Amazonタイムセール祭り開催中!

iPhoneのカメラで書類(ドキュメント)をスキャンできるアプリ6選

ちょっとした書類をシェアするのに、スマートフォンのカメラはとても便利。
気軽に撮影して、LINE等のメッセージアプリで送れば簡単です。

綺麗に残す必要がないドキュメントであれば、撮ってパソコン等に保存しておけば十分。紙の方は捨ててしまえば無駄に散らかることもないでしょう。


スマートフォンのカメラで文書を撮るなら、普通に撮るよりもスキャン機能のついたアプリを使うのがおすすめ。

斜め上から撮影しても台形補正で正面から撮ったように保存でき、写り込んだ余計な部分の削除や白黒・グレースケール・カラーの変換もかんたん。


この記事では、iPhoneのカメラを使って書類をスキャンできるアプリのうち代表的な5つを紹介します!


今回は、自宅に保存してあった防災タウンページをiPhoneアプリでスキャンしてみることにします。

自宅に保存してあった防災タウンページをiPhoneアプリでスキャンしてみることに

Apple純正メモアプリ

iPhoneにはじめから入っているメモアプリにも、実はスキャン機能がついています。

メモ
仕事効率化
無料


App


新規メモ作成画面を開き、カメラの形をしたボタンをタップして「書類をスキャン」を選択。

新規メモ作成画面を開き、カメラの形をしたボタンをタップして「書類をスキャン」を選択

するとカメラが起動し、写っているものから自動的に書類を判別して撮影してくれます。
テーブルの上など、背景と書類の境界線がわかりやすい場所で撮るのがコツ。

するとカメラが起動し、写っているものから自動的に書類を判別して撮影してくれます

台形補正の修正は、四隅付近をドラッグすればOK。
補正したい部分の真上に指を置くと修正したい部分がよく見えなくなってしまうため、以下の写真のように四隅近くの場所をドラッグすれば反応するようになっています。

台形補正の修正は、四隅付近をドラッグすればOK

カラー / グレイスケール / 白黒 / 写真のまま、と4種類のカラー補正。

カラー / グレイスケール / 白黒 / 写真のまま、と4種類のカラー補正

スキャンした文書はそのままメモアプリ内に残してもいいですし、各種アプリに連携して送信・保存することも可。

スキャンした文書はそのままメモアプリ内に残してもいいですし、各種アプリに連携して送信・保存することも可

Adobe Scan

Photoshopなど画像・動画編集ソフトメーカーのAdobeも、「Adobe Scan」というアプリでのドキュメントスキャンに特化したアプリをリリースしています。

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ
ビジネス, 仕事効率化
無料


App


まずは、GoogleかFacebook、Appleいずれかのアカウントでログイン(もしくは新規登録)。

まずは、GoogleかFacebook、Appleいずれかのアカウントでログイン(もしくは新規登録)

アプリが起動すると、自動的にカメラに写るドキュメントを認識して撮影します。
四隅や各辺の手動編集ももちろん可能。

アプリが起動すると、自動的にカメラに写るドキュメントを認識して撮影

四隅の上に指を置くと、横に動かしている部分のアップが表示される形。見やすい。

四隅の上に指を置くと、横に動かしている部分のアップが表示される形

折り目や不要なテキストなどを塗りつぶせる機能は、今回紹介するアプリの中ではAdobe Scanだけのもの。

折り目や不要なテキストなどを塗りつぶせる機能は、今回紹介する中ではAdobe Scanだけのもの

もちろん、カラーの変更や回転といった基本的な編集機能も備えています。

もちろん、カラーの変更や回転といった基本的な編集機能も備えています

撮影した文書はメールやリンク共有、その他さまざまなアプリに連携可能。JPEG画像としてカメラロールに保存することもできます。

撮影した文書はメールやリンク共有、その他さまざまなアプリに連携可能。JPEG画像としてカメラロールに保存することもできます

テキストの強調表示や注釈の追加などをしたい場合は、別アプリのAdobe Acrobat Readerで。

テキストの強調表示や注釈の追加などをしたい場合は、別アプリのAdobe Acrobat Readerで

Microsoft Office Lens

WindowsやExcel、Word、PowerPointでおなじみのMicrosoftも、iPhone用のスキャンアプリを出しています。

Microsoft Office Lens|PDF Scan
仕事効率化, ビジネス
無料


App


PDFのほか、Microsoft Office対応の拡張子などさまざまな形式で保存可能。

PDFのほか、Microsoft Office対応の拡張子などさまざまな形式で保存可能

カメラに写るドキュメントを自動的にキャプチャします。

カメラに写るドキュメントを自動的にキャプチャする

境界調整ももちろん可。

境界調整ももちろん可

カラーフィルタもこの通り。

カラーフィルタもこの通り

他アプリと異なる点のひとつが、テキストを入力可能なところ。
試してみたところ、まるでスキャンした文書にプリントされていたかのような自然なテキスト入力ができました。

他アプリと異なる点のひとつが、テキストを入力可能なところ

保存先として、フォトライブラリのほかOneDrive等のMicrosoft製ソフトなどが選べます。

保存先として、フォトライブラリのほかOneDrive等のMicrosoft製ソフトなどが選べる

ABBYY スキャンアプリ

iPhone用のスキャナーアプリとして人気のアプリの1つ「ABBYY スキャンアプリ」。

スキャンアプリ PDF: 書類スキャン
ビジネス, 仕事効率化
無料


App


硬度なスキャンや、柔軟なエクスポートができるらしい。
1年間2,300円との表示が出てきますが、少なくともカメラでスキャンするだけなら購入の必要はありません。

硬度なスキャンや、柔軟なエクスポートができるらしい

1年間2,300円との表示が出てきますが、少なくともカメラでスキャンするだけなら購入の必要はない

他のアプリと同様、カメラに写るドキュメントを自動でキャプチャします。

他のアプリと同様、カメラに写るドキュメントを自動でキャプチャします

台形補正の境界修正をしている様子。

台形補正の境界修正をしている様子

最初白黒で読み取られるためカラー原稿を読み取った場合は一瞬驚きますが、フィルターでカラーに戻せるので問題なし。

最初白黒で読み取られるためカラー原稿を読み取った場合は一瞬驚きますが、フィルターでカラーに戻せるので問題なし

スキャンした書類はアプリ内のマイ・ドキュメントに保存されます。

スキャンした書類はアプリ内のマイ・ドキュメントに保存されます

ここから、カメラロールやメール添付、各種クラウドサービス等への保存が可能。

カメラロールやメール添付、各種クラウドサービス等への保存が可能

Dropbox

クラウドストレージサービスのDropboxアプリも、実はカメラによる書類のスキャン機能を持っています。

Dropbox – バックアップ、同期、共有
仕事効率化, ユーティリティ
無料


App


ホーム画面から「作成」→「ドキュメントをスキャン」と進みます。

ホーム画面から「作成」→「ドキュメントをスキャン」と進みます

あとは他のアプリと同様。カメラが自動的に書類を認識し、そのまま撮影。

あとは他のアプリと同様。カメラが自動的に書類を認識し、そのまま撮影

最初は白黒で写りますが、元の写真がカラーならそちらに戻すことも可能です。もちろん台形の境界補正も可。

最初は白黒で写りますが、元の写真がカラーならそちらに戻すことも可能です。もちろん台形の境界補正も可

Dropboxアプリなので、保存先も基本的にDropboxのフォルダになります。ファイル形式はPDFかPNG。

Dropboxアプリなので、保存先も基本的にDropboxのフォルダになります。ファイル形式はPDFかPNG

ScanSnap Cloud

家庭用スキャナーで一番人気の機種・ScanSnapのアプリであるScanSnap Cloudでも、カメラによる文書のスキャンが可能。

ScanSnap Cloud
ユーティリティ, 仕事効率化
無料


App


アプリを開いたら、右下のカメラボタン。
カメラが起動し、写っているドキュメントを自動的に認識して撮影します。

カメラが起動し、写っているドキュメントを自動的に認識して撮影

私が試した限り他のアプリよりも背景除去の精度は高く、ほとんど余白が見当たりません。
ただし、色味の変更は不可で写ったままの画像が使われます。

私が試した限り他のアプリよりも背景除去の精度は高く、ほとんど余白が見当たらない

送信は、スキャンしたものをすべて一気に送ります。設定してある保存先に自動的に送られるので、好きなクラウドサービス等を事前に指定しておきましょう。

送信は、スキャンしたものをすべて一気に送ります。設定してある保存先に自動的に送られるので、好きなクラウドサービス等を事前に指定しておきましょう

本や大量の書類スキャンには家庭用スキャナーがおすすめ

1枚ずつをたまにスキャンする程度ならスマートフォンのカメラでも十分事足りますが、綺麗に残したい場合、あるいは本などを一気にスキャンしたい場合には家庭用スキャナーがおすすめ。

私も、家庭用スキャナーの定番・ScanSnapで紙の本の自炊(データ化)や名刺・書類のスキャン、説明書をスキャンして捨てたりとフル活用しています。

ScanSnap iX1500

ScanSnap iX1500

家から紙類がグッと減らせるのでおすすめ。


今もし家庭用スキャナーを選ぶなら、2021年1月に発売されたばかりのScanSnap iX1400iX1600の2択でしょう。

パソコンのすぐ横で利用するのでタッチパネルもワイヤレスも不要、という方はScanSnap iX1400

Wi-Fi環境で使いたい、タッチパネルもあった方がよいというユーザーはScanSnap iX1600を選ぶとよいでしょう。
スキャン速度や読み取り精度は両機とも変わりません。


ScanSnapの使い方やレビューは以下をどうぞ。

iX1600とスキャン速度以外ほぼ同じ仕様のScanSnap iX1500レビュー

blank

6年の時を経て劇的進化を遂げたScanSnap iX1500レビュー。さらに賢く、速く、使いやすく

本の「自炊」って何?という方はこちら

blank

本の「自炊」って何?なぜそれが必要?どんな方法があるの?

あとがき

blank

今回紹介したiPhoneの書類スキャンアプリは、いずれもほぼ同レベルの機能を持っています。普通のiPhoneカメラで撮るよりは格段に見やすく保存できるのは間違いないので、好みで選んでみてください!

コメントを残す