Kindleで「賭博黙示録カイジ」が全13巻605円で販売中!

MacのTime Machineバックアップを使い、アプリを前バージョンにダウングレードする手順

私がいつもこのブログを書くのに使っているのが、MacのブログエディタMarsEdit。

先日4.4.9にバージョンアップしたところ、編集画面を開こうとするとクラッシュし落ちてしまう事態に。

前Verの4.4.8では多くのユーザーでこのクラッシュ問題が起きていたようで、4.4.9はその修正アップデートだったようなのですが、私の環境だと修正後のバージョンでも落ちてしまう状態。


MarsEditチームに修正依頼のメールはしたものの、修正完了までの間は前バージョンのMarsEditに戻すしか方法が思いつかない。
(Web版WordPressを使うこともできるが、ショートカット等々がないため面倒)

前バージョンのMarsEditをWebで探し回らないと……と思っていたときに見つけたのが、ブログ仲間のコグレさんのツイート。
コグレさんも同じ事態に陥っており、Time Machineで復元させたとのツイートがありました。

なるほど、Time Machineでアプリを普通に使えていたバージョンに戻せばそれだけでOKなのか……!
Time Machineを日頃から使っていながら全然その発想がなかったんですが、考えてみればそれが一番簡単。


実際にTime Machineを使ってアプリのダウングレードをやってみたので、その手順を紹介します!


MacのTime Machineバックアップが必須。取っていないなら今すぐ始めよう

まず前提として、Time Machineを使ってMacのバックアップが取ってある必要があります。

Time Machineを使ってMacのバックアップが取ってある必要がある

そもそもバックアップしていなかったという方は、Macのハード・ソフト故障等により大事なデータが永遠に失われてしまわないよう、今からでもTime Machineバックアップを取っておくことをおすすめします。

私の場合、バックアップ処理速度も考慮して2TBのSSDを使用中。

Sundisk(サンディスク) 2TBのMac対応SSD

もちろん、Macで使えるSSDであれば基本的には何でもOKです。

Amazon.co.jp : Mac 外付けSSDの検索結果

Mac SSD(外付けSSD)の商品一覧 – Yahoo!ショッピング

【楽天市場】Mac 外付けSSDの通販

Macアプリを前のバージョンに戻す方法

私の環境では編集画面を開こうとするとクラッシュしてしまっていた、MarsEdit Version 4.4.9。

私の環境では編集画面を開こうとするとクラッシュしてしまっていた、MarsEdit Version 4.4.9

このMarsEditを、Time Machineバックアップを使って問題なく動いていたバージョンに戻します。


アプリケーションフォルダから、Time Machineアプリを起動。

アプリケーションフォルダから、Time Machineアプリを起動

すると、バックアップ日付順に手前から奥にウィンドウがずらっと並びます。
右サイドに年月日が表示されるので、アプリの状態を戻したい日付を選んでクリック。
※27インチiMacのスクリーンショットのため、文字が見にくくてすみません

右サイドに年月日が表示されるので、アプリの状態を戻したい日付を選んでクリック

日付を選ぶと、まさにタイムマシーンに乗ったかのようにウィンドウが奥にスクロールし、当時の状態を反映したFinderが表示されます。
ここでバージョンを戻したいアプリを探し、右クリックで「◯◯◯(アプリ名).appを復元」もしくは画面下部の右側の「復元」ボタンをクリック。

バージョンを戻したいアプリを探し、右クリックで「◯◯◯(アプリ名).appを復元」もしくは画面下部の右側の「復元」ボタンをクリック

復元する場所を選びます。多くの場合は、現在アプリのある場所で上書きすることになるでしょう。

復元する場所を選ぶ

上書き確認で「置き換える」。
クラッシュするバージョンのアプリを何らかの理由で残したい場合は、「両方とも残す」なり別の場所に退避させるなりして対応してください。

上書き確認で「置き換える」

以上で、無事アプリをダウングレードし前のバージョンに戻すことができました。

無事アプリをダウングレードし前のバージョンに戻すことができた

MarsEditのクラッシュ問題はVer 4.4.10で修正済み

なお、今回題材としたMarsEditのクラッシュ問題については、Ver 4.4.10で解消済み。

ツイートするとすぐにMarsEditチームから反応があり、詳しい状況をメールで送ったところ翌日には修正バージョンがアップされていました。

迅速な対応に感謝!

Version 4.4.10 is a quick fix to address a crashing bug on macOS 10.12 and 10.13.
「MarsEdit 4 – Blog Editor」をMac App Storeで

MarsEdit 4 – Blog Editor
仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
無料


App

最後にひとこと

blank

普段は自動でバックアップをしてくれているので特に意識しないTime Machineですが、今回のようにいざというときには役立ちますね。やっぱりバックアップは超大事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です