【厳選】ぜひ使ってみてほしい「買ってよかったもの」記事はこちら

Apple M1チップ搭載Macは一部のiPhone・iPadアプリを動かせる。その方法と知っておくべきポイント

Apple公式ページでMac情報をチェック

Apple公式でMac情報を確認したい場合は、以下からどうぞ。

Apple M1チップ搭載MacBook Air

Apple M1チップ搭載MacBook Pro

Apple M1チップ搭載Mac mini

Apple独自開発のM1チップをはじめて搭載した、2020年末発売のMacBook Air、MacBook Pro、Mac Mini。

その驚くべき処理性能の高さとバッテリー持続時間については、以下の記事に書いた通りです。見た目は同じでも、中身はまったくの別次元といっていい。

blank

Apple M1搭載MacBook AirとIntelチップ版を比較。見た目は同じでもバッテリー倍以上、処理性能は4倍以上


このM1チップ搭載Macの特徴の1つが、iPhone・iPad用のiOSアプリが動くこと。

Mac上でiOSアプリを動作させることにより、さらに活用の幅が広がりそうです。


私自身もMacで動かしたいiPhone・iPadアプリがいくつかあったので、早速試してみました!


App Storeから、Macアプリと同じようにiOSアプリをダウンロード

MacでiPhone・iPadアプリをダウンロードしたい場合は、通常のMacアプリと同様にApp Storeアプリから。

試しに、左下の名前とクレジットが表示されている部分をクリックしてみましょう。

試しに、左下の名前とクレジットが表示されている部分をクリック

これまでに購入したアプリのリストが表示されるので、「iPhoneおよびiPad App」のタブを選択。

「iPhoneおよびiPad App」のタブを選択

すると、購入(ダウンロード)済みのiPhone・iPadアプリの一覧に。ここから既に使っているiOSアプリをダウンロードできます。

購入(ダウンロード)済みのiPhone・iPadアプリの一覧


もちろん、普通に検索してダウンロードすることも可能。

試しにiPhoneの英語学習アプリ「StudyNow」を検索して「iPhoneおよびiPad App」のタブに切り替えると、リストに出てきました。

iPhoneの英語学習アプリ「StudyNow」を検索して「iPhoneおよびiPad App」のタブに切り替える

blank

今度こそ続けられそう!英語学習アプリ「StudyNow」細かな工夫が素晴らしい。


アプリの説明には「iPhoneに対応しています。macOSでは検証されていません」とありました。

アプリの説明には「iPhoneに対応しています。macOSでは検証されていません」とありました

ダウンロードしてみると、他のMacアプリと同様にアプリケーションフォルダに格納。

ダウンロードしてみると、他のMacアプリと同様にアプリケーションフォルダに格納

アプリアイコンをダブルクリックすると、どの機種に合わせてあるかはわかりませんがiPhoneと同じくらいのサイズのウィンドウで起動。

ダブルクリックすると、どの機種に合わせてあるかはわかりませんがiPhoneと同じくらいのサイズのウィンドウで起動

一通り動かしてみましたが、問題なく動作しているようでした。

一通り動かしてみましたが、問題なく動作しているようでした

Macでは動かないiPhone・iPadアプリも多数。ちょっと残念

「Apple M1搭載MacではiPhone・iPadアプリが動く」と聞き、いろいろなアプリをダウンロードしようと探してみたのですが、正直私がMacで利用したいアプリのほとんどがダウンロード不可でした。

というのも、Macでもダウンロード可能にするかどうかはiOSアプリ開発元に委ねられているらしく、有名アプリの多くが「不可」に設定されているようなのです。

例えばGoogle Mapアプリを検索しても、検索結果には表示されません。

例えばGoogle Mapアプリを検索しても、検索結果には表示されない

他にも、私が試したところではTwitter、Facebook、Nintendo Switch Online、メルカリ、UberEats、スポーツナビ、i文庫HDは検索結果に出てこず。


デフォルトでオフになっているからなのか、多くの開発者がNGにしているのか。

Mac版を別に販売していたり、携帯端末でないとうまく動かないのであればわかりますが、そういったアプリに限らずDLできないアプリの方が圧倒的に多い印象。

iPhone・iPadアプリが使えればMacの活躍の幅がさらに大きく広がるぞ……!とワクワクしていたので、これには正直かなりガッカリしています。


iPhone・iPadアプリがM1搭載Macでも動作するかどうかは、App Storeの「互換性」の項目でチェック可能。

対応しているアプリにはMacの欄があるものの、そうでないアプリにはMacの記載がありません。

対応しているアプリにはMacの欄があるものの、そうでないアプリにはMacの記載がありません

あとがき

まだApple M1搭載のMacは発売されたばかり。iPhone・iPadアプリも、その多くが今後Macに対応してくれると信じています。

ただし2020年11月27日の現時点だと、Macで動かせるiPhone・iPadアプリの割合は非常に少ないのが現実。過度な期待はせず、今後の対応を待ちましょう。


2020年11月時点でApple M1チップを搭載しているのは、今回紹介したMacBook Airに加えてMacBook Pro、Mac Miniの3機種です。

Apple M1チップ搭載Macラインナップ

Apple M1チップ搭載MacBook Air

Apple M1チップ搭載MacBook Pro

Apple M1チップ搭載Mac mini

コメントを残す