1台2役!RAVPowerのモバイルバッテリー兼USB充電器は旅行のお供にぴったり。PowerCore Fusionとどちらを選ぶ?

外部電源からmicroUSBポートへの入力か、コンセントに挿すことでバッテリーを充電可

購入してから約2年半ほど、旅行・出張のたびに必ずと言っていいほど持参していたAnker PowerCore Fusion 5000

コンセントに挿して使える2ポートUSB充電器&5,000mAhモバイルバッテリーの一台二役をこなしてくれるので、荷物が1つ減ってとても便利なんですよね。

「Anker PowerCore Fusion」モバイルバッテリーとUSB充電器の一台二役。旅行時の荷物が1つ減るぞ!

2018.02.02
続きを読む

ですがここ最近バッテリーがヘタってきたのか、本来iPhone 11を1.5回程度はフル充電できるところ、1回フル充電するのも厳しいくらいに充電容量が低下してきていました。

18ヶ月の長期保証も切れてしまったし次世代の製品もまだ発売されていないし、もう1つ買うしかないんだろうか。。。。


そう思っていたんですが、RAVPowerというメーカーから同様の製品「RAVPower RP-PB125」が出ているのを発見。
USB充電器とモバイルバッテリーを兼ねており、Anker PowerCore Fusionと価格も同程度。

RAVPowerさんの名前を知らなかったため(すみません)中国系の怪しい無名メーカーじゃないよなと調べてみたところ、2011年に設立されたアメリカのメーカーらしい。

私たちRAVPower [ラブパワー]は2011年にアメリカで発足され、モバイルバッテリーやUSB充電器などを中心としたパワーサプライ製品を世界各国で展開をしてきました。

ユーザーにとって快適な充電環境を提供すべく、常に最新のテクノロジーを追求した私たちの革新的な製品は多くのユーザーから支持を獲得し、現在では数千万ユーザーにご愛用いただいております。
RAVPower ラブパワー | SUNVALLEYが展開するパワーサプライブランド

Amazonレビューも見る限り変なものはないし評価は高いし、これなら大丈夫だろうと買ってみることにしました。私の購入当時はAmazonにて2,999円。


USB充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなす「RAVPower RP-PB125」

エメラルドグリーンでシンプルなパッケージ。”O”が電源ボタンになってるところがいいね。

エメラルドグリーンでシンプルなRAVPowerのパッケージ

早速中身を確認してみましょう。

早速中身を確認してみましょう

RAVPower RP-PB125本体のほかは充電用のmicroUSBケーブル、キャリーポーチ、ユーザーガイド、取扱説明書。

本体のほかは充電用のmicroUSBケーブル、キャリーポーチ、ユーザーガイド、取扱説明書

180日間は返品送料無料、さらに18ヶ月の保証期間に加えて製品登録をするとさらに12ヶ月の保証が追加されるとのこと。
合計30ヶ月、2年6ヶ月は保証期間としてはかなり長いですね。

製品登録をするとさらに12ヶ月の保証が追加される


こちらがRAVPower RP-PB125の本体。ホワイトとブラックの2色があるんですが、Anker PowerCore Fusion 5000がブラックなのでこちらはホワイトを選びました。

RAVPower RP-PB125の本体ホワイト

ちなみに、姉妹製品としてPower Deliveryに対応したUSB-Cポートを備えた製品もあるようです。


コンセントは折りたたみ式。持ち運び用としては非常に重要なポイント。

コンセントは折りたたみ式

前面に電源ボタン、microUSBポート(入力)、USBポート×2(出力)が集中しています。

前面にバッテリー残量確認ボタン、microUSBポート(入力)、USBポート×2(出力)が集中

何も接続されていない状態でボタンを押すと、ざっくりとバッテリーの残量がわかります。

何も接続されていない状態でボタンを押すと、ざっくりとバッテリーの残量がわかる


外部電源からmicroUSBポートへの入力か、コンセントに挿すことでバッテリーを充電可。

外部電源からmicroUSBポートへの入力か、コンセントに挿すことでバッテリーを充電可

USBケーブル等でさまざまな機器に出力し充電できます。
容量6,700mAhは、iPhone 11なら約2回分充電できる計算。

USBケーブル等でさまざまな機器に出力し充電できる

RAVPower RP-PB125とPowerCore Fusion 5000を比べてみた

ほとんど同じ機能をもつライバル製品であるRAVPower RP-PB125Anker PowerCore Fusion 5000を並べてみました。
前者の方が縦横に少しだけ大きく、後者の方がやや厚みがある。

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000を並べて比較

なお、Amazonに記載のスペックによるとRAVPower RP-PB125は約81×75×27mm、約195g、6700mAh。
Anker PowerCore Fusion 5000は約72 x 70 x 31mm、約189g、5000mAhです。


前面を比較。RAVPowerの方はコンセント以外のボタンと入力・出力がすべてここに集中しているのに対し、PowerCore Fusionは側面にボタンとインジケーターがあるため前面にあるのはUSBポートのみ。

RAVPower RP-PB125とAnker PowerCore Fusion 5000の前面を比較

どちらもコンセントは折りたたみ式。PowerCore Fusionの方は先が少し出っ張っていますが、これで困ったことはないし何ならコンセントが出しやすくて便利なくらい。
もちろん、RAVPowerの方も出っ張っていないからといって全く支障はありません。

どちらもコンセントは折りたたみ式

あとがき

Anker PowerCore Fusion 5000をずっと使ってきましたが、一台二役をこなしてくれるのは旅行時の荷物を減らす上でとても重要。

あとは実際に使ってみての評価になりますが、今回購入したRAVPower RP-PB125もきっと今後の旅行・出張等で大活躍してくれることでしょう。


なお、2019/10/8現在Amazonでこの製品のホワイトには500円割引のクーポンが使えるようです。
もしAmazonで購入される場合には、忘れずにチェックを入れておきましょう。約3,000円の製品に500円割引はでかい。

500円割引のクーポンが使える

↓私が本当に「買ってよかった!」と思うものを厳選しました

私が本当に心から「買ってよかった」モノたちオールタイムベスト【随時更新】

2019.09.09
続きを読む