新しく発表された「Nintendo Switch 有機ELモデル」とこれまでのSwitchの違いは?比較して詳しく紹介

Nintendo Switch 有機ELモデルとこれまでのSwitchの違いは?比較して詳しく紹介
(画像は任天堂HPより引用)

突如として発表された、Nintendo Switchの有機ELモデル

6.2→7インチサイズアップした有機ELディスプレイや有線LANポート、角度を自由に調整できるスタンドといった新機能を備えています。

価格は37,980円で、これまでのNintendo Switch(税込32,768円)よりも約5,000円ほど高い。発売日は2021年10月8日。


このページでは、今回発表されたNintendo Switch(有機ELモデル)と従来のSwitchを比較し、購入や買い替えをすべきかどうか考えてみます


有機ELモデルは、従来のSwitchとどこが違うのか?

今回の有機ELモデルは、これまでの従来型Nintendo Switchと何が違うのか?まとめました。

7.0インチ有機ELディスプレイ搭載

6.2インチ液晶ディスプレイだった従来のNintendo Switchに対し、新しいモデルでは7.0インチの有機ELディスプレイを搭載

新しいモデルでは7.0インチの有機ELディスプレイを搭載

これまでより深い黒色を表現できるため、映像が全体的により鮮やかになるとのこと。

通常の液晶ディスプレイのように画面全体を照らすバックライトが存在せず、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示するディスプレイのことです。
ピクセルの発光をオフにすることで深い黒色を表現できることが特長です。黒が引き締まるため明暗差がはっきりし、ハイコントラストで鮮やかな映像を映し出すことができます。
Nintendo Switch(有機ELモデル)|任天堂


ベゼル(縁)部分をより狭くできた結果、ほとんど変わらない本体サイズでディスプレイをかなり大きくすることに成功しています。

ほとんど変わらない本体サイズでディスプレイをかなり大きくすることに成功

ちなみに、有機ELモデルでは本体は横に3mmだけ大きく、22g重くなっています。

有線LANポート搭載

有機ELモデルに付属するSwitchドックには、新たに有線LANポートが搭載されるとのこと。

従来のSwitchドックで有線接続したい場合、USB-Aポートに別途LANアダプタをつなげる必要があったので、これが必要なくなることになりますね。

Nintendo Switchに使える有線LANアダプタ

Switchの有線LAN接続方法について詳しくはこちら

blank

ニンテンドースイッチを有線LAN接続する方法と必要なアダプタ紹介。通信が安定してより遊びやすい!

自由な角度で固定できるマルチアングルなスタンド

従来のSwitchでは、本体背面のスタンドは細めでやや不安定、かつ一定の角度にしかできませんでした。

従来のSwitchでは、本体背面のスタンドは細めでやや不安定

テーブルモードでプレイする場合、本体のスタンドでは心もとなく使いにくいので専用のスタンドを購入し使っていました。

Switch用の電源アダプタを接続して使える充電スタンドもあるようです。


有機ELモデルのSwitchでは、この本体背面スタンドがリニューアル。背面下半分を使ったワイドで安定感のあるものになり、自分にとって見やすい好きな角度で固定することが可能になります。

有機ELモデルのSwitchは、マルチアングルのスタンドがついている

本体保存メモリーが32→64GBに

従来は32GBだった本体の保存データ容量が、有機ELモデルでは64GBと倍になりました。

有機ELモデルでは64GB保存できる


保存メモリーはmicroSDカードを使えば安価かつ簡単に増やせるのでそれほど大きな変化ではありませんが、容量が大きいに越したことはないですね。

私がSwitchで使っているmicroSDカード

詳しくはこちら

blank

Nintendo Switchが容量不足になったらどうする?データ整理やSDカードへの移動など解決方法をまとめた

スピーカーの音質向上

有機ELモデルのSwitchではスピーカーも新しくなり、携帯モードやテーブルモードでのプレイがよりクリアなサウンドで楽しめるようになっているとのこと。

携帯モードやテーブルモードでのプレイがよりクリアなサウンドで楽しめる

Switch、有機ELモデル、Liteを比較した表

従来のNintendo Switch、今回発表された有機ELモデル、およびNintendo Switch Liteのスペックを表にまとめました。購入検討のときの参考にどうぞ。

Nintendo Switch Nintendo Switch
(有機ELモデル)
Nintendo Switch Lite
写真
発売日 2017/3/3 2021/10/8 2019/9/20
(ザシアン・ザマゼンタは2019/11/1)
価格(税込) 32,978円 37,980円 21,978円
プレイモード TVモード
テーブルモード
携帯モード
携帯モード
遊べるソフト 全てのソフト 携帯モード対応ソフトのみ
Joy-Con 1セット付属 なし
(本体と一体化)
Switchドック あり あり
(有線LAN接続可)
なし
サイズ 102×239×13.9mm 102×242×13.9mm 91.1×208×13.9mm
重量 398g 420g 275g
データ容量 32GB 64GB 32GB
ディスプレイ 6.2インチ液晶
1280×720ピクセル
7インチ有機EL
1280×720ピクセル
5.5インチ液晶
1280×720ピクセル
バッテリー 4.5-9.0時間 3.0-7.0時間
スタンド 角度固定スタンド マルチアングル
ワイドスタンド
なし
ラインナップ ネオンブルー
・ネオンレッド

グレー
モンハンライズVer
マリオレッド
×ブルーセット

フォートナイトセット
どうぶつの森セット
など
ホワイト
ネオンブルー
・ネオンレッド
イエロー
グレー
ターコイズ
コーラル
ブルー
ザシアン・ザマゼンタ


なお、公式ページには掲載されていませんが、今回の有機ELモデルのCPU・GPUといった性能に関わる部分は従来型と変わらないとのこと。

米任天堂の広報担当者はThe Vergeに対し「Nintendo Switch(有機ELモデル)は、以前のNintendo Switchモデルから、CPUが新しくなったわけではなく、メモリがより多く積まれたというわけではありません」と答えている。
新型Nintendo Switchは、新たなCPUは搭載せずメモリの上積みもなし。海外任天堂広報が回答 | AUTOMATON

有機ELモデルのSwitchは買うべきか、買わざるべきか?

今回発表されたNintendo Switch(有機ELモデル)は、携帯モード・テーブルモード主体で遊ぶのであれば買い替える価値はあると思います。

大きく鮮やかになったディスプレイ、よりクリアなサウンド、別売りのスタンド不要で自由な角度調整ができる。

ゲーム体験もより良いものになることでしょう。


逆に、Switchドックを使ってTVモードでプレイしているユーザーにとっては、買い替える必要はまずありません

今回リニューアルされた部分はほとんどが携帯モード・テーブルモードで遊ぶユーザー向けの部分で、TVモードだと恩恵がないんですよね。

  • ディスプレイ刷新、スピーカー向上、マルチアングルスタンド → 使わないので関係ない
  • 有線LAN接続可 → 必要なら1,000円ちょいでUSBアダプタ買えばいい
  • 本体メモリー容量アップ → 必要なら1,000円ちょいでmicroSDカード買えばいい

私もほとんどTVモードでしか遊ばない上に、有線LANアダプターmicroSDカードも持っているので、今持っているSwitchが壊れでもしない限り有機ELモデルを買う予定はありません。

性能がアップして描画性能が上がったりロード時間が短くなったり、コントローラーが壊れにくくなる、などといった改善があるなら魅力的だし購入検討したいんですけどね。

今後発表されるかはわかりませんが、次世代Switchに期待しています。

予約開始日は未定

Nintendo Switch(有機ELモデル)の発売日は、2021年10月8日。
ただし、予約開始日については現在(7/7)のところ発表されていません

どの程度売れるかは未知数ですが、Nintendo Switchすら未だに品薄状態なのを考えるとしばらくは入手困難な状態が続くと予想されます。


予約可能なサイトや方法などがわかったら、このページに追記するつもりです。

予約情報がわかったら私のTwitterアカウントでもつぶやくので、よかったらフォロー or リスト追加よろしくお願いします!

コメントを残す