私が厳選した「買ってよかったもの」ベストはこれ!

「5G」をドコモ・au・ソフトバンクで契約すべきか?対応機種や通信エリアなどを総合して考えた

2020年3月、日本の携帯大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から相次いで次世代の通信規格である5G(5th Generation、第5世代移動通信システム)のプランが発表されました。

高速大容量・低遅延・多数同時接続という触れ込みの5G通信。
これがもし実現した場合、例えば長時間の動画が数秒でダウンロードできる、遠距離での中継にタイムラグがなくなる、イベント等でトラフィックが激増しても通信障害が起こりにくい、などの恩恵が考えられます。


これだけ聞くと、そんな素晴らしい次世代通信のスタートがなぜそれほど話題になっていないのか不思議に思います。

私だって、多少追加料金を払ってでも使えるのなら使ってみたい。

しかし、調べてみると現時点(2020年3月)ではほとんどの人は5Gの恩恵を受けられない状況がありました。


遅かれ早かれ、いずれは4Gに取って代わって普及することになるであろう5G通信。

どうすれば私たちも使えるようになるのか、現在の状況はどうなのか、私自身理解する意味も兼ねてこの記事にまとめます。


5Gを利用するためには、対応機種が必要

まず前提として、5Gは対応機種を持っていなければそもそも使えません

2020年3月時点ではiPhoneは非対応ですし、Google Pixelも対応していません。


ドコモ・au・ソフトバンク各キャリアの公式ページによると、現時点で対応しているのは以下の機種。

ドコモの5G対応機種

・Galaxy S20 5G SC-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A
・AQUOS R5G SH-51A
・Xperia 1 Ⅱ SO-51A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
・arrows 5G F-51A
・Wi-Fi STATION SH-52A

(出典:5G | 通信・エリア | NTTドコモ

auの5G対応機種

・Galaxy S20 5G SC-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・AQUOS R5G SH-51A
・Xperia 1 Ⅱ SO-51A
・OPPO Find X2 Pro
・Mi 10 Lite 5G
・ZTE a1

(出典:UNLIMITED au 5G その手に。|au

ソフトバンクの5G対応機種

・AQUOS R5G
・ZTE Axon 10 Pro 5G
・LG V60 ThinQ 5G
・OPPO Reno3 5G

(出典;“ソフトバンク”初となる5G対応スマートフォンを4機種発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク




今のところ5Gが利用できる機種は上記の通りかなり限られていますが、今秋頃に発売される次世代iPhoneは5Gに対応してくる可能性が高く、そうなると一気に5G対応機種の普及が加速してくることが予想されます。

ただ、次の項で述べる通り5G対応エリアはまだまだごく狭いため、急いで対応機種を入手する必要はなさそう。

2020年3月現在の5G対応エリア

せっかく対応機種を手に入れたとしても、5Gエリアでなければ当然意味がありません。

現時点での5G対応エリアは、どの程度なのでしょうか?


ドコモの5G通信利用可能施設・スポットは、東京都内だと東京スカイツリーや羽田空港、渋谷スクランブルスクエアといったごくごく限られた施設およびごく一部のドコモショップのみ。

私の住む福岡県内だと、福岡PayPayドーム、JR博多駅、福岡市役所、Fukuoka Growth Nextの4ヶ所のみです。

例えば「山手線圏内ならほぼつながる」というようなエリア単位での提供かと思っていたんですが、本当にごくわずかなスポットのみなんですね。。。ほぼ使えない。

5G通信利用可能施設・スポット一覧(2020年3月末時点)


auもドコモ同様、あくまで5Gが利用できるのは「エリア」ではなく「スポット」単位。
都心部で探せばポツポツと使える施設があるかな、程度です。
※ピンクの点は2020年4月末対応予定、黄色は2020年夏以降

auの5Gエリア

エリア | スマートフォン・携帯電話 | au


ソフトバンクは、地図上で見る限りドコモ・auに比べると点ではなく多少はエリアでの提供がされるように見えます。何が違うんだろうか。

ソフトバンクの5Gエリア

サービスエリアマップ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク


これらの提供エリアを見る限り、5Gがそれなりに使えるようになるまでの道のりはまだまだ長い。

延期にはなってしまったものの、例えば「オリンピック会場では5Gが使えて、放送を見聞きしながら観戦できる」といったように、特定のイベントやごく限られたスポットでのみ活用可能な特殊な回線といった扱いになりそうです。

5Gの周波数帯は遠くに飛びにくく障害物に弱いらしい

これは私も調べてみてはじめて知ったんですが、日本で5Gに割り当てられている周波数帯(28GHz、3.7GHz、4.5GHz帯)は遠くに飛びにくく、障害物にも弱いらしい。

日本国内で28GHz帯を使った実証実験を取材したことがあるが、基地局と5Gデバイスの間に人が立ってしまうと圏外になってしまうなど「扱いにくい周波数帯」であるようだ

既存の4Gネットワークはプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯や900MHz帯で運用されており、障害物に対しても回り込みやすく、ビルの中にも浸透しやすい。それらに比べると3.7GHz帯や4.5GHz帯はビル内への浸透は厳しく、4Gのように「5Gがいつでもどこでも使える」ようには当面なりそうにない
5Gエリアを瞬時に全国化する新技術「DSS」 4Gと周波数帯を共用(石川温) – Engadget 日本版


そんな厳しい状況の中、4Gに5G通信を入れ込んで完全な形ではないまでも5Gエリアを無理やり(?)広げる「DSS(ダイナミックスペクトラムシェアリング)」という技術を導入検討しているのがソフトバンク。

ソフトバンクは、4Gに割り当てられた周波数帯で、5Gスマホに5Gの電波を割り当てることができる「DSS(ダイナミックスペクトラムシェアリング)」という技術を導入することで、一気にエリア展開を広げていく考えだ
携帯3社の5G、予想を遥かに超える『期待はずれ』のワケ(石川温) – Engadget 日本版

前述の5G提供エリアにてソフトバンクがドコモ・auに比べるとまがりなりにもエリアと呼べる範囲をカバー予定としていたのは、この技術を利用するのが理由なのかもしれません。


基地局の大幅な増設に加え解決すべき技術的課題もまだまだ多そうですね。

今の4Gと同様に多くの場所で5Gが利用でき、どこでもあっという間に動画を落としたり遅延のない通信を享受できる未来は来るんでしょうか。。
今のところはまだ先行き不透明と言わざるを得ません。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの5Gプラン

さいごに、ドコモ・au・ソフトバンクが現在発表している5Gプランについて確認しておきましょう。

ドコモ

5Gギガホ

【月額料金】
7,650円
(定期契約なし、税抜)

【利用可能データ量】
100GB

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

【割引オプション】
5Gギガホ割(最大6ヶ月、1,000円/月割引)

5Gギガホ | 料金・割引 | NTTドコモ

5Gギガライト

【月額料金・利用可能データ量】
〜1GB:3,150円
〜3GB:4,150円
〜5GB:5.150円
〜7GB:6,150円
(定期契約なし)

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

5Gギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ


ドコモオンラインショップで5Gスマホをチェックする

au

データMAX 5G

【月額料金】
8,650円(定期契約なし、税抜)
8,480円(2年契約、税抜)
※Netflixパックの場合、+1,000円

【利用可能データ量】
使い放題
※ただしテザリング、データシェア、世界データ定額は合計30GBまで
※混雑時や動画への通信制御あり

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

【割引オプション】
・5Gスタートキャンペーン(25ヶ月間1,000円/月割引、受付期間〜2020/8/31)
・データ利用量が2GB以下の場合1,480円割引
・スマホ応援割Ⅱ(6ヶ月間1,000円/月割引)

データMAX 5G | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

ピタットプラン5G

【月額料金、利用可能データ量】
〜1GB:4,150円
〜4GB:5,650円
〜7GB:7,150円
(定期契約なし、税抜)

〜1GB:3,980円
〜4GB:5,480円
〜7GB:6,980円
(定期契約あり、税抜)

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

【割引オプション】
・5Gスタートキャンペーン(25ヶ月間1,000円/月割引、受付期間〜2020/8/31)

ピタットプラン 5G | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au


au Online Shopで5Gスマホをチェックする

ソフトバンク

メリハリプラン(+5G)

【月額料金】
8,480円(税抜)

【利用可能データ量】
50GB
※動画、SNS使い放題
※時間帯により通信制御する場合あり

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

【割引オプション】
・5G無料キャンペーン(25ヶ月間1,000円/月割引、受付期間〜2020/8/31)
・データ利用量が2GB以下の場合1,500円割引
・半年おトク割(6ヶ月間1,000円/月割引)

メリハリプラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ミニフィットプラン(+5G)

【月額料金、利用可能データ量】
〜1GB:4,980円
〜2GB:6,980円
〜5GB:8,480円
(定期契約なし、税抜)

【利用条件】
5G対応機種を購入もしくは所持していること

【割引オプション】
・5G無料キャンペーン(25ヶ月間1,000円/月割引、受付期間〜2020/8/31)
・半年おトク割(6ヶ月間1,000円/月割引)

ミニフィットプラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク


ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

あとがき

一部の携帯マニアや新しもの好き、5G提供スポットで働く人くらいしか現時点では契約するメリットのない5G。現在の提供エリアの極狭さもあってか、携帯各社も割引キャンペーン等を使い当面は4Gと変わらない料金プランで回していくつもりのようです。

私は大手3社を使わずソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルと格安SIMのIIJmioしか利用していないので、いずれにしても様子見かな。。。

↓私がワイモバイルを利用している理由の1つ

ワイモバイルを契約しYahoo!ショッピング・PayPayモールで買い物すると、大量キャッシュバックがもらえて超お得


とはいえ、そう遠くない未来に携帯通信のスタンダードとなるかもしれない5G。

今後も動向を注視しつつ、このブログでも随時発信していきたいと思います!


ドコモオンラインショップで5Gスマホをチェックする

au Online Shopで5Gスマホをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする