LINEをiPhoneからAndroidに引き継ぐ手順。スマホに残せないトーク履歴は、PC版・iPad版なら残せるぞ

LINEロゴ

メイン機種をiPhoneからAndroid(Pixel 3a)に変えるにあたり、大きなネックとなるのがLINEの引き継ぎ

アカウントを友だちリストごと移行するだけなら何の問題もありませんが、現時点の仕様だと異なるOS同士(iPhone⇔Android)の場合はトーク履歴が移行できないんですよね。

iPhoneからAndroidに機種変更するなど、異なるOS間でアカウント引き継ぎをした場合、コイン残高とトーク履歴を引き継ぐことはできません。
LINE公式引き継ぎガイド


これまで友だちやグループでしてきたトークがまるごと消えてしまう。
昔のトークを見直すかというとその機会はそれほどありませんが、全部消えると言われるとやっぱり躊躇してしまいます。

調べた限り残す方法が無くはないものの、トークの相手やメッセージごとに保存が必要な上、スタンプ等残らないものもあり不完全。

結局、意を決してiPhone XSからPixel 3aにLINEを引き継ぎ、トークの画面はまっさらに。


仕方ないことだけど、これでLINEのトーク履歴が全部なくなってしまったか。。。と残念に思っていたんですが、実はiPhoneでもAndroidでもないところに残ってたんです。しかもテキストのみとかではなく、完全な形で。PC版、iPad版のLINEに。


LINEアカウントをiPhoneからAndroid(Pixel 3a)へ引き継ぐ方法と、PCやiPad版のLINEを併用することでどのようにトーク履歴が残るのか、紹介していきます!


LINEアカウントをiPhoneからAndroidへ引き継ぐ手順

LINEアカウントをiPhoneからAndroid(Pixel 3a)へ引き継ぐ手順は次の通り。

なお、今回は電話番号はそのままでLINEを移す場合についての解説です。

【移行元iPhoneでの作業】

まず、準備ができているか事前の確認から。
LINEのホーム左上にある歯車型の設定ボタンから「アカウント」を選びます。

LINE引き継ぎの準備ができているか事前の確認

ここで、電話番号・メールアドレス・パスワードが登録されているかどうかをしっかり確認してください。
登録されていないと正しくLINEの移行ができません。

電話番号・メールアドレス・パスワードが登録されているか確認


アカウント情報を確認したら、引き継ぎ作業の開始。
設定の「アカウント引き継ぎ」から「アカウントを引き継ぐ」スイッチをオンに。すると残り時間(36時間)のカウントダウンが始まるので、その間に作業を済ませてしまいましょう。

「アカウント引き継ぎ」から「アカウントを引き継ぐ」スイッチをオンに

【移行先Androidでの作業】

移行先のAndroid(今回はPixel 3a)にSIMカードをセットしていることを確認したら、LINEアプリをインストールしてアプリを起動し、電話番号を入力。

LINEアプリをインストールしてアプリを起動し、電話番号を入力

SMSで認証番号が送られてくるので、それを入力。これでアカウントの確認ができました。

SMSで認証番号が送られてくる

パスワードを入力すれば引き継ぎが行われ、それまでLINEを使っていたiPhoneでは同じアカウントを使えなくなります。それと同時に、これまでのトーク履歴は復元不可能に。
それでもいい覚悟ができたなら、OKをタップ。

パスワードを入力すれば引き継ぎが行われる


ここまで進んだ時点で、移行元iPhoneのLINEアプリは「利用することができません」表示となり、移したアカウントはもう使えません。トーク履歴もLINEウォレットも含め、一切の情報が閲覧・操作不可。

移行元iPhoneのLINEアプリは「利用することができません」表示に


友だち追加の設定をし、トーク履歴を復元では「あとで」を選びます。
Android同士のLINE引き継ぎであればここで復元できるようですが、今回のパターンだとGoogleドライブに保存している履歴がありませんからね。

Android同士のLINE引き継ぎであればトーク履歴復元が可能

3大キャリア回線やLINEモバイルを使っている場合は年齢確認が可能ですが、それほど機能は制限されないので後でもいいでしょう。

3大キャリア回線やLINEモバイルを使っている場合は年齢確認が可能

以上で作業は完了です。


Pixel 3aで確認してみると、プロフィールやグループ、友だちリストは完璧に復元されていたものの、やはりトーク画面はまっさらで何もない状態。やはりトーク履歴は移動できないんですね。。。

トーク履歴は消えてしまう

トーク履歴のほか、LINEコインの残高も移行できないようです。


普通ならこれでおしまい、涙を飲んでまたイチからスタートとなるところなのですが、思ってもみなかったところにトーク履歴が残っていたんです。

PC版、iPad版のLINEを使っていれば、トーク履歴は完璧に残る!

iPhone ⇔ Android間でLINEを引き継ぐと、友だちやグループのリストはそのまま移せるもののトーク履歴は消えてしまう。

ですが、トーク履歴を完璧な状態で残せる方法が実は存在するんです。調べたサイトやLINE公式マニュアルにも載っておらず全然知らなかったので驚きました。


それは、PC版(Windows/Mac)もしくはiPad版のLINEにトーク履歴を残しておく方法。

と言っても特別な作業は必要ありません。LINE引き継ぎ前にPC版やiPad版のLINEにログインして、トークを最新状態にしておくだけ。

考えてみれば、スマートフォンがiPhoneからAndroidに移ったとしてもパソコンやiPadには何ら関係ないですもんね。


PC版LINEにログインした状態でスマホ版LINEを引き継いだところ、自動的に一旦ログアウトされ再ログインを要求されました。

PC版LINEにて、自動的に一旦ログアウトされ再ログインを要求された

やはりPC版でもトーク履歴は消えてしまうのだろうか……と思いつつログインすると、ばっちり全てのトークが残っていました。マジか。素晴らしい。

PC版にはトーク履歴が残る

もちろん、スタンプ等もそのまま。PCにダウンロードされた状態なので、スマホの機種が移ろうが何しようが消えることはない、ということなのでしょう。


なお、LINEのメッセージ暗号化機能「Letter Sealing」を有効にするには、再度スマホ版LINEでの本人確認が必要です。

「Letter Sealing」を有効にするには、再度スマホ版LINEでの本人確認が必要

これを有効にしておかないとメッセージが読めない場合もあるので、早めに認証しておきましょう。

有効にしておかないとメッセージが読めない場合もある


PC版と同様に、iPad版にもLINEのトーク履歴を残すことが可能。
スマホ(iPhone/iPad)版とiPad版LINEは併用できるので、たとえスマホが変わったとしてもiPad版はトーク履歴そのままに引き続き使えます。
※Androidタブレットは不可

↓iPad版LINEの詳しい使い方はこちら

iPad版のLINEはiPhone版と並行して使えるし、設定もかんたん。ただしトーク移行は不可

2018.06.18
続きを読む

こちらも再度の本人確認を要求されますが、必要なのはそれだけ。

iPad版でも再度の本人確認を要求される

私の場合、iPad版LINEには1年ほどログインしていなかったためその当時のトーク履歴までしか残っていませんでした。。。知ってたら引き継ぎ前にログインしてたのに。

LINEアプリを起動してもトーク履歴のダウンロードは始まらず、起動後のトークのみが更新されていきます。

もしPC版やiPad版のLINEにトーク履歴を残したいなら、引き継ぎ前にLINEアプリを起動して全てのトークをダウンロードすることを忘れずに。

トーク履歴を残しつつiPhone⇔AndroidでLINE引き継ぎする手順まとめ

以上より、PC版やiPad版LINEにトーク履歴を残しつつiPhone⇔Android間で引き継ぎをしたい場合には、次の手順で行うといいでしょう。

STEP.1
PC版、iPad版LINEにてトーク履歴をダウンロードし最新状態に
PC版、iPad版のLINEにログインし、トーク履歴を最新状態に。このときの状態で履歴が残る。
引き継ぎ後に取り戻すことはできないので注意。
STEP.2
引き継ぐ元のスマホにて、アカウント情報の確認
引き継ぐ元となるスマートフォン(今回の私の場合はiPhone XS)にて、電話番号、メールアドレス、パスワードが登録されていることを確認。
STEP.3
引き継ぐ元のスマホにて、引き継ぐスイッチオン
引き継ぐ元となるスマートフォンにて、「アカウントを引き継ぐ」スイッチをオン。
STEP.4
引き継ぐ先のスマホにて、ログインや認証、初期設定を終える
引き継ぐ先となるスマートフォン(今回はPixel 3a)にて、登録しておいたメールアドレスやパスワードでログイン。
番号認証や初期設定を済ませて友だちリストなどが無事移行されていることを確認。
STEP.5
PC版、iPad版LINEにて再ログインし、本人確認
PC版、iPad版のLINEに再ログインし、トーク履歴が残っていることを確かめる。
Letter Sealing(暗号化)を有効にするため、本人確認をしておく。

トークを残すその他の方法

他にもトーク履歴(の一部)を残す方法はありますが、どれも不十分かつ不完全なのは否めません。

一応紹介しておきます。

トーク履歴をメール等で送信する

トーク履歴を、友だちやグループごとにメール等で外部に送信、保存することができます。

トーク画面を開き、右上矢印のメニューから「設定」→「トーク履歴を送信」とタップ。

右上矢印のメニューから「設定」→「トーク履歴を送信」とタップ

メール等の送信先を選び、送信。添付のテキストファイルにトーク履歴が残ります。

添付のテキストファイルにトーク履歴が残る

各種SNSやEvernote、Dropbox等を送信先にしてももちろんOK。

各種SNSやEvernote、Dropbox等を送信先にしてもOK

送信されたテキストファイルを確認し、保存できるものとそうでないものをチェックしてみました。その結果が以下の通り。

・メッセージのテキスト:◯
・標準の絵文字:◯
・LINEで購入した絵文字:×
・スタンプ:×
・画像:×

文字情報としては残りますがほぼそれだけといった感じで、トーク画面で見るような会話の雰囲気は皆無。

また、トーク履歴を残したい相手やグループがたくさんいる場合はその数だけ送信する必要があるため、非常に面倒です。

Keep

さらに狭い範囲になってしまいますが、LINEの機能「Keep」を使って1メッセージごとに保存することも可能。

保存したいメッセージの上で長押しし、「Keep」を選ぶだけです。

保存したいメッセージの上で長押しし、「Keep」を選ぶだけ

自分のプロフィールを開いて「Keep」を押すと、保存したメッセージが見られます。

自分のプロフィールを開いて「Keep」を押すと、保存したメッセージが閲覧可能

こちらは、メール等での送信と違い画像の保存もOK。

・メッセージのテキスト:◯
・標準の絵文字:◯
・LINEで購入した絵文字:×
・スタンプ:×
・画像:◯

ただし保存は1つずつしかできないので、利用シーンは特に大事なメッセージや画像があるときに限られそうです。

あとがき

iPhoneからAndroidに引き継ぐ時点でトーク履歴の保存は諦めていたんですが、まさかこんな形で残すことができるとは。

それほど見返す機会は無いにしても、万が一のときに確認できる安心感があるのは嬉しい。


パソコンやiPadが必要にはなりますが、iPhoneからAndroid(もしくはその逆)に機種変更する際にはぜひこちらの記事を見ながらやってみてください!