【レビュー】「Anker PowerCore Magnetic 5000」iPhone 12にMagSafeでくっつくモバイルバッテリー。ケーブル不要で、充電しながらでも操作がラク!

モバイルバッテリーでiPhoneを充電したいときに悩ましいのが、充電中はLightningケーブルが邪魔で使いにくいこと。

バッテリーからiPhoneに伸ばしたケーブルが引っかかって外れないように注意しながら、操作したり写真撮ったり。このわずらわしさは、多くの人が経験してきたことでしょう。


それを解決してくれるかもしれない製品が、「Anker PowerCore Magnetic 5000」。

iPhone 12シリーズ(mini、Pro、Pro Maxを含む)のMagSafe規格に対応し、背面に磁石でピタッとくっつくモバイルバッテリーです。

iPhone 12シリーズ(mini、Pro、Pro Maxを含む)のMagSafe規格に対応し、背面に磁石でピタッとくっつくモバイルバッテリー

充電用のLightningケーブルが不要なのはもちろんのこと、iPhoneに貼り付くので充電しながらの操作がラクなのもポイント。


充電している最中にもiPhoneを使いたいなら、現時点でベストの選択肢と言っても過言ではない製品です!


「Anker PowerCore Magnetic 5000」iPhone 12にMagSafeで貼り付くバッテリー

ホワイトとブルーが基調の、特徴的なAnkerのパッケージデザイン。

ホワイトとブルーが基調の、特徴的なANKERのパッケージデザイン

中身はブラックの本体に、両端USB-Cのケーブルと説明書など。

ブラックのAnker PowerCore Magnetic 5000本体に、両端USB-Cのケーブルと説明書など


Anker PowerCore Magnetic 5000のスペックは、サイズが約93 × 63 × 16mm。重さは約133g。
容量は5,000mAhで、メーカーのAnkerによるとiPhone 12 / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Maxへの満充電回数は1回未満。

Anker PowerCore Magnetic 5000のスペックは、サイズが約93 × 63 × 16mm。重さは約133g

ワイヤレス出力は最大5W、USB-Cポートからの出力は最大10W。
急速充電には対応していませんが、iPhone 12への充電であれば約3時間で最大95%まで充電可能とのこと。

ワイヤレス出力は最大5W、USB-Cポートからの出力は最大10W

側面にバッテリー残量を示すインジケータ、入力/出力ともに可能なUSB-Cポート、充電開始ボタン。

側面にバッテリー残量を示すインジケータ、入力/出力ともに可能なUSB-Cポート、充電開始ボタン

バッテリーへの充電は、USB-Cポートから行います。

バッテリーへの充電は、USB-Cポートから行う

MagSafe対応ケースの上からでもiPhoneに強く吸着。持ち上げても落ちない

さっそく、私が持っているiPhone 12 miniを充電してみました。

MagSafeのマグネットで写真の位置にピタッと貼り付きます。これは面白い。

MagSafeのマグネットで写真の位置にピタッと貼り付く

カメラをふさがないので、充電しながらの撮影もかんたん。たとえ超広角モードにしてもバッテリーが映り込むことはなかったので、その点はご安心を。

カメラをふさがないので、充電しながらの撮影もかんたん

MagSafeの円に沿ってバッテリーを回転させても、問題なく充電は可能です。
(あえてこの向きで充電することはなさそうですが)

MagSafeの円に沿ってバッテリーを回転させても、問題なく充電は可能

磁力はかなりしっかりとしており、バッテリーを持ち上げてもMagSafe対応シリコンケースを装着したiPhone 12 miniはしっかり吸着して落ちません。

磁力はかなりしっかりとしており、バッテリーを持ち上げてもiPhoneは落ちない

おそらくApple以外の市販のケースでもそれほど厚くなければ装着したままで充電可能かと思いますが、MagSafe対応ケースほど強く吸着はしないのでご注意を。

MagSafe対応iPhone 12 miniシリコーンケース – ホワイト – Apple(日本)

MagSafe対応iPhone 12 miniケースと充電器のレビューはこちら

blank

MagSafe充電器と対応シリコンケース(iPhone 12 mini用)をレビュー。iPhone 11以前の機種や他のケースでも使える?

充電しながらでもiPhoneが使いやすい!ケーブル不要で便利

Anker PowerCore Magnetic 5000の強みは、なんといっても充電しながらでもiPhoneが使いやすいこと。

充電中はもちろんバッテリー分の厚みが増えてしまいますが、十分に片手で持てる範囲内。

充電中はもちろんバッテリー分の厚みが増えてしまいますが、十分に片手で持てる範囲内

iPhoneの操作にも支障ありません。カメラもふさがれていないので、写真や動画撮影だって充電しながら問題なくできる。

iPhoneの操作にも支障ありません。カメラもふさがれていないので、写真や動画撮影だって充電しながら問題なくできる


注意点としては、それなりの重量があるので充電しながら長時間iPhoneをいじっているとちょっと腕が疲れてしまうかもしれません。

Anker PowerCore Magnetic 5000の重量は、私の実測値で132g。

Anker PowerCore Magnetic 5000の重量は、実測値で132g

MagSafe対応シリコンケースを装着したiPhone 12 miniは159g。
iPhone 12 miniの本体のみだと約133gなので、Anker PowerCore Magnetic 5000はiPhone 12 miniとほぼ同じ重さなんですね。

Anker PowerCore Magnetic 5000はiPhone 12 miniとほぼ同じ重さ

2つ合わせると291g。iPhone 12 Pro Maxですら226gなので、この重さをずっと持ち続けるのはちょっとしんどそう。
充電中は、あまり長時間iPhoneをいじらずに使うときだけ取り出すことをおすすめします。

2つ合わせると291g。iPhone 12 Pro Maxですら226gなので、この重さをずっと持ち続けるのはちょっとしんどそう

最後にひとこと

blank

充電しながらでもiPhoneが普通に使えるAnker PowerCore Magnetic 5000は、特に出張や旅先でガッツリ充電するヒマがないときなんかに重宝しそう。

ケーブルを差して充電するタイプの従来型モバイルバッテリーとは別に1個持っておきたい、そんな製品です!

コメントを残す