【Kindleストア】1万〜1万2千円購入で25%ポイントのセール開催中!

【3分でわかる】iPhone SE 第3世代、M1チップ搭載のiPad Air 第5世代、Mac StudioなどApple新製品まとめ

【3分でわかる】iPhone SE 第3世代、M1チップのiPad Air、Mac StudioなどApple発表イベントまとめ

2022年3月8日(日本時間3月9日 AM3:00〜)、アップルの新製品発表ストリーミング配信が開催されました。

ここで発表されたのは、リーズナブルなiPhone SEの第3世代、M1チップ搭載のiPad Air 第5世代、M1 Maxおよび新開発のM1 Ultraチップを備えたMac Studioと高機能なStudioディスプレイなど。


通勤中などに3分程度でわかるようまとめたので、サクッとチェックしていってください!


もくじ(タップできます)
  1. Apple TV+
  2. iPhone
  3. iPad
  4. Mac

Apple TV+

・多くのオリジナル映画を引き続き製作・公開中

・金曜の夜に2試合だけMLBの試合を中継する「Friday Night Baseball」

MLBの映像が出てきたときは「え、MLB中継?じゃあ大谷の試合とかいつでも見られるの?」と思ったんですが、金曜の夜に開催される2試合のみらしい。そのくらい(と言ったら失礼だけど)でMLBファンへの訴求になるんだろうか。


iPhone

・iPhone 13、miniに新カラー「グリーン」、13 ProおよびPro Maxに新カラー「アルパイングリーン」が登場

iPhone 13とProの新カラー・グリーン


iPhone SE 第3世代が登場。iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップ搭載しながらリーズナブル

iPhone SE 第3世代

・カラーはミッドナイト(ブラックに近い)、スターライト(ホワイトに近い)、PRODUCT RED。iPhone 8と同じ4.7インチRetinaディスプレイ

iPhone SE 第3世代の見た目

・iPhone 13シリーズと同じ強化ガラスを使用。ホームボタンがあり、Touch ID、IP67防水防塵、5Gに対応

・12メガピクセルのカメラ搭載。スマートHDR4、フォトグラフスタイルなどに対応

iPhone SE 第3世代まとめ

・64GBが57,800円、128GBが63,800円、256GBが76,800円。3/11(金)に予約受付開始、3/18(金)発売

iPhone SEの第3世代がついに発売されます。近年高価になった印象のあるナンバリングiPhoneと比べて格段に安く、iPhone 13と同じ性能を備えていながらコンパクトで安い。

超広角カメラがないなどiPhone 13やProに劣る点ももちろん多くあるものの、多くのユーザーにとっては「これで十分」と言える機種なんじゃないかと思います。売れそう。

ちなみにサイズはiPhone 8とまったく同じです。


iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)


iPad

・iPad Proと同じM1チップを搭載したiPad Air 第5世代が登場。前世代よりCPUは60%高速、GPUは2倍高速に

iPad Air 第5世代

・12メガピクセルの超広角フロントカメラ(自撮りカメラ)搭載。5G対応

・USB-C接続での転送速度が2倍に

・Smart Keyboard Folio、第2世代Apple Pencilなどに対応

・カラーはスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルー

iPad Air 第5世代まとめ

・価格はWi-Fiモデルが64GBで74,800円、256GBは92,800円。セルラーモデルはプラス18,000円

・3/11(金)に予約受付開始、3/18(金)発売

M1チップをはじめ現行iPad Proとほぼ同スペックのiPad Airが発売となります。iPad Proユーザーは微妙な気持ちになるかもしれませんが、時間が経てばこうなるのは仕方ないところ。おそらく2022年中にはさらに高性能な新しいiPad Proもリリースされることでしょう。


iPad Air – Apple(日本)


Mac

・M1 Max 2つを画期的テクノロジーで組み合わせたM1 Ultraチップが登場。最大20コアCPU、64コアGPU、最大128GBユニファイドメモリを搭載可能で、電力効率も非常に良い

M1 Ultraチップ

・分厚いMac miniのような外観の新しいデスクトップMac、Mac Studioおよび同時開発した新しいディスプレイ「Studio Display」が登場

Mac StudioとStudio Display

Mac Studio

・Mac Studioの下位モデルはM1 Maxチップ、上位モデルにはM1 Ultraチップを搭載

・16コア XeonプロセッサのMac Proと比較すると、CPUはM1 Maxモデルが50%、M1 Ultraモデルが90%高速

・Radeon Pro W5700×のMac Proと比較すると、GPUはM1 Maxモデルが3.4倍高速。Radeon Pro W6900XとM1 Ultraを比較すると80%高速

・後面にThunderbolt 4ポート× 4、USB-A × 2など、前面にUSB-Cポート×2(M1 UltraならThunderbolt 4ポート×2)とSDXCカードスロットを備えるなど、非常に拡張性が高い

Mac Studioは拡張性が高い

・4台のPro Display XDRと4Kテレビに同時接続可

Mac Studioまとめ

・M1 Maxチップモデルは249,800円から、M1 Ultraチップモデルは499,800円から

・予約注文可能、発売は3月18日(金)


・「Studio Display」はベゼルが狭く薄型で、スタンドを30°まで傾けられる

・傾きと高さをより柔軟に調整できるモデル、VESAアダプタモデルもある

・27インチ5K Retinaディスプレイ、218ppi、True Tone、反射防止コーティングなど

・A13 Bionicチップを内蔵。新iPad Airと同じ12メガピクセル超広角カメラ、より高感度なマイク、6スピーカーサウンドシステム、空間オーディオ、ドルビーアトモスなどに対応

・Macと接続し充電も可能なThunderbolt 3ポート×1、ストレージなど周辺機器と接続可能なUSB-Cポート×3

・Touch ID対応のMagic KeyboardとMagic Mouseの新色ブラックも同時発売

Studio Displayまとめ

・価格は199,800円から。今すぐ注文可能で発売は3月18日(金)


Mac – Apple(日本)


コメントを残す