Amazonブラックフライデー前に準備すべきことまとめ

Amazon Mastercardがリニューアル、ゴールドがなくなり年会費無料のカード2種類に。コンビニで1.5%還元など変更点まとめ

Amazon Mastercardがリニューアル、ゴールドがなくなり年会費無料のカード2種類に

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)が、2021年11月より全面リニューアルされることに。

従来は年会費初年度無料(2年目以降は1,375円、前年1回以上利用で無料)のクラシック・年会費11,000円のゴールドの2種類でしたが、新しいAmazon Mastercardはプライム会員向け・非会員向けの2種類となり、どちらも年会費無料に。


具体的にどのように変わるのか、これまでのAmazon Mastercardユーザーはどうなるのか?

実際にAmazon Mastercardクラシックとゴールドを両方持っている私が詳しく紹介します。


Amazon Mastercardが2021年11月から全面リニューアル

Amazon Mastercardは、2021年11月より全面的にリニューアルされます。

クラシック・ゴールドの2種類から、プライム会員以外(Amazon Mastercard)とプライム会員(Amazon Prime Mastercard)の2種類に。

クラシック・ゴールドの2種類から、プライム会員以外とプライム会員の2種類

新しいカードは2つとも年会費永年無料で、公開されている限りではデザインの名称およびAmazonでのポイント還元率以外の違いは無し。
プライム会員の年会費は別途必要となります。

新旧カードの還元率など主なサービス比較

新旧Amazon Mastercardのサービスがどう変わるのか、詳しく見てみましょう。


まず年会費

【旧】
クラシック:初年度無料、2年目以降1,375円(ただし前年に1回以上使っていれば無料)
ゴールド:11,000円

【新】
年会費永年無料

新旧Amazon Mastercardの


Amazonポイント還元率は、基本的にプライム会員が2.0%、それ以外だと1.5%還元。
ただし、旧ゴールド会員は新カードになってもプライム会員を継続する限り2.5%還元が適用されます。

また、コンビニ大手3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)での利用で1.5%還元になるのも新カードの特徴。旧カードは他と同じ1.0%でした。

新旧Amazon Mastercardの還元率比較


旧ゴールドはプライム会員年会費が無料となる特典がありましたが、新カードでは別途登録が必要に。
旅行傷害保険は、一律最高2,000万円に統一されます。

新旧Amazon Mastercardのプライム会員資格と旅行傷害保険


ショッピング補償は、新カードだと年間200万円まで。旧クラシックと旧ゴールドのちょうど間の額に落ち着きました。
旧ゴールドに付帯していた空港ラウンジサービスは2022年11月1日をもってなくなります。

新旧Amazon Mastercardのショッピング補償、空港ラウンジサービス


新カードでは、Mastercardのタッチ決済(Mastercardコンタクトレス)が利用可能に。
ETCカードは無料、家族カードも3枚まで無料で発行できます。

新旧Amazon Mastercardの電子マネー、ETCカード、家族カード

これまでのAmazon Mastercardクラシックとゴールド保持者はどうなる?

これまでのAmazon Mastercardクラシックとゴールド

旧Amazon Mastercardのユーザーは、特に何もする必要はありません。今持っているカードの有効期限が迫ってきたら、自動的に新カードへと切り替わります。

Q:カードの変更手続きを自分でする必要がありますか?

新サービス移行後、お客様のAmazonプライム会員のご登録状況によって、自動的に新しいポイント還元率が適用されますので、今お持ちのAmazon Mastercardの変更手続きをしていただく必要はありません。お持ちのAmazon Mastercardの有効期限が近づきましたら、その時点のAmazonプライム会員のご登録状況にあわせ、順次新デザインのカードをお届けします。


なお、2021年11月以降は旧カードも年会費がすべて無料となり、旧ゴールドのAmazonプライム会員特典もなくなるため、継続する場合には次回の更新日に年会費が必要となります。


前述の通り、旧ゴールド会員はプライム会員を継続する限りAmazonで2.5%のポイント還元

新カードに変わってもこれは継続するようなので、解約せずにそのままにしておくと新カードの新規会員より高還元率で利用できます。


私も写真の通り旧ゴールドを持っているので、そのまま保持してAmazonで2.5%還元を受け続けたいと思っています。

新Amazon Mastercardはコンビニで1.5%還元。だがもっとお得なカードも

新Amazon Mastercardはコンビニで1.5%の還元率。大抵のクレジットカードや電子マネーよりも多くのポイントがもらえて便利。

ですが、コンビニでの支払いに関して言えば三井住友カード ナンバーレス(NL)が圧倒的に得。

三井住友カード ナンバーレス

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートおよびマクドナルドの支払いだと、なんと5%還元です。比べ物にならない還元率。
ポイントは支払いに充当したり、Amazonギフト券などに交換もできるので無駄なく使える。

私も、もちろんコンビニ払いではこのカードを使っています。年会費無料なのでリスクもなし。

年会費無料の三井住友カード ナンバーレスを申し込む


もう1つおすすめなのが、セゾン・パール・アメリカン・ エキスプレス・カード

セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード

こちらは還元率3%で、Amazon Mastercardの倍あるものの三井住友カードNLには及ばない。

一方で大きなメリットは、電子マネーのQUICPay払いであれば全て還元率3%になること。

空港や駅、大型ショッピングモール等だと特にQUICPayが使える店舗は多い。それら全てで3%還元を受けられるのはかなり大きいメリットです。
こちらも年会費無料。

セゾンパール・アメリカン・ エキスプレス・カードを申し込む


以下の記事にも詳しく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

blank

【ポイント還元率3〜5%】コンビニでの支払いで得なのは「三井住友カードNL」「セゾンパールアメックス」どちらも年会費無料

コメントを残す