台湾のチェーン店「鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうルーローハン)」が安ウマで最高だった。実は石川県にもある…だと!?

台湾のチェーン店「鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうルーローハン)」が安ウマで最高

台湾を代表するグルメの1つ、魯肉飯(ルーローハン)

豚肉のそぼろを台湾醤油や八角などの香辛料とともに煮込んだ料理で、台湾料理を出す店であればまず置いてあるほどの定番料理でもあります。


先日の台湾旅行でも当然食べるつもりで色々調べていたんですが、そのとき見つけたのが台湾北部を中心に展開している「鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうルーローハン)」というチェーン店。
日本で言えば牛丼チェーンみたいなものでしょうか。

端的に言えば、安くておいしくて最高でした。素晴らしい。

おいしい魯肉飯を出す店は探せば他にもたくさんあると思うんですが、安さとおいしさのバランス(コストパフォーマンス)で言えばなかなかこの店を超えるところは無いのでは。
加えて魯肉飯以外のメニューもめちゃおいしいんですよね。


さすがに無いだろうけど日本にも出店してくれたらなあ……とダメ元で検索してみると、なんと石川県に2店舗(金沢工大前店、イオン御経塚店)あるとのこと。マジか。
この店に行くためだけに石川県行きたいくらいだわ。


ヒゲ面のオヤジが目印の鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうルーローハン)

台湾北部に70店舗以上を出店している鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうルーローハン)。

私が訪れたのは、淡水信義線・大安駅から近い台北大安店。
台北101最寄りの駅から2駅なので、観光帰りに寄りました。

淡水信義線・大安駅

↓台北101の詳細レポートはこちら

夜景の美しい「台北101」展望台は、当日でもネットの割引チケットで安く入れる!多くのショップやフードコートもあるぞ

2019.10.29
続きを読む

ヒゲ面のオヤジと黄色地に赤文字の目立つ看板が目印。

ヒゲ面のオヤジと黄色地に赤文字の目立つ看板が目印

なんでも創設者である張炎泉氏が忙しくてヒゲの手入れをする時間がないほどだったころ、お得意さんが「ひげちょう(鬍鬚張)」とニックネームを付けたのが始まりだそう。
(参考:鬍鬚張 Formosa Chang Co., Ltd.


白色蛍光灯の明るさとしっかりした装備の店員さんがチェーン店っぽいですね。ともかく中へ。

白色蛍光灯の明るさとしっかりした装備の店員さんがチェーン店っぽい

他の店はどうかわかりませんが、台北大安店の店内はテーブル席のみ。
1人客からファミリーまで、子供から高齢の方まで幅広い客層で賑わっていました。

台北大安店の店内はテーブル席のみ

最初に台湾語のメニューが手渡されたんですが、私たちが戸惑っていると察したのかすぐに日本語のメニューを持ってきてくれました。チェーン店なのに店員さんとても親切。

ただ、最初のメニューよりも日本語メニューの方が明らかに品数が少なかったので、外国人向けには基本的な料理のみを掲載しているのかも。

台湾語のメニューが手渡されたんですが、私たちが戸惑っていると察したのかすぐに日本語のメニューを持ってきてくれた

注文したのは魯肉飯の小、水耕A菜(おそらく青菜の炒めもの)、蹄膀(豚の足の付け根部分)、鮮蒜香腸(ニンニク味のソーセージ)の4品。

どれも安い!そしてウマい!台湾のチェーン店恐るべし

魯肉飯の小(NT$39、約140円)。
肉自体は小さめなんですが、しっかりした味のタレがご飯に染みているのでバクバクと食べられる。台湾醤油と八角の風味がよい。

魯肉飯の小

水耕A菜(NT$58、約200円)。
ベースはあっさりとしているんですが、少量かかっている黒いタレはニンニクを利かせてありパンチのある味付けと食べごたえ。

水耕A菜

今回注文したものの中では最も高価な、蹄膀(NT$110、約385円)。
特製のタレでじっくり煮込まれており、皮部分はプルプルとした豚足のような食感で脂独特の味があり、肉はホロホロと口の中で崩れて風味が広がる。
台湾らしい味付けのタレと肉の旨味が合わさって最高。今回のベストチョイスでした。

蹄膀

鮮蒜香腸(NT$40、約140円)。
食感はそのまんまソーセージなんですが、ニンニクを埋め込むことでしっかりと刺激・コクのある味に仕上がっています。酒がすすみそうな味わい。

鮮蒜香腸

これを読んでいる人に伝わったかどうか不安ですが、どれも非常においしかった……!
この満足度でトータルNT$247(約870円)ですよ。日本より若干物価の安い台湾とは言え、コスパがやばすぎる。

日本より若干物価の安い台湾とは言え、コスパがやばすぎる

また必ず来るよ、ヒゲのおっさん。

また必ず来るよ、ヒゲのおっさん

日本では、なぜか石川県のみに2店舗ある

日本にも出店してくれたら嬉しいけど、そんなわけないよなあ……と思いつつ調べてみると、なんと石川県内に2店舗あるとのこと。

↓鬍鬚張魯肉飯 金沢工大前店

↓鬍鬚張魯肉飯 イオン御経塚店

石川県にある佛子園 (ぶっしえん)という社会福祉法人と契約したため、石川県のみに出店しているらしい。
なぜ石川県なのか、なぜ社会福祉法人なのかは謎。

しかもこの佛子園の理念が「PLVS VLTRA(プルス ウルトラ)」なんですよね。まさかのヒロアカ……!

調べてみると、この「PLVS VLTRA」という言葉はカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の個人的モットー(標語)で、現在ではスペイン国のモットーでもあるんですね。


色々つながりがよくわかりませんが、ともかく国内であれば石川県に行けば鬍鬚張魯肉飯が食べられるようです。
次回訪問したときには地元の名物を差し置いて行ってしまうかも。。

あとがき

台湾旅行時にあえてチェーン店に行くかどうかは意見の分かれるところでしょうが、安くておいしくて個人的には非常に満足でした。

食べ物のおいしい台湾ではどの店に行くか迷うところですが、その選択肢の1つとして加えてもいい店なんじゃないかと思います。おすすめ!

↓安く海外旅行に行くなら知っておきたい予約サイトまとめ

海外旅行に安く行くために調べるべきオススメ予約サイト(ツアー・航空券・ホテル)

2019.09.27
続きを読む

↓旅行好きの私がすすめる厳選旅行グッズまとめ

旅慣れた私が旅行のときに持っていく便利グッズまとめ。国内でも海外でも、これだけあれば大丈夫!

2019.09.04
続きを読む