【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

「Magkeepマグネットステッカー」を貼れば、MagSafe対応iPhoneを好きな場所に固定できる

Magkeep マグネットステッカーのパッケージ

iPhone 12以降はMagSafeに対応しており、背面に充電器やポケットなどMagSafe対応のアクセサリーを取り付けることが可能。

iPhone 12以降はMagSafeが使える

このMagSafe機能を利用したサードパーティの製品も多数リリースされていますが、今回紹介するのもそんな製品のひとつ。
ELECOMの「Magkeep マグネットステッカー」です。


「Magkeep マグネットステッカー」はその名の通り磁石入りのステッカー。

粘着テープでどこにでも貼れるので、MagSafe対応のiPhoneをくっつければどこにでも保持しておける……という、さしたる説明もいらないシンプルな製品です。


スペースのない場所であっても、このステッカーを貼ればiPhone置き場のできあがり。

1枚あたり約500〜1,000円と安いので、気軽に買えるのもポイントです!


MagSafe対応のMagkeep マグネットステッカー

Magkeep マグネットステッカー」のパッケージ。
いったいどんな製品なのか、これほどわかりやすいパッケージもなかなかないでしょう。

Magkeep マグネットステッカーのパッケージ

裏面にうっすらと見えるグレーの円は、透けているわけではなく入っているマグネットステッカーの実寸サイズを表しています。

裏面にうっすらと見えるグレーの円は製品の実寸サイズ

私が選んだのは一番シンプルなホワイト。

数多くのカラーがある中で、私が選んだのは一番シンプルなホワイト

他にもブラック、木目調、ファブリックなど多くの種類があるので、貼りたい場所にあわせてお好みで。

なお、この記事を書いている現在ではホワイトや白・ナチュラル系の木目調が約500円なのに対し、ブラックやファブリックは約1,000円となぜか倍の価格差があるようです。


裏は強力な粘着シールになっていて、ほとんどどこにでも貼り付けることが可能。

裏は強力な粘着シール


壁でも棚でも、好きな側面にiPhoneの置き場所をつくれる

貼り付ける場所を決めたら、剥離シートをはがしてペタッといっちゃいましょう。

貼り付ける場所を決めたら、剥離シートをはがす

今回は、仕事部屋にある本棚の側面に貼ってみました。
かなり強力に貼り付くので、壁紙や傷つけたくない家具に貼るのはおすすめしません。

かなり強力に貼り付くので、壁紙や傷つけたくない家具に貼るのは非推奨

貼ったばかりのマグネットステッカーに裸状態のiPhone 13 Proを近づけてみると、ご覧の通りぴったりとくっつきました。
テーブルに上向きに置くと場所を取るし通知も角度によって見えにくかったりしますが、側面であればデッドスペースを活かせるし画面も見やすい。

側面であればデッドスペースを活かせるし画面も見やすい

MagSafe対応ケースであれば、ケースを装着したままでも利用可能。

MagSafe対応ケースであれば、ケースを装着したままでも利用可能

当たり前といえば当たり前ですが、MagSafe非対応のクリアケースごしだと磁力が弱すぎて無理でした。


非対応機種でもMagSafe化する別のステッカーもある

iPhone12シリーズ以降であればMagSafeに対応していますが、iPhone 11以前およびSEシリーズは非対応。もちろんAndroidでもMagSafeは使えない。


ですが実は、非対応のiPhoneでもMagSafe機能を使える方法があるんです。

それが、Satechiのマグネットステッカー

磁力を持ったステッカーをiPhoneやケースに貼ることで、MagSafeのような機能を付与してしまう製品です。
もちろん、iPhone以外のスマートフォンにも使用可能。

iPhone SEクリアケースの上からマグネットステッカーを貼る

MagSafeと同じくらいの磁力をこのマグネットステッカーも持っているので、例えばMagSafe充電器に貼り付けてぶら下げても落ちないくらいの強さがあります。

マグネットステッカーのみでMagSafe充電器に吊り下げても落ちないくらいの吸着力

iPhoneに直接貼っても綺麗にはがせるとの記載はあるものの、やはり抵抗があるので個人的にはケースに貼って使いたいところ。


このマグネットステッカーを貼ったら、あとはMagSafe充電器で使うなり、ポケット等のアクセサリーを装着するなりMagSafe対応機種とほとんど同様に使えます。

もちろん、今回紹介したMagkeepマグネットステッカーともペアで利用可能。

Satechiのマグネットステッカーは、MagSafe非対応のスマートフォンやケースもMagSafe化できる


iPhoneのMagSafe対応アクセサリー、他のおすすめは?

他にもiPhoneのMagSafe規格に対応したおすすめ製品があるので、ここで紹介します。

MagSafe充電器&アルミニウムドック

Apple純正のMagSafe充電器は、iPhoneに近付けると磁石で背面にピタッと張り付き充電してくれる製品。

MagSafe充電器


このMagSafe充電器との組み合わせでおすすめなのが、Satechiのアルミニウムドック

MagSafe充電器だけだとどこにも固定ができず場所が定まらないのですが、このSatechiのアルミニウムドックを使えばデスク等に固定することが可能。

Satechiのアルミニウムドック

MacBookやiMacと特にフィットするシルバーのデザインも良い。


私は、iMacの脚の部分に固定して使用中。
iPhoneをここに置けば、MagSafeの磁力でちょうどいい位置にくっつき確実に充電されます。見た目もなんだかカッコよくてお気に入り。

SatechiのMagSafe充電器用アルミニウムドック
iMacやMacBookとの組み合わせがおすすめ

iPhone 12以降のMagSafe対応機種を持っているなら、ぜひおすすめしたい組み合わせです。

ポイント
  • MagSafe充電器を固定することで、iPhone充電の定位置が決まる。マグネットでくっつくので充電ミスなし
  • 見た目がかっこいい。Macにもフィットするデザイン


詳しいレビュー記事は以下からどうぞ。

MagSafe充電器をより活用できる、Satechiのアルミニウムドック。iPhoneを便利に充電でき、Macと合うデザインも良い

MagSafe対応スマホリング「M-Ringo」

iPhoneをよく落としてしまう人におすすめなのが、MagSafe対応のiPhone用リング「M-Ringo」。

カラーはシャンパンゴールドを選びましたが、あまり金色っぽくなくシルバーとの中間色な印象

iPhone 12以降に内蔵されたMagSafeのマグネットでくっつくので、粘着テープで貼り付けるタイプに比べて着脱がかんたん。
マグネットが外れて落としてしまうことはまずない一方で、力を入れて引っ張れば外れるくらいの絶妙な磁力です。

MagSafe対応のiPhone用スマホリング「M-Ringo」

回転自由なので好きな持ち方ができるのも特長。人差し指でも中指でも、持ちやすい角度に合わせられます。

リングを下向きにした方が握りやすい感じがした

立てた状態でテーブルなどに置けば、スタンドとしても利用可能。通知も見やすく、食事中や会議中などさまざまな場面で活躍してくれそう。

スマホリングがスタンドを兼ねてくれる


M-Ringoのおすすめポイント
  • iPhoneのMagSafe機能に対応したリングで、強い磁力で貼り付く一方で着脱もかんたん
  • 角度も回転も自由なので、好きな持ち方に合わせられる
  • iPhoneスタンドとしても利用可能
  • マグネットステッカーを貼れば、MagSafe非対応のiPhoneやAndroidでも使える


MagSafe対応のiPhone用スマホリング「M-Ringo」マグネットで付け外し簡単、スタンドとしても使える


最後にひとこと

iPhoneを省スペース&視認性が高い状態で置いておける「Magkeep マグネットステッカー」。

寝室の枕元やデスク横の棚などに貼って、iPhoneの定位置を決めておけば無くしたり見失うことも少なくなるし一石二鳥ですね。


iPhone対応のおすすめアクセサリーまとめ
【2022年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す