Amazonタイムセール祭り開催中!

【Kyash】クレジットカード連携のポイント還元率が1.0→0.2%に引き下げ。さすがに利用継続は厳しいか

大きな変更が相次いでいるお金のサービス、Kyash(キャッシュ)

【Kyash】クレジットカード連携のポイント還元率が1.0→0.2%に

2020年12月に、ポイントのつく上限額が月12万から5万に変更。
また、銀行口座から入金した残高に対し年利1%がつく「残高利息」もあわせて発表したものの、こちらは法律上の問題があったのか取り下げとなりました。

(参考記事:【Kyash】登録カード決済のポイントが月5万までになり、年1%の残高利息がスタート。今後得するためには100万入金して放置がおすすめ


そして2021年2月、さらなる変更についてのメールを受信。以下4点の変更が行われるとのこと。

  1. 毎月指定日に、銀行口座から指定金額の自動入金が可能に(2/4〜)
  2. クレジット・デビットカードからの指定金額入金廃止(2/4〜)
  3. ゆうちょ銀行との接続再開、住信SBIネット銀行との接続開始(2/4〜)
  4. 決済時のポイント還元率変更。決済のみに利用できる残高(クレジットカード連携含む)は1.0→0.2%

クレジットカード自動引落としでポイントを貯めていた私含む多くのユーザーにとっては、④の変更は非常に大きいもの。

この変更による影響を考察し、今後Kyashを使い続けるかどうか検討してみました。


ポイント還元率変更による影響

Kyashからのメールに添付されていた以下の表に、今回の変更内容がまとまっています。

Kyashのポイント還元率変更
(Kyashからのメール「入金機能のサービス仕様および決済時ポイント還元率の一部変更について」より引用。赤字は筆者による)


ポイント獲得を主眼においているユーザーは、既にKyash Card(以下の画像参照)を手に入れているはず。

【Kyash】登録カード決済のポイントが月5万までとなり、残高利息への年1%付与が開始。今後得するためにどうすべきか考えた

そのKyash Cardのポイント還元率が、クレジットカードやデビットカード連携の場合は2月10日より1.0→0.2%へと大幅に下がります。

ポイント還元される月あたりの利用額が5万円なので、月100ポイント・年1,200ポイントが上限。


クレジットカード払いによるポイント2重取りはまだ有効ですが、果たして月100ポイントを5万/月の上限額を気にしつつ財布のカードポケットを1つ消費してまで取りに行く価値があるのか、悩ましいところ。

発行手数料が900円かかることを考えれば、既存ユーザーはまだしも新規ユーザーはKyash Cardの発行すら躊躇するかもしれません。


なお、銀行口座からの入金であれば利用額は月12万、1,200ポイントがもらえるものの、1.0%という還元率は一般的なクレジットカードと変わらない平凡なもの。

わざわざKyashを使う理由とはなりにくいでしょう。

Kyashを使い続けるか、利用をやめるか

月2%キャッシュバック時代からKyashを使ってクレカとのポイント2重取りを享受していた私ですが、今回の変更でKyashの利用をやめようと思います。

最大月100円もらえるメリットと、財布に入れるカードが1枚増える+月5万の上限額を気にする面倒が見合わないとの判断。

これまで多くのキャッシュバックをいただきました。ありがとう、さようならKyash。
(以前発表された「残高利息」のような得するサービスが追加されたら、また戻ってくるかも)


なお、ポイント還元以外で考えられるKyashのメリットとしては、以下の4つが考えられます。

①:銀行から一定額入金し、その利用をその範囲内にして家計をコントロール

②:友人間での送金機能

③:使用履歴の即時確認

④:出費をカテゴリーごとに自動仕分け


ポイント以外でのメリットに魅力を感じるなら、もちろんKyashを使い続ける判断もあるでしょう。

最後にひとこと

blank

2%のキャッシュバック&クレジットカードとのポイント2重取り可能という「いつまで続くのか?」心配になる仕様でスタートしたKyashでしたが、さすがに厳しい(あるいは十分ユーザーを獲得した)と判断したんでしょうか。
以前発表された「残高利息」なり、何らか利用するに足るサービスが今後出てくるのを期待したいところです。

Kyash(キャッシュ)を公式ページでチェックする


コンビニ等での電子マネー払いに今一番おトクなカードはこれ

blank

セゾンパールアメックスカードは、QUICPay決済で3%還元。コンビニでの電子マネー支払いはこれで決まり!

コメントを残す