2020年の「買ってよかったもの」はこれだ!

iPhone SE(第2世代)が安く購入・運用できるのは?ワイモバイル、UQモバイルや格安SIMの機種代金と料金プランを比較

iPhone SE(第2世代)が安く購入・運用できるのは?ワイモバイル、UQモバイルや格安SIMを詳しく比較

2021年現在、最も安いiPhoneであるiPhone SE(第2世代)

iPhone 8と同じサイズで性能はアップし、非常にコストパフォーマンスの高い機種です。

iPhone SE 第2世代のレビュー

blank

第2世代iPhone SE(PRODUCT RED)レビュー。大きさはiPhone 7や8とほぼ同じ、性能は11と同等以上

現行のiPhoneの中から総合力で選ぶなら個人的にはiPhone 12 miniですが、コスト重視で普通に使えればOKならiPhone SE(第2世代)が一番おすすめ。

現行のiPhoneを詳しく比較

blank

iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxと11、SEをわかりやすく比較。オススメの機種はバランスの良いiPhone 12 mini


2021年1月時点では、Appleやドコモ・au・ソフトバンクに加えて多くの通信会社がiPhone SE 第2世代の端末セットを販売しています。

では、それぞれの通信会社でどのような特徴があり、一番安く運用できるのはどこなのか?
この記事で比較していきます。


Apple・ドコモ・au・ソフトバンクでのiPhone SE価格

まず、Appleおよびドコモ・au・ソフトバンクで購入できるiPhone SEの価格をチェックしてみましょう。

容量 64GB 128GB 256GB 割引
Apple 49,280円 54,280円 66,880円
ドコモ 57,020円 62,568円 75,240円 MNPで22,000円割引
au 55,270円 61,250円 75,215円 MNPで22,000円割引
ソフトバンク 57,600円 64,080円 78,480円 MNPで21,600円割引

※2021年1月現在


Apple公式での販売価格に比べてドコモ・au・ソフトバンクはいずれも1割強ほど高くなっていますが、MNP(乗り換え)の場合はいずれも22,000円程度割引となるため、Appleよりも安価となります。

もちろん通信契約が前提となるため、利用したいプランがあればの話ですね。

なお、2021年3月から開始となるahamo、povo、SoftBank on LINEが対象となるかどうかはまだ不明です。


Appleで購入できるiPhone SEはどの会社の回線でも使えるSIMフリーモデル

その他の3社で購入できるものはSIMロックがかかっておりそのままでは他社回線では利用できません。
SIMロック解除には101日以上の利用と3,300円(税込)が必要。

ワイモバイル

ワイモバイルのiPhone SE機種代金

ワイモバイルのiPhone SE機種代金は、計算がちょっと複雑。

機種代金に対する割引額が、MNP・新規か機種変更か、プランがSかM・Rかによって変動します。

具体的には、以下の4パターン。

  1. MNPおよび新規契約、かつプランMかRの場合:18,000円割引
  2. MNPおよび新規契約、かつプランSの場合:14,400円割引
  3. 機種変更の場合:7,200円割引
  4. ソフトバンクおよびソフトバンク回線の格安SIM(LINEモバイルなど)から乗り換え:割引なし

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルでは、ソフトバンクからの乗り換えは優遇しないどころか機種変更よりも高くなってしまいます。
「他社からの乗り換えは大歓迎だけど、ソフトバンクからの乗り換えだけはするなよ!」という意思表示を感じますね。


表にすると、以下の通り。

64GB 128GB
MNP
新規
Sプラン 43,200円 49,680円
M・Rプラン 39,600円 46,080円
機種変更 50,200円 56,880円
ソフトバンク回線 57,600円 64,080円

※2021年1月現在
※税込

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルでは、10分以内国内通話無料がデフォルトでついてくるプランでしたが、2021年2月よりこの通話無料オプションを切り離した新しい料金プランがスタートします。

2021年1月までのプラン

S M R
月額料金 2,948円 4,048円 5,148円
高速データ
通信量
3GB 10GB 14GB
通話 10分以内通話無料
(10分を超えると20円/30秒)
データ超過時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps
対応通信方式 4G

※2020年1月現在
※税込

2021年2月からの新プラン

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
高速データ
通信量
3GB 10GB 20GB
通話 20円/30秒
・10分以内無料:+770円/月
・通話完全無料:+1,870円/月
データ超過時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps
対応通信方式 4G/5G

※2020年1月現在
※税込

ワイモバイル回線があると買い物や旅行予約が超お得になる

私もワイモバイル回線を持っているんですが、そのおかげでネットショッピングや旅行予約、ふるさと納税するたびに大量のPayPayボーナスがつくので、非常に助かっています。

多くの場合、Amazonや楽天よりも遥かにおトク


具体的な内容ややり方、注意点については以下の記事にまとめていますので、興味のある方はそちらをどうぞ。

blank

ワイモバイルを契約しYahoo!ショッピング・PayPayモールで買い物すると、大量キャッシュバックがもらえて超お得

blank

ヤフープレミアム会員は、Yahoo!トラベルで旅行予約が1割引になる。ソフトバンク・ワイモバイル回線持ちでもOK

blank

Yahoo!ショッピングのふるさと納税、ソフトバンク・ワイモバユーザーなら10,000円寄付で最大1,700円キャッシュバック+返礼品

ホークスファン的には、Yahoo!プレミアムが無料でついてくるのも嬉しい。パ・リーグTV見放題ですからね。


ワイモバイルのiPhone SEページへ

UQモバイル

UQモバイルのiPhone SE機種代金

UQモバイルでも、MNP・新規契約の場合と機種変更の場合でiPhone SEの機種代金に差があります。

UQモバイルはauのサブブランドですが、「auからの乗り換えは割引対象外」という表記は見当たりませんでした。

64GB 128GB
MNP・新規 38,940円 50,820円
機種変更 43,560円 55,440円

※2020年1月現在
※税込

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルも、ワイモバイルと同様に2021年2月より新プランがスタートします。

これまではワイモバイルと同額(ワイモバイルは通話無料込み、UQはオプションとして別扱い)でしたが、2月からの新プランではほぼ同じ仕様ながら月額500円安い上にデータ繰り越しも可能

今後ワイモバイルが追随する可能性もありますが、コスパの点ではUQが一歩リードの状態となっています(2021/1/25現在)。

2021年1月までのプラン

S R
月額料金 2,178円 3,278円
高速データ
通信量
3GB 10GB
通話 20円/30秒
・10分以内無料:+770円/月
・通話完全無料:+1,870円/月
・合計60分以内定額:+550円/月
データ超過時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps
対応通信方式 4G

※2020年1月現在
※税込

2021年2月からの新プラン

くりこしS くりこしM くりこしL
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
高速データ
通信量
3GB 15GB 25GB
通話 20円/30秒
・1回10分以内無料:+770円/月
・通話完全無料:+1,870円/月
・合計60分以内定額:+550円/月
データ超過時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps
対応通信方式 4G
(5Gは2021年夏対応予定)
備考 使わなかったデータは翌月繰り越し

※2020年1月現在
※税込


UQモバイルのiPhone SEページへ

IIJmio

IIJmioのiPhone SE機種代金

IIJmioでは、iPhone SEの販売は64GBの1種類のみ。

価格はApple Online Storeと同じ49,280円(税込)となっています。

IIJmioの料金プラン

ミニマムスタート ライトスタート ファミリーシェア
月額料金 1,760円 2,442円 3,586円
高速データ
通信量
3GB 6GB 12GB
回線 docomo / au
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・誰とでも3分&家族と10分以内無料:+660円/月
・誰とでも10分&家族と30分以内無料:+913円/月
データ超過時の
通信速度
記載なし
対応通信方式 4G
備考 使わなかったデータは翌月繰り越し

※2021年1月現在
※税込


IIJmioのiPhone SEページへ

mineo

mineo(マイネオ)

mineoのiPhone SE機種代金

mineo(マイネオ)のiPhone SE機種代金は以下の通り。

64GB:51,480円
128GB:57,024円
256GB:69,168円
(いずれも税込、2021年1月現在)

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは、au・docomo・SoftBank回線のどれを選ぶかによって異なります。auが一番安くSoftBankが高い。

5G通信は220円/月のオプションプランとなっています。

500MB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
月額料金 au回線 1,441円 1,661円 2,409円 3,443円 5,049円 7,161円
docomo回線 1,540円 1,760円 2,508円 3,542円 5,148円 7,260円
SoftBank回線 1,925円 2,145円 2,893円 3,927円 5,533円 7,645円
高速データ
通信量
500MB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・1回10分以内無料:+935円/月
・月30分定額:+924円/月
・月60分定額:+1,848円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G
(5Gは220円/月のオプション)
備考 使わなかったデータは翌月繰り越し

※2021年1月現在
※税込


mineo(マイネオ)のiPhone SEページへ

BIGLOBE

BIGLOBEのiPhone SE機種代金

BIGLOBE(ビッグローブ)のiPhone SE機種代金は以下の通り。

・64GB:50,820円
・128GB:56,496円

BIGLOBEの料金プラン

1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
月額料金 1,276円 1,760円 2,365円 3,740円 5,720円 8,195円
高速データ
通信量
1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
回線 docomo / au
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で9円/30秒
・1回3分以内無料:+660円/月
・1回10分以内無料:+913円/月
・月60分以内定額:+660円/月
・月90分以内定額:+913円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G
備考 使わなかったデータは翌月繰り越し

※2021年1月現在
※税込


BIGLOBE(ビッグローブ)のiPhone SEページへ

LINEモバイル

LINEモバイルのiPhone SE機種代金

LINEモバイルでは、2021年1月27日10:59までソフトバンク回線かつ新規・MNPであれば機種代金10,000円割引のキャンペーンを開催していましたが、その効果なのか1月25日現在ではiPhone SEの全色・全容量が品切れとなってしまっているようです。


通常時の機種代金は以下の通り。

・64GB:51,480円
・128GB:56,980円

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルのプランには、LINEのデータ使用量がカウントされない「LINEデータフリー」、LINEに加えてTwitterとFacebookの通信量もゼロカウントとなる「SNSデータフリー」、さらにInstagram・LINEミュージック・Spotify・AWAもノーカウントとなる「SNS音楽データフリー」の3種類があります。

たとえ月々の高速データ通信量を使い切っても、これらのサービスに限っては快適に利用可能。

LINEデータフリー

500MB 3GB 6GB 12GB
月額料金 1,210円 1,628円 2,420円 3,520円
高速データ
通信量
500MB 3GB 6GB 12GB
回線 docomo / au / SoftBank
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・1回10分以内無料:+968円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G

※2021年1月現在
※税込

SNSデータフリー

3GB 6GB 12GB
月額料金 1,936円 2,728円 3,828円
高速データ
通信量
3GB 6GB 12GB
回線 docomo / au / SoftBank
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・1回10分以内無料:+968円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G

※2021年1月現在
※税込

SNS音楽データフリー

3GB 6GB 12GB
月額料金 2,156円 2,948円 4,048円
高速データ
通信量
3GB 6GB 12GB
回線 docomo / au / SoftBank
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・1回10分以内無料:+968円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G

※2021年1月現在
※税込

OCNモバイルONE


blank

OCNモバイルONEのiPhone SE機種代金

OCNモバイルONEのiPhone SE価格は以下の通り。

・64GB:48,730円
・128GB:54,010円
・256GB:66,550円

OCNモバイルONEの料金プラン

1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
月額料金 1,298円 1,628円 2,178円 3,168円 4,840円 6,578円
高速データ
通信量
1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
回線 docomo
通話 20円/30秒 ※専用アプリ利用で半額
・1回10分以内無料:+935円/月
・通話料上位3番号が0円:+935円/月
・10分かけ放題+トップ3かけ放題:+1,430円/月
データ超過時の
通信速度
最大200kbps
対応通信方式 4G
備考 使わなかったデータは翌月繰り越し

※2021年1月現在
※税込

ワイモバイル・UQモバイルがおすすめ(2021年1月時点)

総務省の圧力によって、ドコモ・au・ソフトバンクがそれぞれ2021年3月より大容量でリーズナブルなプランを発表。

押し出されるようにして、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイル、auのサブブランドであるUQモバイルも2021年2月からさらに安いプランを発表しました。


その結果、格安SIM会社と並ぶくらいの料金になったため、回線品質や5G対応などもあわせて考えれば大手3社を除くとワイモバイル・UQモバイルの実質2択、格安SIMを選ぶ理由がほとんどなくなってしまいました。

回線を大手3社から借りている格安SIM会社は値下げ余地があまりないため、さらに価格を下げて競争するのも厳しい。近いうちに多くの会社が淘汰される可能性すらあります。


機種代金や料金の安さで言うとUQモバイルYahoo!経済圏でお得にショッピングや旅行予約などをしたいならワイモバイルを選ぶとよいでしょう。



コメントを残す