「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

iPhone 12・13 Proで撮影できる「Apple ProRAW」の設定方法と、通常撮影(HEIC形式)とのファイルサイズの違い

iPhone 12・13 Proで撮影できる「Apple ProRAW」の撮影方法とファイルサイズ

2021年10月現在、iPhone 12 Pro・13 Proのみで撮影可能なApple ProRAW

Apple ProRAWはいわゆるRAWデータ(生データ)での撮影となるので、さまざまな画像処理をしても品質を落とさずに現像可能。

その代わりに、データ容量が大きくなってしまうデメリットも。


この記事では、iPhone 13 Proを使ったApple ProRAW撮影の設定方法と、実際のファイルサイズがどの程度違うかについて紹介します。


Apple ProRAWで撮影するための設定

iOS 14.3以降を搭載したiPhone 12 Pro・Pro Max、およびiPhone 13 Pro・Pro Maxでは、Apple ProRAWでの撮影設定が可能。


設定から「カメラ」→「フォーマット」と進み、「Apple ProRAW」のスイッチをオンにしてください。

設定から「カメラ」→「フォーマット」と進み、「Apple ProRAW」のスイッチをオンにする

これだけでApple ProRAWが撮影できると勘違いしがちなので注意(←私です)。


上記設定をした上で、カメラアプリを開いたときに縦持ちなら右上に表示される「RAW」のボタンを押すことで、RAW撮影がオンになります。

右上に表示される「RAW」のボタンを押すことで、RAW撮影がオンになる

iPhone 12 Pro・13 Proユーザーはとりあえず設定をオンにしておいてRAWボタンを出現させておき、撮影時にどちらで撮るか選ぶのが良さそうですね。

通常撮影とRAW形式のファイルサイズ差は約15倍

同じ風景をApple ProRAW形式および通常の形式で撮影し、ファイルサイズを比較してみました。


まず1枚め。通常撮影(.HEIC)だと2MBのところ、Apple ProRAWでの撮影(.DNG)だと32.5MB。
後者の方が16.25倍大きいデータ容量となっています。

RAWの方が16.25倍大きいデータ容量

実際の写真はこちら。

HEIC
※HEICはApple独自の画像圧縮形式

RAWデータを現像した写真


2枚目。こちらは通常2.8MBに対し、RAW形式だと37.4MB(13.39倍)。

通常2.8MBに対し、RAW形式だと37.4MB(13.39倍)

わかってはいたことですが、ファイルサイズの差は圧倒的


Apple ProRAW形式で撮影しまくると、iPhoneのデータ容量的に少々厳しそう。

ここぞというときのみにするか、こまめにパソコン等にデータ移動させるかといった工夫が必要かもしれません。

Apple ProRAWで撮影するメリット

普通の撮影(HEICやJPG)とRAW撮影では何が違うのかについては、以下のStudio9さんの記事が詳しい。

超ざっくり言うと、HEICやJPGは圧縮されているため編集(レタッチ)したときに欠けた部分ができやすく、RAWは非圧縮で画像データをガッツリ持っているので編集により劣化しにくい、という感じでしょうか。

結局の所、JPEGとRAWの画質面での一番の違いは「編集(レタッチ)耐性があるかどうか」と考えて良さそうです。


JPGでもレタッチは可能ですが、RAWに比べると不都合が起きやすい。
その点、RAW形式だと明るさやホワイトバランス、コントラストなどを大きく調整しても劣化が起きづらい。

↓RAWデータを色々なテイストで現像してみたもの

ガッツリ容量を食うデメリットはあるものの、しっかりレタッチしていい写真に仕上げたい場合はApple ProRAWを活用したいところですね。


ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

楽天モバイルでiPhoneをチェックする

Apple Online StoreでiPhoneをチェックする


iPhone 13 Proについてもっと知りたい方は、↓こちらから。

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの違いは?価格やサイズ・性能を比較し、オススメ機種を考えた

blank

iPhone 13 Proの光学3倍ズームやナイトモード(夜景撮影)の実力は?iPhone 12と比較して確かめてみた

blank

iPhone 13 Proのマクロ撮影は最短2cmまで近付いて撮れる。使い方と写真例、注意すべきポイントを解説

blank

iPhone 13 Pro ファーストインプレッション&データ移行手順。高級感がありかっこいい、だがずっしりと重い

blank

iPhone 13 Proはリフレッシュレートが120Hzになり、より滑らかな動きに。どう変わったのか、スロモ動画で12と比較

blank

iPhone 13を買って古いiPhoneを売る場合の下取り価格は?Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルと高価買取ショップを比較

blank

フォトグラフスタイルの設定方法と使い方。iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxから利用可能

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの価格まとめ。Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの機種代金を掲載

コメントを残す