Amazonブラックフライデー前に準備すべきことまとめ

Satechiのマグネットステッカーは、MagSafe非対応のスマートフォンやケースもMagSafe化できる

最近購入した面白そうな製品が、Satechiのマグネット ステッカー

Satechiのマグネットステッカーは、MagSafe非対応のスマートフォンやケースもMagSafe化できる

マグネットが内蔵された円形のステッカーで、スマートフォンやケースに貼ることで簡単にMagSafe対応させることが可能。

MagSafeに非対応のiPhoneやケースに使えるのはもちろん、Qiワイヤレス充電対応のAndroidスマートフォンやケースに貼ってMagSafe充電、なんてこともできてしまいます。


非対応機種やケースでもMagSafe充電をどうしても使いたい場合には、かなり有用な製品です!


スマートフォンをMagSafe化できる、Satechiのマグネットステッカー

Satechiはアメリカのカリフォルニア州サンディエゴにあり、おもにMacやiPhone・iPadなどApple製品の周辺機器を製造販売しているメーカー。

今回紹介するマグネットステッカーも、一応はiPhone 11および12シリーズのMagSafe非対応ケース用としてつくられているようです。

iPhone 11および12シリーズのMagSafe非対応ケース用としてつくられているマグネットステッカー

丸いレザー風のデザインで、粘着面で貼り付ける方式。

丸いレザー風のデザインで、粘着テープで貼り付ける方式

中には黒い封筒が入っており、

中には黒い封筒が入っている

さらにその中にマグネットステッカー本体、ユーザーマニュアル、それにiPhone 11・12シリーズ全機種分の位置合わせ用シールが同封されていました。

マグネットステッカー本体、ユーザーマニュアル、それにiPhone 11・12シリーズ全機種分の位置合わせ用シール

iPhone 11・12シリーズならステッカーで位置合わせしつつ綺麗に貼れる

まず、メーカーが公式に対応を謳っているiPhone 12 miniに貼ってみることに。ちなみにFrost Air(フロストエア)というケースを使用中。


マニュアルを確認。シールをiPhoneに貼って位置を決めてからマグネットステッカーを貼り、最後にシールをはがすという手順らしい。

マグネットステッカーのマニュアルを確認

早速やってみましょう。
iPhone 12 mini用のシールをめくってみると、ちょうど真ん中のところが円形に開いた形ではがれました。なるほどこの円形部分にマグネットステッカーを貼れってことね。

iPhone 12 mini用のシールをめくる

iPhone 12 miniケースの上からペタっと。これでマグネットステッカーを貼る位置が定まりました。

マグネットステッカーを貼る位置が定まった

マグネットステッカーの台紙をはがし、円形に開いた部分にずれないように貼る。

マグネットステッカーの台紙をはがし、円形に開いた部分にずれないように貼る

最後にシールをはがせば完了です!

最後にシールをはがせば完了

以下の写真は撮影位置的にステッカーが真ん中より少し上にずれているように見えますが、実際はきっちり真ん中に貼れています。

実際はきっちり真ん中に貼れている

磁力もこの通り、MagSafe充電器にぶら下げても全く問題なし。

MagSafe充電器にぶら下げても全く問題なし

ただiPhone 12 miniは元々MagSafe対応機種なので、しっかりとくっつくのは当たり前といえば当たり前。

次はMagSafe非対応機種で試してみましょう。

MagSafe非対応のiPhone SEでマグネットステッカーを試す

Qiワイヤレス充電には対応しているものの、MagSafeには非対応のiPhone SE(第2世代)

装着しているSpigenクリアケースの上からマグネットステッカーを貼ってみました。
位置合わせのシールはないので目分量ですが、だいたい良い感じに貼れたんじゃないでしょうか。横幅もギリギリOK。

iPhone SEクリアケースの上からマグネットステッカーを貼る

iPhone SE自体はMagSafe非対応のため磁力を持っていませんが、マグネットステッカーのみでMagSafe充電器に吊り下げても落ちないくらいの吸着力があるのを確認できました。

マグネットステッカーのみでMagSafe充電器に吊り下げても落ちないくらいの吸着力

もちろん、充電もばっちり。これならMagSafe対応機種として扱っても問題なく運用できそう。

MagSafe対応機種として扱っても問題なく運用できそう

マグネットステッカーを貼れば、Pixel 6 ProもMagSafe充電が可能に

iPhoneに限らずとも、Qiワイヤレス充電対応のAndroid機種ならこのステッカーを貼ればMagSafe充電器による充電が可能になるはず。

そう考えて、今メイン機種として使っているPixel 6 Proのケースにも貼ってみることに。

Pixel 6 Proケースにもマグネットステッカー貼ってみる

さきほどiPhone SEでも確認したとおり、ステッカーだけでも磁力は十分。

さきほどiPhone SEでも確認したとおり、ステッカーだけでも磁力は十分

充電も問題なくできました。MagSafe充電対応Pixel 6 Proの誕生です。

MagSafe充電対応Pixel 6 Proの誕生


今回のレビューでは3度貼ってはがしてを繰り返しましたが、まだまだ粘着力は十分でした。貼ってすぐなら力は多少いるけどはがせるし、粘着剤がスマートフォンやケースに残ることもない。

ただ時間が経つとはがすのは大変になると思いますし、あまり何度もいろんな場所に付け替えるのはオススメはしません。

最後にひとこと

たった1,000円ちょいでiPhoneやAndroidをMagSafe充電対応にできる、Satechiのマグネット ステッカー

MagSafe非対応機種、あるいはケースでMagSafe充電を利用したいという方は、ぜひ試してみてください!

コメントを残す