10月スタートの「キャッシュレス消費者還元事業」とは?クレカや電子マネー利用額のポイント還元を受けるにはどうすればいい?

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店マーク

2019年10月より始まった、消費税増税と軽減税率。

↓軽減税率についての詳しい解説

消費税8%それとも10%、どっち?10月1日から始まった「軽減税率」について詳しく解説します

2019.10.03
続きを読む

それと同時に、「キャッシュレス・消費者還元事業」なるものがスタートしたのをご存知でしょうか。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、
キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援します。
本支援を実施することで中小・小規模事業者における消費喚起を後押しするとともに、
事業者・消費者双方におけるキャッシュレス化を推進します。
キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)

……役所らしくお堅い文章でわかりにくいですが、要するに対象の店でキャッシュレスの決済手段を使ってくれたらポイント還元するよということ。


軽減税率に比べるとそれほど話題になっていない印象が(個人的には)ある、このキャッシュレス・消費者還元事業。

一体どのような制度なのか?ポイント還元だかキャッシュバックだかはどうすれば受け取れるのか?
私自身もよくわからなかったので、調べてまとめてみました。


「キャッシュレス・消費者還元事業」って?

概要

「キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費税率引き上げに伴う需要の落ち込みを抑える施策の一環として実施されているもの。
欧米やアジア諸国に比べ遅れているキャッシュレス決済の普及も含めた一石二鳥を狙っている。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、デビットカード決済といったキャッシュレス決済を対象の加盟店で利用すると、店により5%もしくは2%をポイントで還元。

ただし、消費税引き上げは半永久的なものなのに対し、キャッシュレス・消費者還元事業は9ヶ月で終了する。

対象期間

2019年10月〜2020年6月

対象決済手段

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段
※一部例外あり

対象店舗

例えば大手コンビニであっても一部の加盟店は対象外だったり、同じチェーンでも店によって違う場合があります。
以下の公式検索サービスでチェックするのが確実。

公式アプリもリリースされているようです。

ポイント還元対象店舗検索アプリ
ライフスタイル, ショッピング
無料

ただ、どちらも使いにくい。。。対象期間も9ヶ月しかないし改善は期待できないので、我慢して使うしかないですね。
さすが政府が関わるITにはろくなものがないぜ


対象店には以下のマークがどこかに掲示されているはずなので、そこで見分ける方法もアリ。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店マーク

還元率

5%、もしくは2%。対象外(還元率0%)の店舗もある

▼主な5%対象:多くの中小飲食店、小売店、サービス業、一部地域スーパーなど
▼主な2%対象:フランチャイズチェーンのコンビニなど(大手コンビニの中にも対象外の店舗あり)
▼対象外:大手スーパー、大手ドラッグストアなど

還元方法

カードや決済方法、利用する店舗により異なる

【決済方法により変わる例】
楽天カードは楽天スーパーポイント、アメリカン・エキスプレスカードは引き落とし額から相殺

【利用店舗により変わる例】
大手コンビニのフランチャイズ店は利用額から即時2%値引き、その他のほとんどの店舗は各決済手段のポイント等で還元

消費税率8%と10%が混在したレシート

レシートを見ると、2%分の額が即時割引されているのがわかる

カードや電子マネー、店によって違う!キャッシュバックをもらう方法

コンビニでの2%即時還元のように、対象の決済方法であれば何も考えずに払うだけでキャッシュバックされるものもあります。

一方で、クレジットカードや電子マネーによっては公式Webサイトでの利用登録が必要なものもありますし、還元方法も利用額との相殺だったり各社のポイントだったりとさまざま。

主要なキャッシュレス決済サービスの還元方法、必要な準備

キャッシュレス・ポイント還元事業の公式サイトに載っている主要なキャッシュレス決済サービスについての還元方法、必要な事前準備に関する表を以下に引用します。(ちょっと長いですが)

上限設定もあるようなので、利用額の多い人はこちらも注意が必要ですね。

JCBカード、ジャックスカード、TS CUBIC CARD

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 1

MUFGカード、DCカード、NICOSカード、三井住友VISA・マスターカード

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 2

UCカード、楽天カード、アメリカン・エキスプレスカード

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 3

PASMO、Suica、manaca

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 4

ICOCA、nimoca、SUGOCA、PiTaPa

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 5

nanaco、WAON、楽天Edy

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 6

LINE Pay、PayPay、Origami Pay、楽天ペイ

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 7

d払い、メルペイ、au PAY、J-Coin Pay

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 8

イオンカード、オリコカード、セゾンカード

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス 9

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービス

主要なクレジットカードや電子マネー、ショッピングサイトについて補足

主要なクレジットカードや電子マネー、ショッピングサイトのうち、ここまでに記載がなかったものや補足説明が必要なものを以下に挙げておきます。

Suica、モバイルSuica

SuicaやモバイルSuicaでキャッシュレス消費者還元事業のポイント還元を受ける

SuicaやモバイルSuicaでキャッシュレス決済によるポイント還元を受けるには、JRE POINT WEBへの登録が必要。

未登録の場合は、こちらのページから新規登録へ進みましょう。

メールアドレスとパスワードを入力し、仮登録。

メールアドレスとパスワードを入力し、仮登録

届いたメールに記載のURLをクリックし、本会員登録を進めます。

届いたメールに記載のURLをクリックし、本会員登録を進める

私の場合はモバイルSuicaの登録なので、「Suicaで登録される方」→「モバイルSuica」と選んでいきます。ビューカードやSuicaカードの方はそれぞれ自分の登録するSuicaに合ったものを選んで進めてください。

私の場合はモバイルSuicaの登録なので、「Suicaで登録される方」→「モバイルSuica」と選んでいく

氏名や生年月日、電話番号等を入力。

氏名や生年月日、電話番号等を入力

以上でJRE POINT WEBへの登録は完了です!


モバイルSuicaに登録しているメールアドレスがわからない場合、AndroidであればモバイルSuicaアプリを開いて「その他」→「携帯情報端末の情報」へと進み、

モバイルSuicaに登録しているメールアドレスを確認。Androidの場合

「携帯情報端末のメールアドレス」を確認してください。

「携帯情報端末のメールアドレス」を確認

iPhoneの場合、モバイルSuicaアプリのトップ画面で「i」ボタンをタップすると、「Suica識別ID」のところに登録メールアドレスが載っているはずです。

「Suica識別ID」のところに登録メールアドレスが載っているはず

JRE POINT ポイント還元キャンペーン JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT


↓モバイルSuicaに使うクレジットカードは、ビックカメラSuicaカードが良い理由

iPhoneのApple PayでSuicaオートチャージするなら「ビックカメラSuicaカード」が絶対おすすめ

2018.11.02
続きを読む

PASMO

PASMOに関しても、専用のサイトで会員登録が必要。

PASMOのキャッシュレスポイント還元

ただし自動的にポイント付与されるわけではなく、わざわざ受け取りに行かなければなりません。

具体的には、以下の段階を踏む必要があるらしい。
① 集計期間ごとに還元ポイントと還元方法をメールで連絡
② パスモが指定した場所でポイントをPASMOにチャージ

他の決済手段に比べて面倒極まりないので、他に使っているクレジットカードや電子マネーがあるならそちらを使った方がいいんじゃないかと個人的には思います。
誰が考えたんやこんな面倒な仕組み

PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス|TOP

Amazonマーケットプレイスでの買い物

Amazonマーケットプレイスの一部商品は対象となっているようです。支払額の5%が即時値引きされる形。

Amazonマーケットプレイスで対象商品をキャッシュレス決済でご購入いただくと決済金額の5%分に相当する金額を充当します。
キャッシュレス決済で5%還元 @ Amazon.co.jp

Amazonマーケットプレイスの一部商品は5%還元

赤い「5%還元」マークが目印。

赤い「5%還元」マークが目印


ですが、Amazonのほとんどの商品は今回の「キャッシュレス消費者還元事業」の対象にはならないのであまり期待しない方が良さそう。

楽天市場でのショッピング

楽天市場は、大規模から中小規模まで多くの販売者が集まるネットショップの集合体。

なので、今回の「キャッシュレス消費者還元事業」として5%還元されるかどうかは購入する店によって異なります。

キャッシュレス消費者還元事業で楽天市場でも5%還元


楽天でポイント還元対象の商品を買いたい場合は、検索画面もしくは商品詳細画面で「キャッシュレス5%還元対象」の表示があるものを探しましょう。

キャッシュレス5%還元対象の表示があるものを探す

キャッシュレス5%還元対象の商品だけを絞り込んで探すこともできます。

キャッシュレス5%還元対象の商品だけを絞り込んで探すことも可能

Amazonのように即時値引きではなく、楽天スーパーポイント(通常ポイント)で還元されます。

【楽天市場】キャッシュレスポイント還元!クレジットカード決済で楽天市場のお買い物が5%還元

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングも、楽天と同様に多くのネットショップが出品しているサイト。

同じ商品であっても、出品している業者によって5%還元対象かどうかは異なります。

PayPayボーナスライトを5%還元


多少わかりにくいですが、PayPayで5%以上の還元率のものはたいてい今回のキャッシュレス5%還元対象。
還元されるポイントはPayPayボーナスライトとなります。

PayPayで5%以上の還元率のものはたいてい今回のキャッシュレス5%還元対象

条件の絞り込みで「毎日5%還元」にチェックを入れると、今回の消費者還元事業対象商品に絞り込みが可能。

条件の絞り込みで「毎日5%還元」にチェックを入れると、今回の消費者還元事業対象商品に絞り込みが可能

還元されるのがPayPayボーナスライトなので、ポイント還元を受けるためには「PayPayへの登録」と「Yahoo! JAPAN IDとの連携」が必要です。

PayPayなどのキャッシュレスならポイント還元制度で5%還元 – Yahoo!ショッピング

Kyash

Kyashの場合、ポイント還元分はKyashポイントとして1日1回まとめて付与されます。
特に手続き等は必要ありません。

1ヶ月あたりの付与上限は5万ポイントとのことですが、Kyash VISAカードの利用上限額が12万円なのでそちらの方だけを注意していれば良さそうです。

↓クレカのポイントとの2重取りができる!Kyashについて詳しくはこちら

クレジットカード払いをKyash経由にするだけで、毎月2,000円以上もらえる。注意点はあるがほぼノーリスク

2019.09.07
続きを読む

マイレージプラスセゾンカード

私がメインカードとして使っているマイレージプラスセゾンカードについても調べてみたところ、他のセゾンカードと同様に請求金額に対する値引きとして還元されるようです。さすがにマイルで還元ってわけにはいかないか。
こちらも特にユーザー側での登録などは必要なし。

↓マイルアップメンバーに登録すれば1.5%マイル還元!マイレージプラスカードについてはこちら

マイレージプラスセゾンカードは還元率最強!100円で1.5マイル貯まり、片道5000マイルで日本全国へ

2019.08.21
続きを読む

⇒ MileagePlusセゾンカードを公式ページでチェックしてみる

あとがき

現金よりも、ポイントやマイルがもらえるクレジットカードや電子マネー決済の方がお得だしラクなのはもはや言うまでもないこと。
面倒だったりわかりにくい部分があるとはいえ、キャッシュレス決済を推進するこの施策には割と好印象を持っています。
軽減税率は最悪中の最悪ですけどね。。。)


せっかくの制度なので、フル活用してもらえるキャッシュバックなりポイントはしっかりゲットしておきましょう!


2019/12/15までの間であれば、スマートフォンでの電子マネー決済で最も還元率が高いのはおそらく私も使っているJCBカードを登録したApple PayやGoogle PayでのQUICPay決済。

「キャッシュレス消費者還元事業」による最大5%還元に加え、キャンペーンで20%のキャッシュバックが受けられます。合計なんと25%

39歳以下限定となりますが、JCB CARD Wであれば年会費もずっと無料なので、この機に申し込むのもアリだと思いますよ。

⇒ JCB CARD Wを公式サイトでチェックしてみる

↓JCBカードの20%キャッシュバックキャンペーンについて詳しくはこちら

Apple PayかGoogle PayにJCBカードを登録して使うと、20%(最大10,000円)のキャッシュバックキャンペーン中

2019.10.11
続きを読む