iPhone 12、mini、Pro、Pro Maxを他モデルと徹底比較!

楽天モバイルeSIMの申し込み(or 再発行)とiPhone XS・Pixel 4での設定方法。オンラインで即時発行、一年無料キャンペーン中!

楽天モバイルeSIMの申し込み(or 再発行)とiPhone XS・Pixel 4での設定方法

2020年5月現在、先着300万名限定で一年間無料キャンペーン中の楽天モバイル UN-LIMIT2.0

私もすぐに申し込み、今のところ快適に利用できています。
初期費用のみで一年無料はやっぱりありがたいし、パートナー回線エリアでも5GB/月使える上にデータ超過後も最大1Mbpsとそれなりに使えるのがいい。

↓楽天モバイルUN-LIMITについて詳しくはこちら

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」iPhoneとPixelで通話・通信ができたので設定方法を紹介。1年無料キャンペーン中!

気に入らなければいつでも解約可能で、解約手数料もかかりません。


前回の記事ではnanoSIMカードを実際にセットして設定しましたが、楽天モバイルでは物理カードを使わないeSIMも利用可能。

eSIMの対応機種は限られるものの、申し込んですぐに利用できるほか物理カードとのデュアルSIM(2つの回線をいつでも切り替えて利用可)もできるなど利便性が高いのが特徴です。


Pixel 4(Android)とiPhone XSで実際にeSIMの設定をやってみたので、その手順を紹介!


楽天モバイル申し込み時にeSIMを選ぶ、もしくは再発行する

2020年5月現在、楽天モバイルeSIMが公式に対応しているのはRakuten Miniのみ。

私が確認した限りではiPhone(XS以降)やPixel 4でも通話・通信できたものの、今のところ非公式なので自己責任でお願いします。


楽天モバイル申し込みの際に、SIMカードのタイプをnanoSIMかeSIMから選べます。

⇒ 楽天モバイル公式サイトでRakuten UN-LIMITをチェックしてみる

デフォルトではnanoSIMが選択されているので、eSIMにしたい場合は忘れずに切り替えておきましょう。

楽天モバイル申し込みの際に、SIMカードのタイプをnanoSIMかeSIMから選べる

SIM再発行する場合は、my楽天モバイルアプリ下メニューの「契約プラン」から、「各種手続き」をタップ。

my楽天モバイルアプリ下メニューの「契約プラン」から、「各種手続き」をタップ

「SIMカード交換」から「eSIM」を選択し、再発行を申請。

「SIMカード交換」から「eSIM」を選択し、再発行を申請

無料モニター時に申し込んだユーザーは無料との情報もありますが、正式サービス開始後に利用登録した人(私含む)はSIM再発行手数料として税込3,300円かかります。

正式サービス開始後に利用登録した人(私含む)はSIM再発行手数料として税込3,300円かかる


申し込みが完了すると、数分程度で「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」という件名のメールが届くので、再度my楽天モバイルを開きます。

右上のメニューボタンから「申し込み履歴」をタップ。

右上のメニューボタンから「申し込み履歴」をタップ

最新の申し込み履歴に「eSIMプロファイルのダウンロード準備完了」と記載されたものがあるはずなので選択。
すると「楽天回線の開通手続きを行う」ボタンが表示されるので、これを押しましょう。

「楽天回線の開通手続きを行う」ボタンが表示されるので、これを押す

Rakuten Miniの場合はすぐにSIMのインストールが始まる一方、それ以外の機種の場合はQRコードが表示されます。

Rakuten Miniの場合はすぐにSIMのインストールが始まる一方、それ以外の機種の場合はQRコードが表示される

Rakuten Mini以外のAndroidやiPhone機種をセットアップしたい場合、このQRコードをカメラで写して設定することになります。

Pixel 4(Android)での楽天モバイルeSIM設定

Pixel 4(およびほとんどのeSIM対応Android機種)の場合の設定方法を紹介。


設定の「ネットワークとインターネット」から「モバイルネットワーク」横のプラスボタンをタップ。

設定の「ネットワークとインターネット」から「モバイルネットワーク」横のプラスボタンをタップ

今回は物理的なSIMカードを利用しないため、「代わりにSIMをダウンロードしますか?(eSIMを使用して番号を追加)」から進めていきます。

今回は物理的なSIMカードを利用しないため、「代わりにSIMをダウンロードしますか?(eSIMを使用して番号を追加)」から進めていく

my楽天モバイルで表示させたQRコードをスキャンします。
他のスマートフォンやパソコンで映したものでも、プリントしてもなんでもOK。

my楽天モバイルで表示させたQRコードをスキャン

どうしてもQRコードの読み込みが難しい場合は、スキャン画面のヘルプ→自分で入力から手動入力が可能。
入力するためのコードは、QRコードのスクリーンショットを撮影しGoogleレンズを使って「テキストをコピー」で取得できます。

どうしてもQRコードの読み込みが難しい場合は、スキャン画面のヘルプ→自分で入力から手動入力が可能

コピーしたものを手動入力画面でペーストすればOK。
ただし、結構面倒なのでなるべくQRコード読み込みを推奨します。

コピーしたものを手動入力画面でペーストすればOK


eSIMをインストールしたら、電話アプリで「*#*#4636#*#*」と入力し、テスト設定から「携帯電話情報」をタップ。

電話アプリで「*#*#4636#*#*」と入力し、テスト設定から「携帯電話情報」をタップ

「有線ネットワークの種類を設定」で「LTE only」を選びます。

「有線ネットワークの種類を設定」で「LTE only」を選ぶ

再起動すると、Rakutenのモバイルネットワークにつながっているはず。

再起動すると、Rakutenのモバイルネットワークにつながっているはず


SIMカードとeSIMの2つを同じスマートフォン(ここではPixel 4)に入れた場合、通話・SMS・モバイルデータのそれぞれでどちらのネットワークを利用するか選択できます。

設定の「ネットワークとインターネット」を選ぶと、2つの回線が表示されているはず。
「通話の設定」「SMSの設定」「モバイルデータ」から、それぞれ使いたいどちらかの回線を選択しておきましょう。

「通話の設定」「SMSの設定」「モバイルデータ」から、それぞれ使いたいどちらかの回線を選択

Pixel 4は楽天モバイル公式では対応機種に含まれませんが、私が試した限りパートナーエリアでも通話、通信さらにSMS認証も成功しました。

Pixel 4は楽天モバイル公式では対応機種に含まれませんが、私が試した限りパートナーエリアでも通話、通信さらにSMS認証も成功

SMS認証は、国内かけ放題の通話にも使うRakuten Linkアプリで。

認証が成功すれば3,000ポイント+申し込み時の事務手数料分3,300ポイント、合計6,300ポイントがもらえます!

▼契約するとボーナス3,000ポイント

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」をWebでご契約後、「Rakuten Link」をご利用いただいた方に、以下の特典を適用します。
※楽天ポイント3,000ポイントをプレゼント

以下の条件を全て満たした楽天会員の方

オンラインで2020年6月30日(火)23:59までに「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み
-「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込みし、2020年7月31日(金)23:59までに開通
-「Rakuten UN-LIMIT」に他社からの乗り換え(MNP)でお申し込みし、2020年7月31日(金)23:59までに開通
-「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込みし、2020年7月31日(金)23:59までに開通
-「Rakuten UN-LIMIT」に無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からプラン変更のお申し込み
2020年8月31日(月)23:59までに「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証が完了)を実施
【Rakuten UN-LIMITオンラインお申し込みキャンペーン】オンライン契約で3,000ポイントプレゼント | 楽天モバイル


▼先着300万名まで、事務手数料(税込3,300円)をポイントキャッシュバック

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」をご契約後、「Rakuten Link」をご利用いただいた方に、以下の特典を適用します。

※楽天ポイント3,300ポイントをプレゼント

以下の条件を全て満たした楽天会員の方

「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み後、開通日の翌月末までに「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証が完了)を実施
-「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
-「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
-「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込み
『【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】プラン料金1年間無料』の特典対象者
【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】事務手数料3,300円分ポイントプレゼント | 楽天モバイル

iPhone XSでの楽天モバイルeSIM設定

iPhoneのeSIM対応機種(XS以降)での楽天モバイルeSIM設定手順を紹介。

以下、手持ちのiPhone XSでの設定例です。


設定の「一般」→「プロファイル」に以前使っていたSIMのプロファイルが残っていないか、事前に確認しておきましょう。

設定の「一般」→「プロファイル」に以前使っていたSIMのプロファイルが残っていないか、事前に確認

残っていた場合は、プロファイルを削除。

残っていた場合は、プロファイルを削除

また、iOSのバージョンも最新にしておくことをおすすめします。
「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から更新可能。


以上の確認を終えたら「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」と進みます。

以上の確認を終えたら「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」と進む

カメラが起動するので、前述のmy楽天モバイルで表示した設定用QRコードを読み込み。

カメラが起動するので、前述のmy楽天モバイルのQRコードを読み込み

正しく読み込めると、モバイル通信プランがiPhoneに追加されるはずです。


続いて、設定の「モバイル通信」から楽天モバイルの設定(多くの場合は「主回線」)に移動。

設定の「モバイル通信」から楽天モバイルの設定(多くの場合は「主回線」)に移ります

「ネットワーク選択」をタップし、自動スイッチをオフにして「Rakuten」を選びます。

「ネットワーク選択」をタップし、自動スイッチをオフにして「Rakuten」を選ぶ

ここまで設定して再起動すると、通信ができるようになっているはず。


さらに音声通話も可能にするには、「モバイル通信」から楽天モバイル回線を選び、「音声通話とデータ」を選択。

音声通話も可能にするには、「モバイル通信」から楽天モバイル回線を選び、「音声通話とデータ」を選択

「LTE, VoLTEオン」を選んで設定完了。

「LTE, VoLTEオン」を選んで設定完了

あとは再起動すれば、電話をかけることができるはず。試してみてください。

ただし、この場合はRakuten Linkアプリを介していない通常の通話となるため、国内かけ放題の対象外。
通常の通話料金(20円/30秒)がかかるのでご注意を。


私の住む福岡はau回線のパートナーエリアではあるものの、左上にRakuten、右上にはLTEの文字とアンテナ。
問題なく通話・通信できるようになりました。


iPhoneの場合、Android専用アプリであるRakuten Linkが使えないためSMS認証はいずれにしても不可能。
よって、ポイント還元キャンペーンの対象とはなりませんので注意。

ただ、初期費用のみの一年無料で楽天回線エリアなら無制限、パートナーエリアなら5GB/月の通信ができると思えばコストパフォーマンスはかなり高いと思います。

あとがき

繰り返しになりますが、現時点でiPhoneやPixelシリーズは楽天モバイルUN-LIMITの対応機種に含まれていません。

私自身が通話や通信を確認したのは事実ですが、あくまでも自己責任で。


パートナーであるauの通信エリアが5GB/月使えるとはいえ、やはりUN-LIMITプランで使い放題の楽天回線エリアで利用できるのが理想。

独自回線の楽天モバイルはまだスタートしたばかりなので、今後通信網や対応機種の広がりに期待したいところですね。


Rakuten UN-LIMITの一年無料キャンペーンは先着300万名までとのことなので、興味のある方はお早めに!

⇒ 楽天モバイル公式サイトでRakuten UN-LIMITをチェックしてみる


↓楽天モバイル対応端末ならRakuten Miniがおすすめ

「Rakuten Mini(ラクテンミニ)」の外観レビューと初期設定手順。安価で軽量コンパクトな3.6インチスマホ!

↓Rakuten Miniの良いところ、イマイチな点のまとめ

楽天モバイルの超小型スマホ・Rakuten Miniの良い点やイマイチな点、カメラ性能レビュー。ポイントももらえる!

コメントを残す