私が厳選した「買ってよかったもの」ベストセレクションはこちら!

【3分でわかる】Apple独自CPU搭載Mac、ホーム画面がより自由にカスタムできるiOS 14、手書き文字を認識するiPadOS 14など、WWDC2020でのApple発表まとめ

WWDC2020

毎年6月に開催される、Appleの開発者向けカンファレンスWWDC(Worldwide Developers Conference)

新しいソフトウェアや時にハードウェアも発表される最初のKeynoteが、今年も日本時間6/23 2:00に公開されました。


通常はティム・クックをはじめとするAppleのメンバーが壇上で発表するんですが、今年は新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの録画された動画の公開。

事前録画ならではの演出やわかりやすく凝縮した内容もあり、いずれにしろ会場におらずオンラインで視聴している身としてはこれまでの中でも屈指の質の高いKeynoteだったなという印象です。

コロナ禍が収まっても、発表のたびに今回のようなムービー公開してくれると嬉しいなあ。
少なくとも秋のiPhone発表くらいまではこの形になるだろうし、今から楽しみ。


今回はソフトウェアエンジニア向けの発表ということでiPhone・iPad・Mac新機種の発表はありませんでしたが、今後のMac(ひいてはiPhone、iPad)に関して重要な発表がありました。

もちろん、今年の新しいiOS 14やiPad OS 14などApple製品のOSに関する発表もてんこ盛り。


通勤中などに3分でわかるよう、今回もまとめてみました!


iOS 14(iPhone)

・アプリを自動整理する機能を搭載。「オススメ」「ABC順」「カテゴリー」「最近使ったアプリ」といった軸でかんたんに探せる。よく使うページ以外を非表示にもできる

アプリが自動で整理される

アプリが自動で整理される

あまり使わない画面は非表示にできる

あまり使わない画面は非表示にできる

・ウィジェットをホーム画面にも設置可能に。天気やスケジュールなど、アプリによってさまざまな情報が確認できる

スケジュールや天気など、ウィジェットでホーム画面をカスタマイズ

スケジュールや天気など、ウィジェットでホーム画面をカスタマイズ

アプリのウィジェットを使い、Androidのように自由なホーム画面がiPhoneでも利用可能に。後追いといえばそうですが、Androidのアドバンテージを1つ奪うという面も。

・ピクチャーインピクチャー:動画を再生しながら別のアプリを使う、といったことが可能に

動画を見ながら他の操作

動画を見ながら他の操作

・Siri利用時、全画面を占領するのではなく通知等で出てくるように

Siriが画面を占領しない

Siriが画面を占領しない

・オフラインで会話を通訳してくれるアプリを新たに搭載

オフラインでも動作する会話翻訳アプリ

オフラインでも動作する会話翻訳アプリ

ちょっと凄そうだなと思ったのがこのオンライン翻訳アプリ。精度次第ではありますが、外国の方との会話もこれでかなりスムーズになるかも……?

・メッセージアプリ、ピン機能やミー文字の充実、グループ会話でのリプライやスレッド表示などが追加

・マップアプリ、おすすめスポットのレコメンドや地球に優しい移動方法の提示、自転車ルートの案内、電気自動車でのルート案内など追加
※日本での追加は未確認

・CarPlay、iPhoneを使い鍵がなくてもロック解除が可能に。メッセージで家族などに鍵を送信することもできる

・ショップ等に対応したアプリをわざわざインストールしなくても、コードやNFCを読み込むだけで支払い等の機能が使えるApp Clipを搭載。支払いにはApple Payを使うのでログインも不要

iPadOS 14

・写真、メモ、ファイル、ミュージックなど多くのApple製アプリにサイドバーが追加され、さまざまな操作が可能に。ドラッグ&ドロップにも対応

サイドバーやドラッグ&ドロップに対応

サイドバーやドラッグ&ドロップに対応

・Siriや着信はこれまで全画面表示となっていたところ、ポップアップや通知など必要に応じたサイズ・方法に変更。

・検索については、MacのSpotlightのように検索窓のみ表示される形に変更。ウェブ検索はもちろんアプリやファイルを直接起動するランチャーとしても使える

・Apple Pencilの手書き文字を認識し、テキスト化。コピーしたり色の変更などの操作が可能に。Apple Pencilを手放さなくても、テキストフィールドに手書き入力してそのまま検索したりもできる。ほかには手書きの電話番号や住所のほか、中国語も認識。

手書き文字を認識し、コピー&ペーストなどの操作が可能に

手書き文字を認識し、コピー&ペーストなどの操作が可能に

iPadとApple Pencilでメモを取ったり絵を描いたりしている人にはかなりの朗報となりそう。どのくらいの精度があるのか、日本語に対応するのかが知りたいところ。

AirPods

・iPhone、iPad、Macといったデバイス間を、手に取ったものに自動でシームレスに切り替えてくれる

・AirPods Proに空間オーディオを搭載し、映画館のようなリアルなサラウンド効果を実現。頭の向きやデバイスの向きを自動で判別し、音の聞こえてくる方向を自動調整

よりリアルなサラウンド効果が得られるAirPods Pro

よりリアルなサラウンド効果が得られるAirPods Pro

AirPods Proユーザーにはかなり気になる機能ですね。映画鑑賞が捗りそう。私はカナル型が耳に合わないので使えないんですよね、残念。。。

watchOS 7

・多くの文字盤を追加。文字盤はウェブサイトからダウンロードしたり、メッセージ等で共有することも可能に

・マップがサイクリングに対応、高低差を認識しナビも可能
※日本での対応は不明

・さまざまなダンスなどの運動量計測に対応。腕の動きや心拍数などで正確に計測。iPhoneアプリでアクティビティの履歴やトレンドも見られるように。アプリ名が「アクティビティ」から「フィットネス」に

・睡眠時間を設定すると、自動的にスリープモードで暗くシンプルな文字盤に。就寝準備ルーチンを設定しておけば、iPhoneと連動して瞑想や音楽といったアプリの実行を促してくれる。おとなしめだったり振動によるアラームにも対応

就寝前のルーチンを、Apple WatchとiPhoneで

就寝前のルーチンを、Apple WatchとiPhoneで

・手の動きを識別し、手洗い時間を自動計測。音とカウントダウンを使って通知し、時間が不足していると洗い続けるようにアラート

手洗いを自動認識し、十分な時間をかけるよう促す

手洗いを自動認識し、十分な時間をかけるよう促す

新型コロナへの対応として、手洗い時間の計測機能が搭載されることに。操作しなくとも、手の動きを自動判別して起動してくれるのがいいですね。

Homeアプリ

・ライトを自動でその時間に応じた光に調整

・カメラは自動的に監視エリアを設定し、その内部に入ってきた人間のみ判別。自動で顔認識。Apple TVで映像を見ることも可能

敷地エリアに入って来た人の顔を認識し判別

敷地エリアに入って来た人の顔を認識し判別

Apple TV

・iOS 14などと同様、ムービーを見ながら別の操作をするといった並行動作が可能に。

・アイザック・アシモフ「Foundation」など、Apple TV+のオリジナル作品が充実

macOS Big Sur

・アイコンやバーなど、デザインを全面的に見直し。ツールバーは半透明に。アプリにも大幅なデザイン変更が適用される

デザインが一新されるmacOS Big Sur

デザインが一新されるmacOS Big Sur

次世代のmacOS Big Surには大幅なデザイン変更が入るとのこと。デザインもいいけど、Catalinaで多発していたバグをまずしっかり直しておいてほしい。。

・iPhoneやiPadのコントロールセンターをMacにも搭載。輝度や音量の変更、ナイトシフトへの変更なども簡単に

・メッセージ、マップアプリなどもiOSと同様に進化

・Safariの速度がさらに向上し、Chromeより50%速く。さらに省電力化。

・Safari機能拡張がApp Storeからダウンロード可能に。1日のみ利用、特定ページ限定で利用なども可

Chromeは便利ですがちょいちょい遅くなるのがネックなので、これを機にまたSafari使い始めてみようかなあ

・そのほか、Safariではスタートページのカスタマイズ、ページによるプライバシートラッキング内容の表示、より見やすいタブ、翻訳機能なども紹介された

高速化やセキュリティも強化が図られたSafari

高速化やセキュリティも強化が図られたSafari

Appleシリコン(独自CPU)

・2020年末より、Appleが独自に開発したシリコン(CPU)を搭載したMacの出荷を開始。大幅な性能アップと省電力化が見込まれている

Apple製のCPUを備えたMacが2020年内に登場

Apple製のCPUを備えたMacが2020年内に登場

Apple独自CPUを、2020年末のMacより搭載すると発表。Intel製からの大きな転換となります。

・macOS Big SurのApple製アプリはすべてAppleシリコン対応。Final Cut Pro、Logic Pro、WordやExcelなども対応

・Appleシリコン搭載Macなら、App StoreからiPhoneやiPadのアプリをダウンロードして動かせる

Appleシリコン搭載Macでは、iPhoneやiPadのアプリが動く

Appleシリコン搭載Macでは、iPhoneやiPadのアプリが動く

なんと、Appleシリコン搭載のMacならiPhoneやiPadのアプリが動かせるとのこと。充実したiPhone・iPadアプリをMacで使えるとなると、場合によっては利便性が大きくアップしそう……!

・2020年末からの2年計画で移行を進めていくが、今年中にまだIntel版Macの発売も予定している

あとがき

個人的に気になるのは、iOS 14のホーム画面ウィジェットとオフライン翻訳アプリ。それに、年末に出るというAppleシリコン搭載Macがどんなものになるのかも興味があります。

MacでiPhoneやiPadのアプリが動くとなると、使い勝手が大きく変わるかもしれませんね。例えばTo Do管理とかスケジュール管理、タイマーなどMacアプリではあまりカバーできていない分野の優れたアプリがたくさんあるし。


今回発表されたOSの正式リリースは今秋。それまで楽しみに待ちましょう!