Amazonブラックフライデーの得する準備から注目商品まで全て教えます!

LINEトークフォルダ機能の設定方法。「友だち」「グループ」「公式アカウント」などを自動で分類してくれる

LINEトークフォルダ機能の設定方法

日本で約9,000万人のユーザーがいるメッセージアプリ、LINE

たくさんの友だち、グループ、好きなお店やLINE公式のアカウントなどトーク相手が多すぎて大変な人も多いはず。


そんな人におすすめなのが、LINEのトークフォルダー機能

LINE Labsというお試し新機能の中の1つなんですが、友だちやグループなどトーク相手のアカウントを自動的に分類してくれるのがとても便利。


LINEをヘビーに使っている人にこそ使ってほしい機能です!


LINEトークフォルダーの設定方法

LINEのトークフォルダー機能を使うには、ホーム画面右上の設定(歯車ボタン)を開いて「LINE Labs」をタップします。

ホーム画面右上の設定(歯車ボタン)を開いて「LINE Labs」をタップ

トークフォルダー機能のスイッチをオンにすれば、設定完了。

トークフォルダー機能のスイッチをオンにすれば、設定完了


自動的にトーク相手が分類されて便利!

トークフォルダー機能をオンにするとどうなるのか、実際の画像がこちら。

トーク画面の上のほうに「すべて」「友だち」「グループ」「公式アカウント」といった分類タブが出現しています。

LINEトーク画面の上のほうにタブが出現

例えば「公式アカウント」タブをタップすると、LINEのサービスやお店、企業などの公式LINEアカウントだけに絞り込みができます。
「グループ」タブなら複数人でのチャット、「友だち」タブなら1対1のトークが表示。

タブごとに絞り込みができる

メッセージ相手が多いユーザーにとっては、こうやってタブで仕分けしてもらえると探しやすくてとてもいいですね!


コメントを残す