「買ってよかったもの」まとめ記事はこちら

iPhone 13 Pro ファーストインプレッション&データ移行手順。高級感がありかっこいい、だがずっしりと重い

iPhone 13 Pro ファーストインプレッション

2021年9月24日(金)、iPhone 13シリーズ4機種(無印、mini、Pro、Pro Max)が発売されました。

私の自宅にも、当日の午前中に到着。

基本的にスマートフォンはコンパクトであってほしいのでminiがいいんですが、今回は進化したカメラの試用および後に発売されるPixel 6との比較をしたいがためにiPhone 13 Proを購入。

iPhone 11・12と選んでこなかったiPhone Proシリーズを始めて使うことになります。


この記事では、iPhone 13 Proを実際に見て・持ってみた第一印象、それにiPhone 12 miniから簡単にデータ移行する手順を紹介。


ブラックで薄いiPhone 13 Proのパッケージ

iPhone 13 Proのパッケージは、始めて見る黒ベース。これまで買ったiPhoneは白箱しか見たことなかったんですが、Proシリーズは黒箱なんですね。

iPhone 13 Proのパッケージは、始めて見る黒ベース

充電器をなくすなど内容物を減らしたことにより、箱は薄型化しています。

充電器をなくすなど内容物を減らしたことにより、箱は薄型化

blank

今後のiPhone付属品はUSB-C - Lightingケーブルのみで、電源アダプタは無し。どうやって充電する?


Proならではの三眼を備えたiPhone 13 Pro シエラブルーの登場です。

Proならではの三眼を備えたiPhone 13 Pro シエラブルーの登場

同梱されているのはUSB-C – Lightningケーブル1本のみ。イヤホンや充電器は付属していません。

同梱されているのはUSB-C - Lightningケーブル1本のみ


新色が好き、ブルー好きの私が迷うことなく選んだシエラブルー

シエラブルーのiPhone 13 Pro

背面のブルーはマットな仕上げで、強く存在感を主張する感じではなくそこはかとない青。私好み。

背面のブルーはマットな仕上げで

側面は光沢仕上げでキラキラしてますが、側面なので持った時などにチラっと見える程度。

側面は光沢仕上げでキラキラしている

iPhone 13および13 miniとの大きな違いのひとつが、広角・超広角に加えて望遠レンズを搭載していること。

iPhone 13および13 miniとの大きな違いのひとつが望遠レンズ

iPhone 13 Proでは、性能が上がったためか11 Proや12 Proに比べてレンズがかなり大きくなっているようです。


厚みも含めて、全体的にカメラ部分が大きく立派になっている印象。
昔からそうですが、怖くてとてもケースなしで使う気にはなれませんね。

厚みも含めて、全体的にカメラ部分が大きく立派になっている印象

旧iPhoneのデータをiPhone 13 Proに移行

出荷時にある程度充電されているので、電源ボタン長押しですぐに起動。

出荷時にある程度充電されているので、電源ボタン長押しですぐに起動

これまで使っていたiPhoneからデータを移行する方法はいくつかありますが、初期設定の中に出てくる「クイックスタート」がいちばん簡単でしょう。

iPhoneからデータを移行するにはクイックスタートがいちばん簡単

旧iPhoneを新iPhoneに近づけると、「新しいiPhoneを設定」という画面が出てくるはず。

旧iPhoneを新iPhoneに近づけると「新しいiPhoneを設定」画面が出てくる

新しいiPhone(今回はiPhone 13 Pro)を待機状態にしたら、旧iPhoneのカメラを青いドット柄の模様に向けます。

旧iPhoneのカメラを青いドット柄の模様に向ける

データは、iCloudから転送する方法と、iPhoneから直接転送する方法があります。
iCloudにバックアップを取っているなら前者でいいですし、後者ならバックアップの状況に関わらずに移行可能。

データは、iCloudから転送する方法と、iPhoneから直接転送する方法がある

今回は、iPhoneから直接転送する方法を選択。
データ量にもよりますが、約20分程度で終わります。

今回は、iPhoneから直接転送する方法を選択


なお、iCloudからバックアップする場合は旧iPhoneが事前にバックアップされているかどうか確認し、されていない場合はバックアップしておきましょう。

設定の一番上のメニューから「iCloud」→「iCloudバックアップ」と進めば確認可能。
定期的にバックアップしている人も、移行直前に再度作成しておいた方がいいでしょう。

iCloudでバックアップを取っておこう

今すぐiCloudバックアップを作成


しばし待てばこの通り。ほぼ完璧にデータを移行することができました。

ほぼ完璧にデータを移行完了

なお、LINEに関しては個別に移行が必要。以下の記事を参考にやってみてください。

blank

iPhoneの機種変更で、LINEをトーク履歴ごと移行する方法。Letter Sealingに注意!

iPhone 13 Proのファーストインプレッション

iPhone 13 Proの第一印象は、カラーもデザインもかっこいいそして重い。ということに尽きます。

かっこよくて重いiPhone 13 Pro

落ち着いた色の背面カラーは落ち着いた色でありつつ、側面でさりげなくアピール。三眼カメラのデザインには賛否両論あるでしょうが質感がとてもいい


一方で、とにかく重い。iPhone 13 Proは203gで、まったく同じサイズのiPhone 13(173g)より30gも重く、ずっしりと重量を感じます。密度が高い感じ。

今回のバージョンアップで進化した主な部分はカメラ性能であり、これはもはやスマートフォン機能つきカメラじゃないか?と思ってしまうほど。


iPhone 13 Proはリフレッシュレートが120Hzになり動作がより滑らかになっており、確かに言われてみればヌルヌル動いて凄い。
ですが実用上大した違いがあるわけでもないので、「おお、凄いね」以上でも以下でもないかなという感想。

人によっては「これに慣れたら戻れない」感じがあるのかもしれないですけどね。


これから暗所での撮影やズームなど試してみますし、きっと素晴らしい写真が撮れるでしょう。

ただ、この重さ大きさははたして携帯電話としてどうなのか、とは思います。

個人的にはメイン機種にするのは厳しいので、旅行など撮影機会が多いときだけ持ち歩く多機能カメラとして扱おうかなと考え中。
※元々コンパクトなスマートフォンが好きなユーザーの意見です。今のメイン機種はPixel 4a

今後もiPhone 13 Proレビューをアップしていきます

これから、暗所により強くなり光学3倍ズームを装備したiPhone 13 Proのカメラ、前世代iPhoneとリフレッシュレートの比較、フォトグラフスタイルの使い方などレビューしていく予定です。

記事も随時アップ予定ですので、今後もぜひチェックお願いします!


iPhoneのチェック、予約はこちらから


iPhone 13関連記事は以下からどうぞ。

blank

SimplismのiPhone 13 Proケースは、シエラブルーの背面を美しく見せつつ保護性能も高い。なのにリーズナブル!

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの違いは?価格やサイズ・性能を比較し、オススメ機種を考えた

blank

iPhone 13、mini、Pro、Pro Maxの価格まとめ。Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの機種代金を掲載

blank

iPhone 13を買って古いiPhoneを売る場合の下取り価格は?Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルと高価買取ショップを比較

コメントを残す