iPhone 12、mini、Pro、Pro Maxを他モデルと徹底比較!

新iPad Proを前世代や他のiPadとわかりやすく比較。オススメ機種はProかAirのどちらか

新iPad Proを前世代や他のiPadとわかりやすく比較

とりあえずApple Online Store、ドコモ、au、ソフトバンク各社の公式ページでiPad Proをチェックしたい場合は、以下からどうぞ。

新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催されませんでしたが、2020年3月18日にアップルから新しいiPad Proが発表されました。

前世代のiPad Proと比較した場合の大きな変更点は3つ。

  1. iPhoneと同じ超広角カメラの搭載
  2. トラックパッドを備えた新Magic Keyboardに対応
  3. LiDARスキャナの搭載

③のLiDAR(ライダー)スキャナは光を使って物との距離を測る装置らしく、ARアプリ等がより速く正確に動くらしいのですが、ほとんどのユーザーは現時点でそれほど恩恵を受けるという場面も多くなさそう。

注目はiPhone 11以降にも搭載されている①の超広角カメラと、カーソルを動かしてほとんどMacと同じように使える②の新Magic Keyboardですね。


とはいえ、多くの人が重要視するのは目新しいことばかりではなく、価格とそれに見合った性能・機能があるかどうか。

今回の新しいiPad Proと現在販売されているその他のiPadシリーズ、前世代のiPad Proではどのような違いがあるのか、比較してオススメ機種を選んでみました!


iPadシリーズを表でわかりやすく比較

まず、「①今回の新iPad Proと前世代のiPad Proの比較」にて、iPad Proのどこが進化したのかを確認します。
見た目にはほぼ変化のないiPad Proの一体どこが変わったのか?この表を見ればわかるはず。

次に、「②現行iPadシリーズ各機種を比較」では現在アップル公式で販売されているiPadシリーズの全機種(新iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini)を比較。
これからどの機種を買おうかと悩んでいる人の参考になれば幸いです。

①今回の新iPad Proと、前世代のiPad Proの比較

スマートフォンの小さい画面で見ている場合は、画面を横にすると見やすくなります。
また、表示されない分は横スクロールで見られるのでお試しください。

紛らわしいですが、iPad Pro 12.9は第4世代、iPad Pro 11は第2世代が2020年の新モデルとなっています。

iPad Pro 12.9
(第4世代)
iPad Pro 11
(第2世代)
iPad Pro 12.9
(第3世代)
iPad Pro 11
(第1世代)
容量と
価格
(税抜)
128GB:104,800円
256GB:115,800円
512GB:137,800円
1TB:159,800円
(セルラーは+17,000円)
128GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
1TB:139,800円
(セルラーは+17,000円)
64GB:89,800円
256GB:106,800円
512GB:128,800円
1TB:172,800円
※発売当時
64GB:111,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円
1TB:194,800円
※発売当時
ディス
プレイ
12.9インチ
Liquid Retina
2,732×2,048
11インチ
Liquid Retina
2,388×1,668
12.9インチ
Liquid Retina
2,732×2,048
11インチ
Liquid Retina
2,388×1,668
CPU A12Z Bionic A12X Bionic
サイズ 280.6
×214.9
×5.9mm
247.6
×178.5
×5.9mm
280.6
×214.9
×5.9mm
247.6
×178.5
×5.9mm
重量
※Wi-Fiモデル
641g 471g 631g 468g
カメラ 12MP広角
+10MP超広角カメラ
手ぶれ補正Live Photos
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
スマートHDR
12MP広角
手ぶれ補正Live Photos
f/1.8
スマートHDR
ビデオ 4K(24,30,60fps、超広角:60fps)
3倍ビデオズーム
4K(30,60fps)
3倍ビデオズーム
フロント
カメラ
7MP
ポートレートモード
1080p HDビデオ撮影
Apple Pencil 第2世代
キーボード Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio
コネクタ USB-C
オーディオ 4スピーカーオーディオ
認証 Face ID
LiDARスキャナ あり なし
バッテリー
(ビデオ再生)
最大10時間
カラー シルバー
スペースグレイ
発売日 2020/3/25 2018/11/7

※価格はApple Online Storeによる(税抜)
※2020/3/24現在


サイズや重量、ディスプレイといった部分はほぼ変わっていません。

背面のカメラには、シングルカメラから超広角レンズを備えたデュアルカメラへとiPhoneにやや寄せた大きな変更が入っています。
個人的には写真はiPhone等スマートフォンで撮るので不要ですが、iPadをより活用している人にとっては嬉しいのかもしれません。

LiDARスキャナは現時点でどの程度ユーザーに恩恵があるのか不明なので置いておくとして、もう1つ大きな変更点はトラックパッドを備えた新しいMagic Keyboardへの対応

iPadを状況に応じてMacBookのようにトラックパッド&キーボードでバリバリ使いたい人にとっては、唯一無二の選択肢となるでしょう。


発売当時の価格が2018年に比べ少し安くなっているのも嬉しい点ですね。

②現行iPadシリーズ各機種を比較

2020年3月現在アップル公式にて販売されているiPadシリーズ機種を一覧にしました。

iPad Pro 12.9
(第4世代)
iPad Pro 11
(第2世代)
iPad Air
(第3世代)
iPad
(第7世代)
iPad mini
(第5世代)
容量と
価格
(税抜)
128GB:104,800円
256GB:115,800円
512GB:137,800円
1TB:159,800円
(セルラーは+17,000円)
128GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
1TB:139,800円
(セルラーは+17,000円)
64GB:54,800円
256GB:71,800円
(セルラーは+15,000円)
32GB:34,800円
128GB:44,800円
(セルラーは+15,000円)
64GB:45,800円
256GB:62,800円
(セルラーは+15,000円)
ディス
プレイ
12.9インチ
Liquid Retina
2,732×2,048
11インチ
Liquid Retina
2,388×1,668
10.5インチ
Retina
2,224×1,668
10.2インチ
Retina
2,160×1,620
7.9インチ
Retina
2,048×1,536
CPU A12Z Bionic A12 Bionic A10 Fusion A12 Bionic
サイズ 280.6
×214.9
×5.9mm
247.6
×178.5
×5.9mm
250.6
×174.1
×6.1mm
250.6
×174.1
×7.5mm
203.2
×134.8mm
×6.1mm
重量
※Wi-Fiモデル
641g 471g 456g 483g 300.5g
カメラ 12MP広角
+10MP超広角カメラ
手ぶれ補正Live Photos
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
スマートHDR
8MP広角
Live Photos
f/2.4
HDR
ビデオ 4K(24,30,60fps、超広角:60fps)
3倍ビデオズーム
1080p HD(30fps)
3倍ビデオズーム

フロント
カメラ
7MP
ポートレートモード
1080p HDビデオ撮影
7MP
1080pビデオ撮影
1.2MP
720pビデオ撮影
7MP
1080pビデオ撮影
Apple Pencil 第2世代 第1世代
キーボード Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard
コネクタ USB-C Lightning
オーディオ 4スピーカーオーディオ 2スピーカーオーディオ
認証 Face ID Touch ID
LiDARスキャナ あり なし
バッテリー
(ビデオ再生)
最大10時間
カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
発売日 2020/3/25 2019/3/18 2019/9/30 2019/3/18

※価格はApple Online Storeによる(税抜)
※2020/3/24現在


2020年3月現在、iPadシリーズのラインナップはiPad Pro(12.9インチと11インチ)、iPad AiriPadiPad miniの4機種。

最上位機種であるiPad Pro(11インチ)とiPad Airの価格差は24,000円で、iPadが最も低スペックで廉価。iPad miniは画面がiPadとiPhoneの間くらいの大きさなので、他のiPadと同列で比較すべきかは微妙なところ。


性能以外での他機種に比べたiPad Proの特徴としては、Apple Pencil 第2世代利用可、USB-Cコネクタ、Face ID、Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioへの対応、超広角カメラやビデオ4K撮影の有無など。

新iPad Proの特長

今回発表された新しいiPad Proの特長を確認しておきましょう。

超広角カメラ

今回のiPad Proには、iPhone 11シリーズと同様の超広角カメラが新たに搭載されました。

iPad Proの超広角カメラ

望遠レンズはなく広角&超広角のデュアルレンズなので、多少画素数は違うもののほぼiPhone 11相当と考えていいでしょう。
(iPhone 11の超広角レンズは12メガピクセル、iPad Proは10メガピクセル)


利用方法や写り方は、iPhone 11とほぼ同じのはず。

iPhone 11通常撮影

iPhone 11超広角撮影

以下の記事にiPhone 11での使い方や作例を載せているので、参考にどうぞ。

超広角カメラの使い方

iPhone 11・11 Proの超広角カメラ、ナイトモード(夜景撮影)の使い方

超広角カメラで撮った写真の例

iPhone 11の新機能「ナイトモード(夜景撮影)」と超広角カメラを試し、Pixel 3aやiPhone XSと比較した

トラックパッドを備えたMagic Keyboard

今回の2020年版iPad Proの目玉とも言えるのが、新しいiPad Pro用Magic Keyboardへの対応。

これまでのSmart Keyboardとの違いは、トラックパッドを備えているところ。
iPadが発表されるたびに「タブレットとしてだけでなくMacのようにも使えないのか」といった声がちらほら聞かれましたが、トラックパッドの装備によって操作感としてはかなり近づいたかもしれません。

ディスプレイ(=iPad Pro)の角度は自由に変更可能。

iPad Proの新しいMagic Keyboard

Magic Keyboardの角度は自由に調整可能

ただし、価格が11インチ用が31,800円、12.9インチ用が37,800円(いずれも税抜)とかなり高価なので、iPad Proと一緒に購入するとMacBookと変わらないかそれ以上の価格になってしまうのは悩みどころ。

また、MacとiPadでは共通して使えるアプリとそうでないものがあるので、iPad ProをMacのようにして利用したい場合にはその点注意が必要です。


なお、iPad Proの発売日は2020年3月24日ですがiPad Pro用Magic Keyboardは2020年5月とのことなので、手に入るのはまだ少し先となります。

LiDARスキャナ

今回のiPad Proにはじめて搭載された、LiDARスキャナ

私はその存在を知らなかったんですが、Apple公式サイトによると以下のような機能があるとのこと。

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出します。NASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術です。そのLiDARを、薄くて軽いiPad Proの中に収めました。

専用に設計されたLiDARスキャナは、ダイレクト・タイムオブフライトという方式を利用して、屋内外で最大5メートル先から反射した光を測定。光子レベルで機能し、ナノ秒のスピードで動作し、拡張現実とその先の可能性を大きく広げます。

深度を測定する時には、LiDARスキャナがProのカメラ、モーションセンサー、iPadOSのフレームワークと連係。ハードウェア、ソフトウェア、そして比類のないイノベーションが一つになったiPad Proは、世界最高のAR用デバイスです。
iPad Pro – Apple(日本)

イマイチよくわかりませんが、要するに周囲の距離を素早く正確に測定してAR(拡張現実)をよりスムーズに利用できる、ということっぽい。
(間違ってたらご指摘ください)

iPad ProのLiDARスキャナでARがより使いやすく

そのうちもっと一般的に利用されるアプリが出てくるかもしれませんが、2020年3月の現時点ではそれほど恩恵を受けるユーザーは多くないでしょう。
今後に期待ですが、今の時点で買う・買わないの判断基準にはならないかなという感じ。

iPad ProからiPad miniまで、各機種でどう違う?詳しく比較

現行機種である4種類のiPadシリーズ機種について、それぞれどのような違いがあるのか?

表でも比較しましたが、ここであらためて価格や機能、性能とおもな違いを比較・確認してみましょう。

iPad Pro 11(第2世代) 対 iPad Air(第3世代)

【iPad ProとiPad Airの主な違い】

・iPad ProはLiquid Retinaディスプレイで11インチ、解像度は2,388×1,668ピクセル。iPad AirはRetinaディスプレイで解像度2,224×1,668ピクセル

・iPad ProはA12Z Bionicチップ、AirはA12 Bionicチップ

iPad Airに搭載されているA12 Bionicチップは、iPhoneで言うとXR、XSと同じもの。それに対してiPad Proに搭載されているのは、今回が初登場となるA12Z Bionicチップです。

性能差がどのように出るかはアプリや操作によりますが、以下の記事によるベンチマークスコアだとシングルコアでは大差ないもののマルチコアでは倍近い差となっています。

A12Zの威力は? 2020年版iPad Proベンチマーク – ITmedia NEWS

・iPad Proは12MP広角+10MP超広角のデュアルレンズ、Airは8MP広角のみのシングルレンズ

iPad Proには、iPhone 11シリーズと同じ超広角レンズがつきました。
個人的に写真はスマートフォンで撮るので不要なんですが、iPadの活用シーン次第では役に立つというユーザーもいることでしょう。

なお、ナイトモードは非搭載のようなので暗い中での撮影にはあまり強くなさそうです。

・iPad Proは4Kビデオ撮影可、Airは1080p HDまで

・iPad ProはApple Pencil第2世代とMagic Keyboard、Smart Keybard Folioに対応。AirはApple Pencil第1世代とSmart Keyboard対応

今回のiPad Proで最も目を引く、新しいiPad Pro用Magic Keyboard。
ときにはタブレット、ときにはノートパソコンとしてiPadを活用したいユーザーにとっては、これまでのSmart Keyboardとは一線を画す唯一無二のオプションアイテムとなりそうです。

Airで利用できるのは、トラックパッドがなく背面を覆う部分もない初代Smart Keyboard。
Apple Pencilは例の不格好充電が必要となる第1世代のみ利用可となっています。

・iPad ProはUSB-Cコネクタ、AirはLightning

前世代のiPad Proより、同期・充電用のコネクタはUSB-Cに変更となっています。LightningケーブルをiPhoneと併用している場合には注意が必要。

・iPad ProはFace ID認証、4スピーカーオーディオ。AirはTouch ID認証、2スピーカー

【価格差(税抜)】

24,000円
(256GBモデルで比較)

iPad Air(第3世代) 対 iPad(第7世代)

【iPad AirとiPadの主な違い】

・Airは10.5インチ、iPadは10.2インチ

・Airは厚さが6.1mm、456g。iPadは7.5mm、483g

・AirはA12 Bionicチップ、iPadはA10 Fusionチップ

iPad AirとiPadの差は、できることの違いというよりはシンプルに性能の差という側面が大きい。
Airに搭載のA12 BionicはiPhoneで言うとiPhone XSやXRなのに対し、iPadのA10 FusionはiPhone 7にまでさかのぼります。

本を読んだりネットをする程度ならiPadで十分そうですが、多少なりともスペックの必要な操作をするならこの大きな性能差は無視しづらいかもしれません。

・Airはフロントカメラが7MP+1080pビデオ撮影可、iPadは1.2MPで720pビデオ撮影まで

【価格差(税抜)】

15,000円程度
(同容量のモデルはない。Airの64GBは54,800円、iPadの32GBモデルが34,800円)

iPad Air(第3世代) 対 iPad mini(第5世代)

【iPad AirとiPad miniの主な違い】

・Airは10.5インチで2,224×1,668ピクセル、miniは7.9インチで2,048×1,536ピクセル

・ディスプレイが大きく違うため、当然サイズも重さも大きく異なる。Airは483g、miniは300.5g

現行のiPad AirとiPad miniは、ディスプレイや大きさ・重さが違うだけで性能・機能はほとんど(全く?)同じ。
miniは7.9インチで、悪く言えばiPhoneとiPadどっちつかずの中途半端なサイズだし、良く言えば通常のiPadよりコンパクトかつ表示領域もそれなりに広いバランスのとれた一品。

多少大きく重くても10.5インチの大画面がいいか、7.9インチで十分か。好みで選ぶといいでしょう。

【価格差(税抜)】

9,000円

個人的オススメ機種とその理由

今回のiPad Proは、前世代に比べ高額になるどころか若干安くなり128GBならWi-Fiモデルが84,800円。

仕事にお絵かきに画像・動画編集にとそれなりに活用するつもりなら、十分オススメできる機種です。

iPad Proはオススメできる

トラックパッドを備えたMagic Keyboardについては、今のところまだ評価はしづらいかなという印象。

個人的に、MacでできることをあえてiPadでやる必要性を感じないんですよね。。。
iPad ProとMagic Keyboardを両方買うお金があるならMacBook Airを買ってお釣りがくる値段になってしまうし。

よほど新しもの好きでもない限り、興味があってもとりあえずレビューが揃うまで様子見でもいいんじゃないかと思います。


ネットや読書、動画を見たりする程度であれば、iPad Airで十分。

iPadでもいいかなと思うんですが、2世代(=2年)違う性能を15,000円程度で補える、つまりAirの方が2年くらい長く使えそうだ……と考えると、私ならAirを選ぶかなと。
iPadでも、ネット・読書・動画程度なら全く問題なく使えるとは思うんですけどね。


iPad miniは、近年のスマートフォンの大画面化により前にも増して中途半端な立ち位置に。

私はあまりオススメしませんが、お好みでどうぞ。

あとがき

今回はイベントがなかったため静かな発表となりましたが、iPadユーザーにとってはチェックしておくべき機種かと思います。
私自身もこれを機にiPadを買い換えようか悩み中。

この記事も参考にしつつ、用途に合わせて自分に合ったiPadを選んでみてください!


ドコモオンラインショップでiPad Proをチェックする

au Online ShopでiPad Proをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPad Proをチェックする

Apple Online StoreでiPad Proをチェックする