23,880→19,104円
OpenRun Mini
17,810→13,410円
旧(AfterShokz) Aeropex
19,998→14,998円
OpenMove
(AfterShokz)

各機種の機能やスペックの違いについては、以下の記事にくわしく紹介しているので気になる方はこちらを。

OpenRun Pro、OpenRun、OpenMove、OpenCommの違いを比較。おすすめのShokz骨伝導イヤホンは?


価格と性能のバランスから考えると、どれを選んだらいいか全くわからない方にはスタンダードモデルのOpenRunがオススメ。

Proほどではないが急速充電に対応し、バッテリーも約8時間もつので日々充電すればまず電池切れはしない。

シリーズ最軽量で防水防塵性能も高いので、長時間の使用や水濡れにも強いのが理由。


大げさではなく、これがないと日々どうやって過ごそうか途方にくれるレベルでおすすめです。


Echo Dot 時計付き

私は寝室で目覚まし時計 兼 スマートスピーカーとして使っている、時計つきのEcho Dot(第4世代)

さすがAmazonデバイスだけあって割引率が高く、なんと半額以下の6,980→2,980円(57%オフ)。

時計つきのEcho Dot 第4世代

「Alexa、今日の天気を教えて」などと呼びかけたりして音声アシスタントを便利に使えるほか、時計表示がまぶしすぎずに普段使いにちょうどいいんですよね。

暗くすると明るさを自動的に落として優しい光にしてくれるのも気に入っており、我が家では寝室に設置しています。

時計つきのEcho Dot 第4世代は夜でもまぶしすぎない


同じくセール対象となっているSwitchBotハブミニと組み合わせれば、電灯やテレビなどリモコン操作可能な家電を音声で動かすことが可能に。

たとえば「アレクサ、おやすみ」と呼びかければ電気をすべて消す、などといった操作もできます。


Echo Dotを含むAmazonデバイスは、今回のような割引率の高いAmazonセールのときに買うのが鉄則。つまりブラックフライデーセールは一番の買い時です。

時計つきのEcho Dot 第4世代は、目覚まし代わりに寝室に置くのがオススメ。丸っこく可愛らしいデザインも良い


Fire TV Stick 4K Max

テレビに差し込み、インターネットに接続するだけでAmazonプライムやNetflixなど多くの映像コンテンツ(※要契約)が見られるFire TV Stick

Fire TV Stick 4K

ABEMAやTVer、YouTubeなど無料で視聴できるものもありますし、例えばアプリを使ってパソコンやスマートフォンの画面をテレビに移すことも可能。

現在開催中のワールドカップではABEMAの全試合中継&本田圭佑さんの解説が話題になっているようですが、もちろんこのFire TV StickでABEMAのW杯中継も見られます。


標準モデルのFire TV Stick(4,980→2,480円)も安くなっていますが、私のおすすめはハイエンドモデルのFire TV Stick 4K Max(6,980→3,480円)。

私も以前Fire TV Stickを使っていたんですが、リモコン操作に対する応答が遅く結構ストレスがあったんですよね。(もしかすると改善されてるかもですが)

Fire TV Stick 4Kなら動作もかなりスムーズでストレスが少ないし、4K映像も見られる。

2,000円(セール価格なら1,000円)程度の価格差なら、快適に使えるFire TV Stick 4K Maxを選んだ方がいいと私は思います。

Fire TV Stickと4K Max、Cubeの中でオススメは?各機種の価格や特徴の違いをわかりやすく比較

SwitchBotスマートホーム製品

SwitchBotハブミニ

最近我が家で徐々に勢力を伸ばしているのが、SwitchBotのスマートホーム製品

その起点となるのがSwitchBotハブミニ(4,480→3,494円)というスマートリモコンで、家にあるリモコンの操作を覚えさせることでアプリで家電の操作が可能に。

SwitchBot Hub Mini(スイッチボットハブ ミニ)

Amazon Echoと連携させれば、「アレクサ、ライト消して」などと音声操作もできます。

SwitchBotカーテン

毎日のカーテンの開け閉めを担当しているのが、SwitchBotカーテン(9,980→8,280円)。

タイマーを設定しておけば、決まった時間にカーテンを開閉してくれる製品。

全開はあきらめて両開きの片側だけを自動化することに

朝は自動で開けられたカーテンからの陽の光で目覚め、夕方には自動でカーテンを閉めてくれる。これだけのことですが、なんと便利なことかと使ってみて実感しています。

私は使っていませんが光センサーも備えており、日差しを感知しての開閉も可能。

SwitchBotハブミニやAmazon Echoと連携すれば、音声でのカーテン操作もできます。

SwitchBot カーテンをレビュー!設定時間に自動でカーテンが開き、朝の陽光で目覚める。アプリや音声でも操作可能

SwitchBotスマートロック

最近新たに設置したのが、SwitchBotスマートロック(9,980→8,180円)。

SwitchBotスマートロック

自宅のカギに取り付けることで、アプリでのカギの開閉やオートロック設定が可能になる製品です。毎回カギをわざわざ取り出してガチャガチャやる手間がなくなり、鍵の閉め忘れも防げてとても良い。

SwitchBotハブミニとの組み合わせで、離れた場所からでもインターネット経由でカギの開け閉めが可能。

さらに、キーパッドを設置すると暗証番号やカードキーでのロック解除にまで対応します。まるでホテル。


Switch用microSDカード

ほとんど毎日のようにNintendo Switchで遊んでいるんですが、パッケージ版は差し替えが面倒だし場所をとるので購入するソフトはほとんどダウンロード版

そうなるとSwitch本体の少ない容量ではすぐに足りなくなるので、microSDカードが必須になってきます。

Nintendo Switch容量不足になったらSDカード


Amazonブラックフライデーは、Switch用を含めmicroSDカード購入には絶好の機会

たとえば、バッファローのSwitch対応microSDカード 64GBは880→740円

同じくSwitch動作確認済みのSamsung EVO microSDカード 128GBは1,880→1,570円


他にも多くのブランド・容量のSwitch対応microSDカードがセール対象として安くなっているので、自分でさがしたい方は以下からどうぞ。「Black Friday Sale」の赤いマークがセール中の目印です。


Eufyハンドクリーナー

床をきれいにするふつうの掃除機とは別に、ひとつ持っておくと便利なのがハンディクリーナー

私は「Eufy HomeVac H11(5,990→4,490円)」というハンディタイプのクリーナーを使っているんですが、大型の掃除機では吸い取りにくい棚やテーブルの上、狭いすき間などにたまったホコリを吸ってくれるのでとても重宝しています。

ちょっとしたゴミやホコリをサッと掃除できる

シンプルなデザインで蓋を閉めれば立てておけるので、どこに置いてもすっきりとなじむ。

スッキリしたデザインで、立てて収納できるのでほぼどんな場所にでもなじみやすい

今どきmicroUSB充電なのが玉にキズですが、充電ケーブルは付属しているしそこさえ問題なければ「買い」と言っていい逸品だと思います。

ハンディクリーナー「Eufy HomeVac H11」棚や机、家電や家具の上のホコリをサッと掃除できる優れもの


ル・スリールの安価でコンパクトな二つ折り財布

Amazonを眺めているときにたまたま発見した、Le sourire(ル・スリール)というメーカーの本革財布。Amazonブラックフライデーで3,999→3,199円

Le sourireのコンパクトで軽い二つ折り革製財布がかなりお気に入り

3,999円(セール価格は3,199円)という安さながらチープさを感じない質感とデザイン。2つ折り財布の中でもかなりコンパクト。
カードポケットは3つで最大7枚のカードが入り、小銭入れもついていますが小さめ。

「財布を持ち歩かない」「カードケースのみ」というほどのミニマリストではないが、巨大な財布は持ち歩きたくないしカードも小銭も極力減らす。そんな私にこの財布はピッタリ。


すでに約1年使いましたが、今のところ劣化した様子は全くないので長く使っていけそう。まさかこんなに安い値段でお気に入りの財布に出会えるとは思っていませんでした。

Le sourire(ル・スリール)のコンパクトで軽い二つ折り革財布がかなりお気に入り。3,999円は安すぎる!


iMac用スタンド型USBハブ(Satechi)

デザインと機能性の両面で気に入ったのが、SatechiのiMac用スタンド型ハブ。今回のブラックフライデーセールで10,299→7,209円に。

背面にあって抜き差しがしにくいUSBポートやSDカードリーダー、イヤホンジャックを前面に持ってきてくれる製品です。

SatechiのiMac用ハブ

iMacのスタンド型で、デザインもiMacにとても合う。スタンド下のスペースにはMagic Trackpadが収納可。

スタンド下にはMagic Trackpadがちょうど収納可能

通常のUSBハブに比べ、配線が目立たずスッキリ洗練された見た目のまま使えるのがいい。


例えばUSBメモリを使いたいとき、ちょっとした充電やデータ取り込みをしたいときにiMacの後ろにまわるのがめちゃくちゃ面倒だったんですが、このiMac用スタンド型ハブを使うことで解決しました。

【レビュー】SatechiのiMac用スタンド型ハブで、使いづらい背面USBポート、SDカードリーダーを前面に


Amazonでガジェットを買う前にやるべき準備

Amazonでガジェットなり何なりの買い物をする前に、キャンペーンにエントリーしたり事前にギフト券チャージすることでより多くのポイントがもらえてお得

こちらもぜひやっておきましょう!

【ブラックフライデー限定】5,000円以上チャージで0.5%ポイント

ブラックフライデーまでの期間限定で、初回に限らず現金含む5,000円以上のチャージすべてに対して0.5%のポイントが還元されるキャンペーンも実施中。

こちらのページにてエントリーし、5,000円以上の金額をチャージすればキャンペーン対象となります。


Amazon 202211ギフトカードチャージキャンペーン

クレジットカードでも、現金(コンビニ・ATM・ネットバンキング)でもどちらでもOK。


当キャンペーンはブラックフライデー期間中まで(12/1まで)ですが、もちろんチャージしたギフト券はその後でもAmazonで利用可能

なので、Amazonヘビーユーザーでお金に余裕のある人であれば0.5%余計にポイントがもらえる今のうちに可能な限りチャージしておくのがおすすめ。


このキャンペーンでもらえるポイントの上限は20,000ポイントなので、チャージ額の上限は400万円ということになりますね。

……さすがに現実的な額ではないので、なんとなく「Amazonでこのくらいは使うだろうな」と思えるくらいチャージしておくのが良さそう。

なお、ポイントが付与されるのは1月末頃とのことです。

クレカチャージで0.5%ポイント上乗せ

ブラックフライデー前から継続して開催中なのが、クレジットカードでAmazonギフト券にチャージすれば0.5%ポイントがもらえるキャンペーン。

Amazonギフト券チャージキャンペーン

普通にクレジットカードで買い物するより0.5%ポイント分上乗せされるので、この一手間さえかけられるなら確実に得です。


Amazonギフト券チャージで0.5%上乗せする手順

STEP.1
クーポンコードのコピー
事前に、キャンペーンページに掲載のクーポンコードをコピーしておく
STEP.2
5,000円以上チャージを選択し注文確認へ
Amazonギフト券 チャージタイプにクレジットカードで5,000円以上チャージを選択、注文確認まですすむ
STEP.3
クーポンコードを入力して注文確定
コピーしておいたクーポンコードを入力し、注文確定
STEP.4
チャージ金額の反映
チャージ後まもなく金額がアカウントに反映される
STEP.5
0.5%ポイント付与
翌月中旬に0.5%のポイントが付与される


いちいちチャージするのが面倒なら、モバイルSuicaのように一定額以下になったらオートチャージするよう設定することも可能。
今回のセールに限らず、Amazonでの買い物が常に0.5%ポイント分お得になります。

【初回限定】現金5,000円チャージで1,000ポイント

1回限りの初回限定ではありますが、Amazonギフト券チャージタイプに現金で5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえるキャンペーンが開催中。

キャンペーンページでのエントリーが必要となるので、まずはやっておきましょう。


5,000円以上なら何円分チャージしてももらえるのは1,000ポイントなので、ちょうど5,000円分チャージしておくのが還元率で考えれば間違いなくお得になります。

1回の
チャージ額
5,000円以上チャージで
1,000ポイント
何度でももらえる
最大2.5%ポイント
合計獲得ポイント還元率
通常会員 プライム 通常会員 プライム 通常会員 プライム
5,000円 1,000 0.5% 1.0% 1,025 1,050 20.5% 21.0%
20,000円 1.0% 1.5% 1,200 1,300 6.0% 6.5%
40,000円 1.5% 2.0% 1,600 1,800 4.0% 4.5%
90,000円 2.0% 2.5% 2,800 3,250 3.1% 3.6%


Amazonを日常的に利用する人なら5,000円くらいはいずれ使うでしょうし、やっておいて損はありません!

ポイントアップキャンペーンにエントリー

Amazonセール恒例のポイントアップキャンペーンが、今回のブラックフライデーでも開催中。


Amazonポイントアップキャンペーン

事前にエントリーしてブラックフライデー中に合計10,000円以上の買い物をすると、最大5.5〜11%のポイントが還元されます。


Fire TVやFireタブレット、Echo、KindleといったAmazonデバイスは最大11%。それ以外の全商品は最大5.5%の還元率。


Amazonブラックフライデー ポイントアップキャンペーン

上限は10,000ポイントで、ポイントの付与はキャンペーン終了より40日後。


ポイント加算の内訳は、以下の通り。

プライム会員 2%
アプリでの買い物 0.5%
Amazon MasterCard利用 最大3%
(非プライム会員は最大2.5%)
Amazonデバイスの購入なら 5.5%


Amazonブラックフライデーに参加する前に、まずはエントリーしておきましょう。


私のおすすめ愛用ガジェットがAmazonブラックフライデーで安い!まとめ

各ガジェットにはレビュー記事のリンクもつけているので、しっかり吟味してもし好みに合いそうであれば安くなっているこの機会にぜひ!

どれも強力にオススメできるアイテムばかりです。



ブラックフライデー中に買えばポイント分お得
【2022年】殿堂入りの『買ってよかったもの』まとめ。17年愛用している製品も紹介

Amazonブラックフライデーについてもっと知りたい方はこちら
【終了】Amazonブラックフライデー2022攻略まとめ。おすすめのセール対象商品から得する事前準備まで全部入り!

コメントを残す