私が厳選した「買ってよかったもの」ベストはこれ!

こんな時だからこそ、献血に行ってきた。外出自粛中でも血液を必要としている患者さんが減るわけじゃないし。

こんな時だからこそ、献血に行ってきた

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続いている今日この頃。

首都圏の4都県(東京・神奈川・埼玉・千葉)、近畿の2府県(大阪・兵庫)、福岡県を対象に緊急事態宣言が出され、各種施設への休業要請がなされています。

私の住む福岡市でも、大手商業施設は軒並み休業。
飲食店なども閉めているか19時頃までの時短営業、テイクアウトのみの営業としているところがほとんど。


私自身もほぼ引きこもっているんですが、先日久しぶりに外出をしてきました。献血です。

私を含む多くの人にとって不要不急であっても、血液の必要な医療現場や患者さんたちにとって血液不足は深刻な問題。
日本赤十字社も、「献血への協力は不要不急の外出にはあたらない」と協力を願うコメントを出しています。

このような非常事態においても、他に代わるもののない輸血医療に使用される輸血用血液を日々安定的に患者さんへお届けする必要があることから、献血へのご協力は不要不急の外出にはあたりません。

むしろ、現代の医療が成り立たないことのないよう、そして、有効期間の短い輸血用血液を必要としている患者さんの命を守るために、輸血用血液の在庫量を適切な水準で維持していくことが極めて重要です。
緊急事態宣言下でも献血は必要です|トピックス|血液事業|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

病気や手術などで血液が必要になる患者が減るわけではないのに、外出すらはばかられるこの状況では献血に訪れる人はまず間違いなく平時より減るでしょう。まさに危機的状況。

池江璃花子選手のツイートがバズり一時的に献血希望者が増えたようですが、それから1ヵ月以上が経ち緊急事態宣言や外出自粛要請も重なり、今はきっと人が減ってきているはず。


正直言って普段は献血など頭の隅にもない私ですが、血液が不足するであろうこんな時だからこそあえて行くことにしました。


福岡市・天神のイムズで献血。各都道府県にも献血ルーム、バスがある

私が訪れたのは、福岡市中央区天神にあるイムズ。
イムズ自体はほぼ全店舗が休業しているんですが、クリニック1件と8階にある献血ルームだけは開いています。

私が訪れたのは、福岡市中央区天神にあるイムズ

その他、例えば福岡市内だとキャナルシティ、博多バスターミナルにも献血ルームがあります。
商業施設などを回る献血バスも各地で運行中。

献血できる場所を知りたい方は、以下からどうぞ。


イムズの入り口に設置された臨時の受付カウンターで手をアルコール消毒したあと、受付確認票を渡され8Fへ。

イムズの入り口に設置された臨時の受付カウンターで手をアルコール消毒したあと、受付確認票を渡され8Fへ

エレベーターを降りた後は案内に従って右へ。まず迷うことなくたどり着けます。

エレベーターを降りた後は案内に従って右へ

こんなに人がいないイムズ、初めて見るなあ。。。

こんなに人がいないイムズ、初めて見る

「献血ルーム ハッピークロス イムズ」に到着。日本赤十字社のマークが目印です。

「献血ルーム ハッピークロス イムズ」に到着

受付で献血の種類を選択し、問診⇒採血。そして献血へ

受付で献血経験の有無を聞かれたので「大昔にやった気がするが定かではない」と答えると、履歴を調べてくれました。
なんと大学生だった19年前にやったことがあるらしい。そんな昔でもちゃんとデータ残ってるのね。

受付で献血経験の有無を聞かれる

確認票を記入し、受付横の端末で海外での滞在歴や病気の有無等に回答したら、問診・検査までしばらく待機。

確認票を記入し、受付横の端末で海外での滞在歴や病気の有無等に回答したら、問診までしばらく待機

献血の種類を聞かれたので「どれでも良いので今一番不足しているものを」と伝えた結果成分献血することになりました。


ドリンクバー的なマシンがあるので、飲み物はご自由に。
献血する上でも水分は大事。

ドリンクバー的なマシンがあるので、飲み物はご自由に

窓の向こうには福岡市役所が見えます。眺め良し。

窓の向こうには福岡市役所が見える

問診を終えたら、血液を採取して献血の基準に適合しているかどうかの検査。

年齢や体重のほか、血圧や血色素量などいくつかの基準があるようです。
(以下のリンク参照)

血液が検査基準をクリアしていれば、いよいよ献血ルームへ。

献血の種類について(200ml・400ml全血献血、成分献血)

ここで、献血の種類について確認しておきましょう。


献血には全血献血(200ml・400ml)、成分献血の3つの選択肢があります。

血液中の全ての成分を献血する全血輸血に対し、成分献血は血漿や血小板といった特定の成分のみを遠心分離機で取り出し、回復に時間のかかる赤血球は体内に戻すという方法。

よって身体への負担が軽く、次に献血できるようになるまでの期間も短くて済む特徴があります。

献血には、全血献血、成分献血があります。全血献血には400mL献血と200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法です。

一方、成分献血には血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。ですから成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特長があります。
献血の種類|献血の手順|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社


所要時間は全血献血が10〜15分、成分献血は40〜90分程度。

採血時間は、全血献血で10~15分程度、成分献血は採血量に応じて40~90分程度時間がかかります。
献血の手順|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社


400ml献血や成分献血だと200ml献血に比べて血量が多いため、少ない献血者からの輸血が可能となりより患者さんへの負担が減ります。
よって、日本赤十字社ではなるべく成分献血・400ml献血をお願いしているとのこと。

成分献血、400mL献血は、200mL献血に比べて献血量が多いことから、上図のように少ない献血者からの輸血を可能にし、安全性を向上させる献血方法と言えます。

日本赤十字社では、献血をお申し込みいただいた方のご意思を優先し、献血によって体調を崩すことのないよう、健康状態について慎重に確認した上で成分献血、400mL献血のご協力をお願いしています。
献血の種類|献血の手順|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

献血ルームで血を吸い出されつつくつろぐ。暇つぶしがあると吉

(さすがに撮影ははばかられたので、献血ルームの写真はありません)

リクライニング可能なベッドが多数並んでおり、そこで献血の間はくつろぎつつ待つことになります。暇つぶし用にテレビも完備。
私はiPad持参でKindleマンガを読むつもりだったので、献血中のすきま時間を過ごす対策は万全。

血を吸い出すためにやや太めの針を刺して、そこから取り出した血液を赤血球と血漿、血小板を分離するための遠心分離機にかけます。
遠心分離機なんて日常生活で見かけることはまずないので、しばらくじっと眺めてました。
なんだかかっこいい(小並感)


献血に来ている人が少なかったこともあってか、ベテラン看護師さんが「手が冷たいですね、毛布持ってきます!」「水分取ってくださいね!足りなければ持ってきます、どれがいいですか?」とかめちゃめちゃ世話を焼いてくれました。こういう経験ってそうないので、なかなか新鮮。
(おかげで献血中快適に過ごせました、ありがとうございます)


私の場合、献血自体は1時間弱で終了。

少し休憩して献血カードを受け取ったらもう帰ってOKです。受付から帰宅の途につくまでは1時間45分ほどでした。

もらったチョコレートに添えられたメッセージ

献血後に受け取ったものたち。
献血カード、チョコレート、それにコロナウイルス感染が判明した場合の対応、HIV感染等の該当があった場合の連絡確認の紙。

献血後に受け取ったものたち

もらったチョコレートには、白血病の家族がいる方からのメッセージが添えられていました。
私の血と費やした時間もきっと、こういった方々のお役に立てたはず。

もらったチョコレートには、白血病の家族を持つ方からのメッセージが

あとがき

外出することで多少のリスクはありますが、献血ルームの感染対策はさすがに万全でしょうし、移動中の環境(人との距離など)に気を配っていれば感染の可能性は非常に低いはず。

自粛ムードの中「みんなもレッツ献血!」とまでは言いづらいですが、もし状況が許すなら選択肢の1つとして考えてみてはどうでしょう。

2 COMMENTS

アバター M

ims閉まってても献血ルームやってるんですね!勝手に、やってないものとばかり(バスだけ)かと思ってました。情報ありがとうございます。

返信する
@ushigyu @ushigyu

知り合いが昨日も行ってたので、おそらく基本的には通常営業かと!普通のお店はともかく献血はこの状況でも絶対必要なものですしね。
お役に立てたならよかったです!

返信する

コメントを残す