Amazonプライム年会費が1,000円値上げ!つまり、Amazon MasterCardゴールドを入手すればむしろ得する…?

Amazon Mastercardゴールド

Amazonプライムが2019年4月12日、年会費を3,900円から4,900円(いずれも税込)に引き上げることを突然発表。

会費の値上げは通常数ヶ月〜1年程度の準備期間があるものですが、今回のAmazonプライム会費値上げは開始はなんと本日付け。つまり2019年4月12日の発表当日から値上げという常識破りをぶちかましてきました。さすがAmazonさんやで……。
(プライム会員の場合、更新時の年会費アップは5月17日から)

この度2019年4月12日付でAmazonプライムの年会費を3,900円(税込)から4,900円(税込)に変更する事となりました。

お客様がご登録されている年会費のお支払いプランにて会員登録の更新をされる場合は、2019年5月17日以降の会員登録更新時に新しい会費への変更が適用されます。
「Amazonプライムの変更に関する重要なお知らせ」メールより抜粋

予告なしの値上げともなると反発も起きそうなものですが、身の回りでは「まあ、しゃあないか」程度の反応が多いようです。

年4,900円でプライムビデオが見放題なだけでも相当安いのに、Amazon Musicが聴けてお急ぎ便や時間指定無料で写真も無制限に保存できるなんて、まだまだお得感がありますからね。

↓Amazonプライムの特典内容について詳しくはこちら

【無料体験あり】年会費4,900円の「Amazonプライム」でできることまとめ。動画、音楽、お急ぎ便など

2019.04.27
続きを読む

アメリカのAmazonプライム年会費が年119ドル(約13,000円)であることを考えると、まだまだ値上がりしそうなのが怖いところですが。。。


今回の値上げで気になったのが、Amazon MasterCardゴールドのメリットが強まったこと。

というのも、Amazon MasterCardゴールドは持っているだけでAmazonプライムが無料で使い放題になるカード。

年会費は10,800円(税込)とそこそこ高いですが、プライム年会費無料のほかにもいくつかの割引があるので、それらをトータルするとプラスになるのでは?

実際のところどうなのか、改めて検証してみました。


Amazon MasterCardゴールドの特典をおさらい

Amazon MasterCardゴールドで使える割引や入会特典をまずは確認してみましょう。

Amazon MasterCardゴールド

① マイ・ペイすリボ登録で年会費半額(実質一括払いも可)

Amazon MasterCardは三井住友カードが発行しており、同社のリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」が使えます。

マイ・ペイすリボを申し込み時に選択しておくことで、10,800円の年会費が半額に。つまり5,400円の割引。

初年度
申込時マイ・ペイすリボ選択で5,400円(税込)
Amazon Mastercardのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード


無計画に使っていると元金が減らず地獄行きになりかねないリボ払いですが、カードが届いたらすぐに支払い限度額を限界まで引き上げることで実質的に一括払いにすることが可能。
やり方は以下の通り。

カード会員ページの三井住友カードVPassにログインし、「リボ払い&キャッシング」の「マイ・ペイすリボ」を選択。

「リボ払い&キャッシング」の「マイ・ペイすリボ」を選択

スクロールして下の方にある「マイ・ペイすリボのお支払い金額変更」をクリック。

「マイ・ペイすリボのお支払い金額変更」をクリック

「増額を申し込む」を選択。

「増額を申し込む」を選択。

2つ項目があるうち、上が次回分の支払い、下が次次回以降の支払いです。それぞれ増額しておくといいでしょう。

上が次回分の支払い、下が次次回以降の支払い

「上記以外の金額を指定する」を選んで、毎月の支払予定金額よりも十分大きい金額を指定すれば完了。
カード自体の利用可能限度額を設定しておけば間違いありませんね。

毎月の支払予定金額よりも十分大きい金額を指定


もちろん一括で払い終えられれば利息は不要なので、余計なお金を支払うことなく割引だけを受けられます。

② WEB明細書申し込みで年会費1,080円割引(※2年目以降)

クレジットカード到着後に「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで、翌年度以降の年会費が1,080円割引となります。

カードご利用代金WEB明細書サービスをご利用の本会員の方は、条件を満たすと翌年度の年会費が1,080円(税込)割引されます。
Amazon Mastercardのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード

紙が絶対必要な理由でもないのなら、申し込まない手はありません。


ただし1点条件があるようで、過去1年のあいだに6回以上の請求が必要。

「カードご利用代金WEB明細書サービス」は過去1年間に6回以上の請求がある方が割引となります。
Amazon.co.jp: Amazon Mastercardゴールド: generic

6回以上買い物をすればOKなのか、1年のうちに6ヶ月分の請求が必要なのか、この文章だけではちょっと判然としませんね。。

AmazonのヘビーユーザーでAmazon MasterCardゴールドをメインの支払いに使うなら全く問題ないと思いますが、Amazonプライムの特典のみで買い物はしない人、別の支払い方法を使うつもりの人はご注意を。

③ Amazonプライム年会費無料

冒頭にも書いた通り、Amazon MasterCardゴールドを持っていればAmazonプライムが年会費無料で利用可能

これまでは年会費無料=3,900円の得でしたが、2019年4月12日以降は4,900円のプラスになるわけですね。

その他の特典

・Amazon.co.jpでの買い物で2.5%ポイント還元(それ以外の場所での利用は1%)
・最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
・年間300万円までのお買物安心保険

Amazon MasterCardゴールドの損益分岐点を再計算する

ここまでの情報をもとに、Amazonプライム会員はAmazon MasterCardゴールドを持つと得するのか、そうでないのかを計算してみましょう。

費用(税込) 備考
カード年会費 10,800円
マイ・ぺいすリボ -5,400円 支払い限度額を引き上げて一括払いにする
WEB明細書
申し込み
-1,080円
(2年目以降)
・適用は2年目以降
・過去1年間に6回以上の請求が必要
Amazonプライム
年会費無料
-4,900円
合計 500円(初年度)
-580円(2年目以降)

※2019/4/12現在


つまり、どうせAmazonプライム会員になるのであればAmazon MasterCardゴールドを申し込むことで、初年度は年会費が実質500円で済み、2年目以降は条件を満たせば580円プラスになる計算。

実際のお金のやり取りで言うと
・初年度:年会費5,400円の支払い(Amazonプライム年会費込み)
・2年目以降:年会費4,320円の支払い(同じくAmazonプライム込み=実質580円の得)
という形になりますね。


……ということは、Amazonプライム会員である以上は申し込まなきゃ損ってことやん。なんてこった。

Amazon MasterCardクラシックからゴールドへ切り替え

私はAmazon MasterCardクラシックをすでに持っているので、ゴールドを手に入れるには切り替え手続きが必要になります。

切り替え手続きは、以下のページから可能。

ページ中央にある金色のボタン「今すぐ申し込む」から、必要事項を入力して送信するだけです。

審査、通ってくれよ……!

あとがき

今後さらにプライム年会費が上がったとしても、カード年会費が上がらない限りは影響受けないというのも嬉しい。

Amazonプライム会員を継続するつもりであれば、Amazon MasterCardゴールドの申し込みをおすすめします!

↓まだやっていない人は今のうちにやって1000ポイントゲット

↓Amazonでの買い物はなるべく「タイムセール祭り」ですべき理由

Amazonでの買い物は、月1で開催される「タイムセール祭り」を狙うとポイント最大8.5%でおトクだ

2019.06.03
続きを読む

↓Amazon MasterCardクラシックとゴールドの比較

Amazon MasterCardクラシックとゴールドを比較。アマゾン買い物で高還元率&ポイント付与が早い!

2018.01.12
続きを読む