iPhone 12、mini、Pro、Pro Maxを他モデルと徹底比較!

【3分でわかる】新しいiPhone 12はmini、Pro、Pro Maxと合わせて4種類。HomePod miniも発表

新しいiPhone 12はmini、Pro、Pro Maxと合わせて4種類

2020年10月14日午前2:00(現地時間10/13 10:00)より、アップルの新製品発表動画が全世界に配信されました。


メインは、なんといっても新しいiPhone 12

今回のiPhone 12シリーズはすべて5Gネットワークに対応。
耐落下性能が4倍向上し割れにくくなったほか、カメラ性能も進化。超広角でもナイトモードが使えるようになりました。

iPhone 12と同じ性能でコンパクトなiPhone 12 miniもラインアップに登場。


iPhone 12 Proは、さらに進化したトリプルレンズを搭載。5倍光学ズーム、Apple ProRAWでRAWデータの撮影・編集まで可能となり、主にカメラ性能がプロユースのiPhoneとなりました。

また、Pro MaxはPro以上のカメラ性能を備えています。


この記事では、通勤中などに3分でわかるように今回のiPhone 12シリーズおよびHomePod miniの発表内容をまとめました!


HomePod mini

・メロンのような見た目と形のHomePod miniが登場。上部にタッチ部分があり、呼びかけられると光る

メロンのような見た目と形のHomePod miniが登場

・コンピュテーショナルオーディオで、このサイズとは思えない音響を実現

・S5チップ搭載

・2個配置すれば、自動的に認識してステレオのペアとして動作

・iPhoneを近づけると、まるで物理的に接続したかのように認識する

iPhoneを近づけると、まるで物理的に接続したかのように認識する

・Apple Music、ポッドキャストに加えAmazon等とも連携

・家族それぞれの声を認識し、たとえばSiriによるスケジュールの読み上げなどをパーソナルに使い分ける

・スマートホームに対応

・複数のHome Pod同士でボイスメッセージを送り合える(インターコム)。iPhoneには通知が送れる

・カラーはホワイト、スペースグレイの2色

・価格は10,800円(税別)。11/6注文開始、11/16発売

Apple HomePod mini

iPhone 12

・iPhone 12シリーズは、全て次世代ネットワークの5Gに対応

iPhone 12シリーズは、全て次世代ネットワークの5Gに対応

・iPhone 11と比べると、やや角ばってシームレスなデザイン

iPhone 11と比べると、やや角ばってシームレスなデザイン

・カラーはブラック、ホワイト、PRODUCT RED、グリーン、ブルー

カラーはブラック、ホワイト、PRODUCT RED、グリーン、ブルー

・6.1インチのSuper Retina XDRディスプレイ搭載

・iPhone 11よりも11%薄く、15%体積が小さく、16%軽い

・iPhone 11に比べてピクセル数が倍になり、コントラストも美しく

・前面がCeramic Shield(セラミックシールド)となり、耐落下性能が4倍改善

前面がCeramic Shield(セラミックシールド)となり、耐落下性能が4倍改善

・5Gと4Gを状況に応じて自動で切り替えるスマートデータモードに対応

・スマートフォンで最速のA14 Bionicチップ搭載

スマートフォンで最速のA14 Bionicチップ搭載

・f/1.6の広角、f/2.4の超広角レンズのデュアルカメラ。スマートHDR 3に対応

・超広角カメラ、フロントカメラ(自撮りカメラ)でもナイトモードが使える

・ビデオ撮影も進化。ナイトモードタイムラプスや、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影が可能に

・新しいMagSafe for iPhoneに対応。背面にくっつく充電器やアクセサリが利用できる

新しいMagSafe for iPhone

背面にくっつく充電器やアクセサリが利用できる

・電源アダプタとEarPodsの同梱をやめ、箱が薄くなった。USB-C-Lightningケーブルのみ同梱
  ※iPhone 12に限らず全てのiPhoneで

電源アダプタとEarPodsの同梱をやめ、箱が薄くなった

USB-C-Lightningケーブルのみ同梱

・価格は64GBモデルが85,800円、128GBモデルが90,800円、256GBモデルが101,800円(いずれも税別)

・予約は10月16日の午後9時から。発売は10月23日

iPhone 12 mini

・iPhone 12とまったく同じ機能・性能を持ち、より小型なiPhone 12 miniを発表

iPhone 12とまったく同じ機能・性能を持ち、より小型なiPhone 12 miniを発表

・5.4インチディスプレイを備えつつ、iPhone 8やSE第2世代より小さく軽い

5.4インチディスプレイを備えつつ、iPhone 8やSE第2世代より小さく軽い

・価格は64GBモデルが74,800円、128GBモデルが79,800円、256GBモデルが90,800円(いずれも税別)

・予約開始は11月6日、発売は11月13日

Apple iPhone 12

iPhone 12 ProとPro Max

・望遠レンズ含めたトリプルカメラを搭載した、iPhone 12 ProおよびPro Maxを発表

望遠レンズ含めたトリプルカメラを搭載した、iPhone 12 ProおよびPro Maxを発表

・シルバー、グラファイト(スペースグレイっぽい色)、ゴールド、パシフィックブルーの4色。ゴールドは今までのものよりさらに美しくなっている

シルバー、グラファイト(スペースグレイっぽい色)、ゴールド、パシフィックブルーの4色

ゴールドは今までのものよりさらに美しくなっている

・iPhone 12と同様にセラミックシールド、最高クラスの防水防塵性能(水深6メートルで30分間)、MagSafe対応

・6.1インチのSupre Retina XDRディスプレイ。Pro Maxは6.7インチ

・f/2.4の超広角、f/1.6の広角、そしてf/2.0の望遠カメラを搭載。2倍の光学ズームが可能で、4倍の光学ズームレンジを持つ。Pro Maxは2.5倍光学ズーム、5倍の光学ズームレンジ

f/2.4の超広角、f/1.6の広角、そしてf/2.0の望遠カメラを搭載

・年末までのアップデートで、「Apple ProRAW」というRAW形式での撮影が可能に

年末までのアップデートで、「Apple ProRAW」というRAW形式での撮影が可能に

・最大60fpsのDolby Vision対応HDRビデオ撮影(iPhone 12は最大30fpsまで)。編集もiPhone上でできる

・深度計測のLiDARスキャナ搭載。仮想現実アプリがより使いやすくなるほか、暗い場所などでのカメラのピント合わせもよりスムーズに

・iPhone 12 Proは128GBモデルが106,800円、256GBが117,800円、512GBが139,800円。10/16に予約開始、発売は10/23

・iPhone 12 Pro Maxは128GBモデルが117,800円、256GB128,800円、512GBが150,800円。11/6に予約開始、発売は11/13

Apple iPhone 12 Pro

あとがき

iPhoneは、ついに同じ世代で4モデルが併売される時代になりました。ProとPro Maxのカメラスペックが少しだけ違うというのも、こだわる人は知っておきたいところ。

これまでのモデルで引き続き販売されるのは、iPhone SE(第2世代)とiPhone XR、iPhone 11です。

これまでのモデルで引き続き販売されるのは、iPhone SE(第2世代)とiPhone XR、iPhone 11

個人的には小さいスマートフォンが好きなので、iPhone 12 miniのブルーを狙おうかなと思っています。
ただ、発売日がiPhone 12とProが10/23、miniとPro Maxが11/13と20日ほど遅れるのがなあ。。。


今回のiPhone 12シリーズは全てFace ID機種であり、Touch IDやiPad Airにあったような電源ボタンでの指紋認証が搭載されなかったのも個人的には残念ポイント。

とはいえ、今回のiPhone発表はコンパクトにまとまっていて内容も濃くとても好印象でした。


カラーも含めて豊富なラインナップになったiPhone 12シリーズ。
機種変更を考えている方は、どの機種・カラーにするか今から悩ましいですね。