Kindleで「賭博黙示録カイジ」が全13巻605円で販売中!

MacのQuickTime Playerで、iPhoneに流しているストリーミング音声・動画や画面操作などを録音・録画する方法

MacのQuickTime Playerで、iPhoneに流しているストリーミングなどを録音・録画する方法

iPhoneのアプリで聴くNHKラジオ英会話をなんとか録音できないかな?と考えていろいろと調べてみたところ、MacのQuickTime Playerを使ってiPhoneで流れる音声を録音したり、画面を録画することが可能なことを発見。

アプリ上で再生したラジオ音声も、無事に録音することができました。


iPhoneにも画面録画機能はあるものの、音声や動画ファイルをMac上で管理している場合や、音声のみが必要な場合はこちらのやり方の方がラクなはず。


MacのQuickTime Playerで、iPhoneの音声を録音する

iPhoneに流れるラジオやストリーミング、アプリ等の音声を録音したい場合、MacのQuickTime Playerを立ち上げて「ファイル」→「新規オーディオ収録」と進みます。

MacのQuickTime Playerを立ち上げて「ファイル」→「新規オーディオ収録」と進む

MacとiPhoneをLightningケーブルで接続しておくと、赤いボタン横の矢印マークからマイクの選択肢にiPhoneが出てくるはず。

赤いボタン横の矢印マークからマイクの選択肢にiPhoneが出てくる

マイクの項目でiPhoneにチェックを入れたら、あとはiPhoneで音声を再生すると同時にQuickTime Playerのボタンをクリック。これで録音が始まります。
ボタン下のボリュームを上げれば、Macでも録音中の音声を確認可能。

マイクの項目でiPhoneにチェックを入れたら、あとはiPhoneで音声を再生すると同時にQuickTime Playerのボタンをクリック

録音中はボタンが赤の円マークから黒四角マーク(停止)になり、音量ゲージが音の大きさによって左右に動くのでわかりやすい。

録音中はボタンが赤の円マークから黒四角マーク(停止)になり、音量ゲージが音の大きさによって左右に動く

録音が完了したら停止ボタンでストップし、「ファイル」→「保存」、あるいはCommand + Sボタンで名前をつけて好きな場所に保存しましょう。
保存形式は.m4a(アップル独自の音声ファイル)になります。

録音が完了したら停止ボタンでストップし、「ファイル」→「保存」、あるいはCommand + Sボタンで名前をつけて好きな場所に保存

保存した音声はもちろんいつでも再生できますし、iTunesに取り込んで管理することも可能。

私の場合、ラジオ英会話のプレイリストを作ってそこから再生できるようにしています。

QuickTime Playerで、iPhoneの画面を録画する

オーディオだけでなく、MacのQuickTime PlayerでiPhoneに流れる動画や画面操作ムービーを録画することも可能。

QuickTime Playerの「ファイル」→「新規ムービー収録」をクリック。

QuickTime Playerの「ファイル」→「新規ムービー収録」をクリック

MacとiPhoneを接続し、ボタン横の矢印からiPhoneを選ぶと、Mac上にiPhoneの画面が映し出されるはず。

ボタン横の矢印からiPhoneを選ぶと、Mac上にiPhoneの画面が映し出されるはず

赤い円の描かれたボタンで録画開始、黒四角ボタンで停止。ディスプレイに映っている画面操作や動画、及び音声が記録されます。

ディスプレイに映っている画面操作や動画、及び音声が記録される


なお、Macを使わずiPhone単体でも画面の録画は可能

その方法については、以下の記事を参照ください。

iPhoneとiPadでディスプレイ上の画面操作や動画などを録画(画面収録)する方法

blank

iPhoneとiPadでディスプレイ上の画面操作や動画などを録画(画面収録)する方法

関連記事

QuickTime Playerを使えば、Macの画面録画もできる

blank

Mac標準ソフトQuickTimeで、パソコン画面を音声込みで動画録画する方法

mp4など動画の結合もかんたん

blank

MacのQuickTimeを使えば、mp4など動画の結合が簡単にできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です