「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

iPhone 13 Proの光学3倍ズームやナイトモード(夜景撮影)の実力は?iPhone 12と比較して確かめてみた

iPhone 13 Proの光学3倍ズームやナイトモード(夜景撮影)の実力は?

3行で要約
  • 日中の撮影ではiPhone 13 Proと12ではほぼ変わらない。ただ、光学3倍ズームはさすがの実力
  • 夜間撮影の場合、13 Proは他のiPhoneより鮮明な写真が撮れる
  • 13 Proは他iPhoneより多くの光を取り込めるため、ナイトモードが1秒以上短い時間で撮影完了する

iPhone 12シリーズおよび13・13 miniよりも明るい広角・超広角レンズを備え、光学3倍ズームにも対応した大型望遠レンズをも搭載したiPhone 13 ProとPro Max

超広角レンズを使った最短焦点距離2cmのマクロ撮影も優秀で、目には見えないものまで見えてとても面白い。ペットや子供なんかにめちゃくちゃ寄って撮るのも楽しそう。

blank

iPhone 13 Proのマクロ撮影は最短2cmまで近付いて撮れる。使い方と写真例、注意すべきポイントを解説


この記事では、iPhone 13 Proのカメラで日中および夜間に撮影を行い、iPhone 12(mini)で撮った写真と比較。

どのような違いがあるのか、iPhone 13 Proの新型カメラの実力はどうなのか確かめてみました!


日中の写真。光学3倍ズームはさすがの実力

晴れた日中に撮影した写真で比較します。ちなみに場所は福岡の大濠公園。


まずは普通の倍率(広角レンズ)で。

iPhone 13 Proで撮った写真がこちら。

iPhone 13 Pro 日中 等倍

続いてiPhone 12 mini。

iPhone 12 mini 日中 等倍

これだけの明るさがあれば、大した違いはないように見えます。どちらも鮮明で綺麗な写真。


次に、超広角0.5倍での撮影。

iPhone 13 Proがこちら。

iPhone 13 Pro 日中 超広角0.5倍

iPhone 12 mini。

iPhone 12 mini 日中 超広角0.5倍

私の目で見る限り、十分明るい日中の撮影であれば超広角での撮影も大差ないように見えます。


おそらく大きな違いが出ると予想される、iPhone 13 Proの光学3倍ズームと、iPhone 12 miniのデジタル3倍ズーム。

↓iPhone 13 Pro 光学3倍ズーム

iPhone 13 Proの光学3倍ズーム

↓iPhone 12 mini デジタル3倍ズーム

iPhone 12 miniのデジタル3倍ズーム

ブログに掲載しているサイズだとやや違いがわかりにくいかもしれませんが、よく見るとノイズの入り方や解像度が全然違う。そりゃそうなんですが、改めてそのことを感じます。


望遠性能の違いを示すもう1枚。

↓iPhone 13 Pro 光学3倍ズーム

iPhone 13 Proの光学3倍ズーム 2枚目

↓iPhone 12 mini デジタル3倍ズーム

iPhone 12 miniのデジタル3倍ズーム 2枚目


なお、通常および超広角の撮影では、iPhone 13 Proと12 miniの違いは(少なくとも私の見た限りでは)ほとんどありませんでした。

iPhone 13 Proで撮影。

iPhone 13 Proで撮影した大濠公園

iPhone 12 miniで撮影。

iPhone 12 miniで撮影した大濠公園

夜間の写真。より鮮明な写真が短時間で撮れるナイトモード

次に、夜間の撮影。しっかり街灯がある場所なのでそれほど暗くはないですが、さすがに日中とは条件が変わってきます。


1.0倍の通常撮影。
iPhone 13 Pro、12 miniとも自動的にナイトモードが適用されますが、13 Proは1秒、12 miniは2秒とその長さに違いがありました。

iPhone 13 Pro。

iPhone 13 Proで夜間撮影

iPhone 12 mini。

iPhone 12 miniで夜間撮影

写真自体にそれほど大きな違いはありませんが、12 mniは街灯のフレームが光で潰れてしまっているのに対し、13 Proではギリギリ写っているのがわかります。


超広角(0.5×)での撮影。

iPhone 13 Pro。

iPhone 13 Pro 夜間 超広角

iPhone 12 mini。

iPhone 12 mini 夜間 超広角

2枚を比較するとiPhone 12 miniの方がやや白っぽく写っており、アスファルトの石1個1個のディテールも失われていることがわかります。

13 Proも1.0倍撮影に比べればぼんやりしていますが、12 miniよりも細かいところの情報が失われておらず、コントラストもしっかり写っている印象。
両機種の光を取り込む性能の差が現れているように思います。


iPhone 13 Proの光学3倍ズーム×ナイトモード。

露出時間が長いためさすがに速く動く被写体はぼやけてしまいますが、さすがに光学ズームだけあってかなり鮮明に撮れている。

iPhone 13 Pro 夜間 光学3倍ズーム

iPhone 12 miniのデジタル3倍ズーム×ナイトモードはこんな感じ。当たり前ながら違いは一目瞭然。

iPhone 12 mini 夜間 デジタル3倍ズーム

なお、夜間撮影の全てでiPhone 13 ProはiPhone 12 miniよりもナイトモードの撮影時間が1秒短かったのも見逃せないポイントです。


さきほどの写真より、もう少し全体的に暗い場面での撮影。

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro 夜間 2枚目

iPhone 12 mini

iPhone 12 min 夜間 2枚目

13 Proの方がノイズが少なく、光源とその周囲をより鮮明に捉えています。


iPhone 13 Pro 超広角。

iPhone 13 Pro 夜間 超広角 2枚目

iPhone 12 mini 超広角。

iPhone 12 min 夜間 超広角 2枚目

超広角撮影ではレンズの性能の違いがより顕著に写真に現れるようです。


iPhone 13 Pro 光学3倍ズーム。

iPhone 13 Pro 夜間 光学3倍ズーム 2枚目

iPhone 12 mini 夜間 デジタル3倍ズーム 2枚目

最後にひとこと

撮影前に予想されていた結果ではありましたが、特にズーム、夜間撮影において他のiPhoneよりも優れた実力を見せてくれるiPhone 13 Pro

これに加えてマクロ撮影もできるので、高価で重い難点があるとはいえカメラ性能にこだわるユーザーにとってはぜひ手に入れたい機種と言えそうです。


ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

楽天モバイルでiPhoneをチェックする

Apple Online StoreでiPhoneをチェックする


iPhone 13についてもっと知りたい方は、↓こちらから。

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの違いは?価格やサイズ・性能を比較し、オススメ機種を考えた

blank

iPhone 13 Proのマクロ撮影は最短2cmまで近付いて撮れる。使い方と写真例、注意すべきポイントを解説

blank

iPhone 13 Pro ファーストインプレッション&データ移行手順。高級感がありかっこいい、だがずっしりと重い

blank

iPhone 13 Proはリフレッシュレートが120Hzになり、より滑らかな動きに。どう変わったのか、スロモ動画で12と比較

blank

iPhone 13を買って古いiPhoneを売る場合の下取り価格は?Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルと高価買取ショップを比較

blank

フォトグラフスタイルの設定方法と使い方。iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxから利用可能

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの価格まとめ。Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの機種代金を掲載

2 COMMENTS

blank @ushigyu

たしかに私もそう思うんですが、去年購入したのがiPhone 12 miniだったのでこの2機種の比較しかできませんでした。。。12 Proとの比較を期待していた方には申し訳ないです。
来年はPro同士での比較記事をアップします……!

返信する

コメントを残す