クレジットカード払いをKyash経由にするだけで、毎月2,000円以上もらえる。注意点はあるがほぼノーリスク

見た目はクレジットカードと変わらないKyash VISAカード

2018年7月頃に入手して以来、毎月のように限度額の12万円ギリギリまで利用しているKyash

毎月のように限度額の12万円ギリギリまで利用しているKyash

銀行やコンビニ等でチャージするプリペイドカード(前払い)なのですが、クレジットカードでもチャージできるので実質的には後払いのカードとして利用が可能。


利用金額に対して2%のキャッシュバックが翌月末に付与されるので、これまで2度受け取りました。
限度額の120,000円ギリギリまで使えば、その2%で2,400円。ジャスト12万とはいかないので2,400円まではいきませんが、毎月2,000円以上もらえてます。

Kyash利用で2%のキャッシュバック受け取り

一般的なクレジットカードは、還元率0.5〜1%。頑張っているところでも1.5%程度がせいぜい。
Kyashを使うことでそれを上回る2%のキャッシュバックを受けつつ、クレジットカード経由にすることでカードのポイントやマイルまでそのままもらえてしまうのが凄い。

つまり、普通にKyashのカードを飲食店やネットショッピング、コンビニ等で使うだけで、2.5%以上のお金が返ってくるんです。


還元率の高いクレジットカードを探すのが好きなので色々と調べ渡り歩いてきましたが、こんなにノーリスクで高還元率のものは見たことがない。何か裏があるんじゃないかと勘ぐりたくなるレベル。


Kyashのメリットをおさらい

Kyashの大きなメリット3つを、ここでおさらいしておきましょう。

クレカのポイントに加え、+2%キャッシュバックを受け取れる

最初に述べた通り、Kyashの利点はクレジットカード利用で貯まるポイント/マイルはそのままに、さらにKyashのキャッシュバックを追加でゲットできるところ。

厳選した還元率の高いカードをKyashチャージに使えば、クレカのポイント/マイルに加えてほぼノーリスクで+2%のお金が戻ってくる
にわかには信じがたい、思わず怪しんでしまうほどのうますぎる話。ですが本当です。


利用方法も簡単。Kyashアプリをダウンロードし、アプリから物理カードの発行手続き。
カードが届いたら、アプリに登録して好きなクレジットカードでの自動チャージを設定するだけです。

メッセージカードに挟まったKyash VISAカード

Kyash – ウォレットアプリ
ファイナンス, ショッピング
無料


App

↓Kyashについて詳しく知りたい人はこちらへ

プリペイドのKyash VISAカード、2%キャッシュバック&クレジットカードでチャージできて還元率最強説

2018.09.18
続きを読む

↓実際にカードを申し込み、アプリで設定してみたレポート

Kyash VISAカードの設定方法。2%キャッシュバック&クレジットカードでチャージすればポイント2重取り!

2018.09.18
続きを読む


なんと言ってもキャッシュバックが魅力のKyashですが、メリットはそれだけではありません。

支払い履歴がアプリで簡単に確認できる

毎月の支払い額や明細がいつでも手元で確認できるほか、支払い直後に通知が来るので万一の不正利用や決済ミス等もすぐにわかります。

Kyashユーザー同士での送金もアプリで簡単

相手がKyashを使っていれば、IDや名前で検索したりQRコードを読み込んだり、リンクを送ったりと多様な方法で送金が可能。

Kyashユーザーと割り勘する機会がまだないのでこの機能は未使用ですが、お札や硬貨をジャラジャラ払うより絶対便利。
もっと普及してほしい。

注意点のまとめ。クレジットカードとして使えない場合がある

現時点でかなり利用するメリットが大きいように思えるKyashですが、注意点もあります。

利用は月に12万円、1日あたり5万円まで

Kyashの利用限度額は、月に12万円、1日(1回)あたりの決済は5万円まで。

引き落としのタイミングで回復するクレジットカードの利用可能額と違い、きっかり月ごとに12万円です。


もちろん限度額なんて無い方が嬉しいですが、あまり多額の利用をされてキャッシュバックが膨大になっても困る、ということなんでしょうか。

12万で十分ならば良いですが、そうでない人は毎月限度額を気にしながら12万円以内に抑える運用が必要となります。

店によって使えない場合がある

VISAのクレジットカードは、対応してさえいれば当然どこでも利用可能。
しかしKyashの場合は、VISA加盟店であっても使えない場合が結構あるんです。

公式ページの説明は以下の通り。

*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*

毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
ガソリンスタンドでのお支払い
高速道路通行料金でのお支払い
航空会社、航空券予約、購入
ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
レンタカーのご利用料金のお支払い
各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

商品の一部が含まれる場合にもご利用頂けない場合がございます。

その他

4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
ICチップの読み取りが必要な加盟店
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。
オフライン加盟店
(高速道路や機内販売以外にも地方のスーパーなどでもご利用できない場合がございます)
リアルカードは海外の実店舗では使えません
   ※海外オンラインサイトでのご利用は可能です。
利用可能なお店 – Kyash FAQ

毎月の継続的な支払いやほとんどの旅費・交通費には使えないようなので、私がKyashを利用するのはスーパー、飲食店、ネットショップ、美容院あたり。


上記の他にも使えないパターンがあるようで、私が体験したところだとスーパーAでは普通に使えるのにスーパーBでは使えない、といったことがありました。理由は謎。

飲食店では今のところ払えなかったことはないですが、もしかしたら店によってはダメな場合があるかも。
予備のクレジットカードを持ち歩くのは必須と言えそうです。

あとがき

多少の注意点はあるものの、正直Kyashさんの財政大丈夫なのかと心配になるレベルのキャッシュバックなんですよね。
2%はあまりに破格だし収益を圧迫しすぎるので、ある程度普及するまで出血覚悟でやっているサービスなのかなあ。

いつまで続くのか若干不安ではあるけど、ともかくこの状態が続く限りはありがたく使わせてもらいます。
例えキャッシュバック率が1%や0.5%に減ったとしても、クレカのポイント/マイルにプラスαできる以上、それでも得なのは変わりないですけどね。(もちろん減ってほしくないけど)


皆が使うようになれば割り勘なんかも現金不要になり楽になるので、興味のある方はぜひ!

Kyashと何のつながりも利害関係もない私が言いますが、現時点(2018/10)では使わなきゃ損なサービスですよほんとに。

↓Kyashと高還元率のクレジットカードを組み合わせれば、よりおトク度がアップ

高還元率にこだわる私のクレジットカード使い分け

2018.10.12
続きを読む

↓Amazonユーザーなら、やらにゃ損なAmazonのキャンペーン。1人5,000円まで

とりあえず5,000円現金チャージしとけ!Amazonで1000ポイント+最大2.5%還元キャンペーン中

2018.04.12
続きを読む