私が厳選した「買ってよかったもの」ベストセレクションはこちら!

NHK番組の同時&7日間見逃し配信が視聴できる「NHKプラス」の申し込み方法と使い方

2020年3月1日より、NHK総合テレビ、Eテレの番組を視聴できるサービス「NHKプラス」がスタートしました。

視聴可能なのは、現在放送中の番組の同時配信(正確には30〜40秒遅れ)、放送後から7日間までの見逃し配信。
パソコンやスマートフォン等からWebで見られるほか、iPhoneやAndroid等で視聴可能なスマホアプリも。

もちろん、朝ドラや大河ドラマも見られます。
※3月までは試験期間で、一部配信されない番組もあり

NHKのテレビ番組を放送と同時にインターネットで配信するサービス「NHKプラス」が1日午前7時、試験的に始まる。大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」と連続テレビ小説「スカーレット」や、「ニュースウオッチ9」「クローズアップ現代+」などの看板番組も配信する。著作権などの関係で配信されない番組や放送回もある。
NHK 1日からネット同時配信「NHKプラス」試行 大河・朝ドラも – 毎日新聞


既にNHKの受信契約をしている場合は、無料で利用可能。
パソコンやスマートフォン、タブレットなど5つのデバイスまで同時視聴ができます。

契約していない場合、同時配信の画面にメッセージが表示されるほか見逃し配信は視聴不可となります。


実際に申し込んでみたので、その手順をご紹介。


番組の同時配信や7日間見逃し配信を仕様できる「NHKプラス」

NHKプラスのトップページにアクセスすると、現在放送されている番組の同時配信画面へと移動します。

まだIDを登録していない場合でも、とりあえず右上にある「ログイン」ボタンを押しましょう。

右上にある「ログイン」ボタンを押す

IDやパスワードを持っていないユーザーは、「NHKプラスについて」⇒「ID登録手続き」へと進みましょう。

IDやパスワードを持っていないユーザーは、「NHKプラスについて」⇒「ID登録手続き」へと進む

IDの登録には、放送受信契約の確認が必要。
まずメールアドレスや受信契約情報を入力し、その後届いたハガキに掲載されている確認コードを入力すれば登録完了となります。

IDの登録には、放送受信契約の確認が必要

規約を読んで同意し、メールアドレスを入力。

規約を読んで同意し、メールアドレスを入力

割と難しめの写真認証をクリアしたら、登録手続き用のメール送信完了。

割と難しめの写真認証をクリアしたら、登録手続き用のメール送信完了

届いたメールに記載されているURLをクリックし、利用したいID、パスワード、秘密の質問とその回答を入力。

届いたメールに記載されているURLをクリックし、利用したいID、パスワード、秘密の質問とその回答を入力

放送受信契約者の指名、住所等を入力。

放送受信契約者の指名、住所等を入力

以上で手続きは完了。
1〜3週間程度で届くハガキに記載された「確認コード」の入力が必要ですが、NHKプラスの利用はそれを待たずに今すぐ可能です。

1〜3週間程度で届くハガキに記載された「確認コード」の入力が必要ですが、NHKプラスの利用はそれを待たずに今すぐ可能

なお、受信契約をしていない場合は同時配信の画面にメッセージが表示されるほか、見逃し配信が利用できなくなってしまうようです。

受信契約の状況が確認できなかった場合は、同時配信の画面に受信契約確認のメッセージが表示されます。また、見逃し番組配信は利用できません。
よくある質問 – NHKプラス

スマートフォンアプリ「NHKプラス」で番組をさがす

NHKプラスにはパソコンやスマホ等でアクセスできるWeb版のほか、App Store(iPhone・iPad・iPod touch)、Google Play(Android)のアプリ版でも視聴可能。

NHKプラス
エンターテインメント, ニュース
無料

アプリを起動すると、NHKプラスアプリの簡単な説明が表示されます。

総合テレビとEテレをほぼ同時に視聴できるほか、放送から7日間見逃し配信が視聴可。
ジャンルやテーマごとに番組をまとめたプレイリストも作れます。

総合テレビとEテレをほぼ同時に視聴できるほか、放送から7日間見逃し配信が視聴可

字幕や副音声、回線速度にあわせて画質の設定もできる。

字幕や副音声、回線速度にあわせて画質の設定も可能

利用規約に同意して、はじめましょう。

利用規約に同意して、はじめる

さきほど登録したはずのIDとパスワードでログインしたら、利用スタート。

さきほど登録したはずのIDとパスワードでログイン

画面下「プレイリスト」タブでは、例えば「新型コロナウイルス」「おやこで楽しむ」「スカーレット」などテーマに沿った動画を探せます。

「キーワード」タブでは、その名の通りキーワードでの動画検索が可能。

画面下「プレイリスト」タブではテーマに沿った動画を探せる

「配信カレンダー」タブでは、放送された日付ごとに番組を確認。
「設定」タブは、画質や音声、字幕の調整などの設定。

「配信カレンダー」タブでは、放送された日付ごとに番組を確認

あとがき

一部のNHK番組はTVerでも見逃し視聴できますが、ごくごく一部の番組に限られています。

NHKの番組を見たい場合は、このNHKプラスを利用するのが間違いなく良さそうですね。


ただ、NHKオンデマンドでも朝ドラや大河ドラマを一週間程度無料配信しているようなので、住み分けが微妙な気もします。

ニュースや報道系の番組はオンデマンドにはあまり無いようなので、その辺を視聴したい場合にはNHKプラスも有用と言えるかな?’


NHKの番組をよく視聴する方は、要チェックです!

コメントを残す