LINE Payアプリの使い方やクーポン取得、ポイント還元キャンペーンを解説します

平成最後の超Payトク祭

世はまさに決済アプリ戦国時代。PayPay、メルペイ、楽天Payと数々の電子決済アプリが登場してしのぎを削っています。

その中の1つが、LINE Pay(ラインペイ)
コミュニケーションアプリとして圧倒的なシェアを持つLINEが運営する決済サービスで、当初はLINEユーザー同士の送金やプリペイドカードが主流でしたが、現在ではQRコード/バーコード決済にも力を入れているようです。


PayPayの100億円キャンペーンに代表されるように、各決済アプリともユーザー獲得に躍起になっている今日この頃。

↓現在開催中のPayPay第2弾キャンペーン

【終了】PayPayの100億円キャンペーン第2弾のルールを解説。上限ありの最大20%還元で前回とはかなり違うぞ

2019.06.21
続きを読む

↓メルペイはGW期間中に50〜70%還元

【5/6まで】メルペイがGW期間中50%ポイント還元。セブンイレブンではなんと70%!

2019.04.27
続きを読む

LINE Payではポイント還元のほかに、「LINEアプリからLINE Payアプリを独立させる」という施策を取りました。


還元キャンペーンでは他に比べるとややおとなしめに見えるLINE Payですが(他が大盤振る舞いすぎるとも言う)、アプリの使い勝手という意味では個人的にはNo.1かなという印象。コード決済アプリとしてはかなり使いやすいです!


LINEアプリからLINE Payが別アプリとして独立

これまではLINEアプリからウォレットを選択し、そこからコード決済を選んで……という手間が必要だったLINE Payでの店頭支払い。

他アプリとの競争激化もあってか、2019年4月にLINE Payの決済用アプリがLINE本体とは別のものとしてリリースされました。

LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
ファイナンス, ライフスタイル
無料


App

LINE Payアプリではチャージはできず、決済や使える店舗の検索、クーポンの取得など「LINE Payの利用」に特化したものとなっています。

LINE Payアプリの使い方

LINE Payアプリの初回起動時は、まずチュートリアルが表示されます。

QRコードでサッと支払いができるほか、LINE Pay加盟店を見つける機能も。

QRコードでサッと支払いができるほか、LINE Payを見つける機能も

決済画面、加盟店検索、クーポン一覧といった機能はスワイプするだけで簡単に切り替えることが可能。

スワイプするだけで簡単に機能を切り替えられる

LINE PayアプリにLINEの情報を使う権限を許可するため、LINE Payのパスワードを入力します。

LINE Payのパスワードを入力

以上で初期設定は終了。


設定が終わった状態のLINE Payアプリを立ち上げると、いきなりカメラが起動するとともにQRコードやバーコードが表示されます。

他アプリがスキャンorコード決済をボタンで切り替えるところ、LINE Payアプリはこの1画面でどちらも可能なんですよね。
しかも、ポイントやクーポンの利用もこの画面で選択するだけ。残高もわかるので足りない場合はすぐ気付ける。

個人的には、他の決済アプリと比べて格段に使いやすいし考えられたUIだなあと思います。


右にスワイプ(左画面に移動)すると、LINE Payコード決済が使える店舗がマッピングされた地図が表示。
“C”のマークは、コード決済時にクーポンが使える店舗であることを表しています。

LINE Payコード決済が使える店舗がマッピング

「クーポン」ボタンを押すと、その店で使えるクーポンの取得も可能。

その店で使えるクーポンの取得も可能

さらに左画面では、キーワードや「クーポン利用可」などの条件でLINE Payコード決済が使える店舗を検索できます。

LINE Payコード決済が使える店舗を検索できる


次に、決済画面から左にスワイプ(右画面に移動)すると、取得済みのマイクーポンの一覧。
さらに右画面では、おすすめのクーポンが見られます。福岡限定クーポンなんてのもあるのか……!

取得済みのマイクーポンの一覧

LINE Payの支払い履歴は、決済画面上のメニューからいつでも確認できます。

LINE Payの支払い履歴


LINE Payアプリでは、Suicaなどにも使われているNFC(かざすだけで決済できる機能)も将来的に利用できるようです。

LINE PayにはNFC機能も

現在のところLINEの専用端末が必要なようで対応店舗や用途などはあまり明かされておらず、詳しいことはわかりません。

ただ、Suicaばりにかざすだけで決済ができるようになるなら、決済アプリ戦国時代で一歩抜きん出る存在になる可能性もありそうですね。

LINE PayへのチャージはLINEアプリから

2019年4月現在LINE Payにはクレジットカードチャージはできず、銀行やコンビニ等での現金チャージのみ。
チャージしたい場合には本家LINEアプリの「ウォレット」からチャージ方法を選んでください。

チャージはLINEアプリから

LINE Payをよく使うなら、残高が一定以下になると自動的にチャージされる「オートチャージ」を選ぶといいですね。

その場合、銀行残高を十分確保しておくのを忘れずに。

LINE Payの開催中キャンペーン

LINE Payでは、現在「平成最後の超Payトク祭」を実施中。

2019/4/18〜4/30までの間、LINE Payで買い物をすると15%還元。
さらにコード決済で+3%、マイカラーに応じて+0.5〜2%のポイントを還元。


還元ポイントの上限額は5,000円で、LINE Payアプリを一度でも使えば10,000円にアップします。
ポイント付与は6月末。

終了まであまり時間はありませんが、LINE Payユーザーの方はご活用ください。

LINE Payカードを持っているなら、Suicaチャージにも利用可能で最大20%還元を受けられます。
ポイント還元非対象であるという記述はどこにもないので、おそらく大丈夫なはず。

↓LINE Payカードについて詳しくはこちら

【追記あり】最大2%の高還元率!LINE Payカード(JCB)はオートチャージも可能なプリペイドカード

2019.04.24
続きを読む

あとがき

コード決済アプリが乱立している状況ですが、その時々で一番還元率がいいアプリを選ぶなり、使い勝手がよいものを選ぶなり、将来生き残りそうなものを予想して使ってみてもいいですね。

LINEという強固な基盤があること、またアプリの使い勝手の良さもあってLINE Payはなんだかんだ生き残りそうな気がしています。


何にせよ、これまでSuica等の電子マネーが入り込めなかった個人店にもQRコード決済が大きく広まっている実感があるのは嬉しい。キャッシュレスで暮らせる社会のために、引き続き頑張ってほしいものです。