Kyash VISAカードの設定方法。2%キャッシュバック&クレジットカードでチャージすればポイント2重取り!

メッセージカードに挟まったKyash VISAカード

以前紹介した、プリペイドのKyash VISAカード

いくつか制限はあるものの、2%キャッシュバック&クレジットカードでチャージ可(=クレカのポイントも貯まる)でポイントの二重取りができるため、トータルで今までにない還元率を叩き出す注目のカードです。

↓Kyash VISAカードの紹介記事

プリペイドのKyash VISAカード、2%キャッシュバック&クレジットカードでチャージできて還元率最強説

2018.09.18
続きを読む

申し込みが殺到していたらしく到着まで1ヶ月弱かかりましたが、先日届いたので早速設定し使ってみました。


VISAのクレジットカードがOKであれば基本的にはどこでも使える上、クレジットカードでのチャージ設定をしておけば事前にチャージ(入金)しておかなくても利用時にオートチャージされるのがとても便利。

オートチャージと言っても、SuicaやLINE Payカードのように「金額が一定額以下に減ったら自動で一定額をチャージ」ではなく、「利用のたびに必要金額をチャージ」なので無駄がないし大きな金額を使うときでも安心。


利用限度額が月12万円(一日あたり5万円)まで、定期的な支払い(公共料金や携帯代金など)には使えないなどの注意点はもちろんあります。
ありますが、普段のクレジットカード利用にKyash VISAカードを噛ませるだけで還元率が2%アップすると考えると凄い。

割り勘など友人とのお金のやり取りも簡単にできる利便性も兼ね備えたKyash、これからキャッシュレスの流れに乗って広がっていくかもしれませんね。


申し込み後1ヶ月弱、Kyashの物理カード(VISAブランド)が到着

2%還元を発表してから申し込みが殺到していたらしく時間はかかりましたが、それでも1ヶ月弱ほどで届いたKyash VISAカード
てっきりクレジットカードと同様に本人限定受取郵便で届くものと思っていたら、普通にポストに投函されていたので驚きました。

Kyash VISAカードの封筒

特に利用規約のような冊子はなく、メッセージカードのようなものにVISAカードが挟まっているだけのシンプルなもの。

メッセージカードに挟まったKyash VISAカード

カード番号と有効期限、VISAマークが書かれており、パッと見はクレジットカードと特に変わりありません。
ただ名前の欄が「KYASH MEMBER」となっているのは特徴的ですね。

見た目はクレジットカードと変わらないKyash VISAカード

この時点ではKyash VISAカードにチャージはされておらず、チャージ設定もまだなので使えません。

スマートフォンアプリを使って利用設定をします。

スマホのKyashアプリでカードの利用設定

iPhoneもしくはAndroidのKyashアプリを起動します。

初期画面で「発行・有効化」→「リアルカード有効化」を選択。

Kyash リアルカード有効化

届いたカードの番号、有効期限、セキュリティコードを入力すればカードの登録完了。
セキュリティコードは、裏面署名欄の横の3桁の数字。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力

カードを登録すると、アプリの初期画面にカード番号等の情報が表示された状態になります。セキュリティが気になる人は非表示にしたり、利用を一時停止(ロック)することも可能。

情報の非表示や利用の一時停止も可能

コンビニや銀行での現金チャージのほか、クレジットカードでもチャージできるのがKyash VISAカードの大きな特徴。
ただしクレジットカードブランドはVISA、MasterCardのみなので注意。

コンビニや銀行での現金チャージのほか、クレジットカードでもチャージできる

次に、Kyash VISAカードのチャージ用クレジットカードの登録に移ります。
ポイント二重取りの起点となるカードなので、なるべく高還元率のものを選ぶのがおすすめ。

チャージ用クレジットカードの登録

私は手持ちの高還元率カードがアメリカンエキスプレスばかりで使えなかったため、Amazon MasterCardクラシックを登録することに。

↓Amazon MasterCardの詳しい解説はこちら

Amazon MasterCardクラシックとゴールドを比較。アマゾン買い物で高還元率&ポイント付与が早い!

2018.01.12
続きを読む

カメラでカード番号を読み取ることも可能。

クレカの登録はカメラでもOK

クレジットカードチャージの設定を終えた状態だと、残高の下に登録しているカードのブランドと番号下4桁が表示されているはず。
「自動チャージ」とある通り利用時に自動チャージされるため、残高を気にする必要がありません

クレジットカードを登録しておけば、利用時にオートチャージされる

残高は気にしなくてよいので、注意しておくべきなのは月間の利用限度額12万円だけですね。


Kyash VISAカードは本来プリペイドカードですが、クレジットカードで自動チャージ設定することにより実質後払い、要するにクレジットカードと同様の支払いタイミングに。

大きなデメリットの1つである「先払い」がこれで消えることになりますね。それなのに2%キャッシュバック。お得すぎるぞ。

モバイルSuicaの登録クレジットカードをKyash VISAに変更

Kyash VISAカードでモバイルSuicaにチャージする場合、6,000円以上であればKyashの2%キャッシュバック対象。

モバイルSuicaアプリへのチャージやモバイルSuicaアプリ内での決済は、6,000円以上(1回のチャージ金額または1回の決済金額)がキャッシュバック対象となります
キャッシュバックについて – Kyash FAQ

これまではビックカメラSuicaカードで1.5%キャッシュバック&年会費無料を享受していましたが、Kyash VISAカードに変えると2%+チャージ用クレジットカードのポイントまで貯まる。
後者の方が絶対得やん……!

↓オートチャージするならビックカメラSuicaがベストな理由

iPhoneのApple PayでSuicaオートチャージするなら「ビックカメラSuicaカード」が絶対おすすめ

2018.11.02
続きを読む

改札通過時のオートチャージはビックカメラSuicaを含むビューカード系列でなければダメなので、Kyashカードに変更してしまうと使えなくなります。利便性を重視する首都圏在住の方は注意。

私は福岡在住でいずれにしろ改札オートチャージの機会は少ないので、遠慮なくKyash VISAに登録変更することにしました。


モバイルSuicaアプリを開いたら、右下の「Suica管理」から「登録クレジットカード変更」を選びます。

モバイルSuicaの登録クレジットカード変更

「変更後のクレジットカード情報」に、Kyash VISAカードの情報を入力。
このときオートチャージの設定をしたままだと、停止するように促されます。

Kyash VISAカードの情報をモバイルSuicaアプリに入力

Kyash VISAカードを含むビューカード以外のものに登録変更する場合、オートチャージ停止は免れません。停止設定を進めていきましょう。

ビューカード以外のカードだとオートチャージ停止

オートチャージの停止が完了したら、改めてクレジットカード情報の変更画面に。

オートチャージ設定停止したらクレジットカード変更が可能に

セキュリティコードを入力したら、登録完了です。

セキュリティコードを入力したら登録完了

キャッシュバック対象となる6,000円以上にチャージ金額を変更

モバイルSuicaへのチャージに使う場合、Kyashのキャッシュバック対象となるのは1回あたり6,000円以上の場合のみ。

なので、入金額の設定を変更して6,000円以上にしておきましょう。
「金額変更」から「その他」を選択。

モバイルSuicaへのチャージ金額変更

6,000円以上を選べばOK。私は細々とチャージするのが面倒だったので最大額の10,000円にしておきました。

チャージ金額を6,000円以上に設定

早速チャージしてみると、Kyashに通知が来て無事決済されたことが確認できます。事前のチャージいらずで便利ですねー。
……あれ、チャージ金額が増えてない?

Kyash VISAでモバイルSuicaチャージ

原因は不明ですがモバイルSuicaの表示遅延だったようで、ヘルプにある通りWalletアプリのSuica設定から「ヘルプモードをオンにする」と正常な金額に更新されました。よかった。

ヘルプモードで正しい金額に更新された

ヘルプモードについては、以下を参考にどうぞ。

端末や通信の不具合によりSuicaのSF(電子マネー)残高が正しく表示されない時や、端末が読み取り機に反応しなかったり誤反応してしまう場合に、ヘルプモードを使います。

【ヘルプモード設定手順—iPhone—】
① Walletを起動
② ご利用いただくSuicaを選択
③ 画面右下の i ボタンをタップ
④ 「ヘルプモードをオンにする」をタップ
⑤ Touch ID/Face IDにより約1分間ヘルプモードとなります。
ヘルプモードとは? | Suica Apple Pay よくあるご質問

Kyashアプリでは、利用額が確認できます。
若干遅れて反映されるクレジットカードのオンライン明細と違い即時反映されるので、支出を把握して管理する用途にも良さそう。

Kyashアプリで利用額をすぐに確認できる

Kyashユーザー同士での送金も容易なので、割り勘のときなんかにも大活躍すること間違いなしです。

限度額と利用不可な支払いに注意

もはや使わない意味がわからないほどに便利でお得なKyashですが、注意すべきなのは利用限度額使えない支払いがあること。


使えるのは一日あたり5万円、一ヶ月あたり12万円まで。
高額商品の支払いには向かないし、全ての支払いを集めると人によっては簡単に限度額を超えてしまうでしょう。

・ウォレットでの保有限度額は1000万円以下
・一日(一回)あたりの購入限度額は5万円以下 *24時間
・一ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
・一回あたりの送金限度額は5万円以下
・一回あたり送金できる人数は1人まで
・一回あたり請求できる人数は10人まで

※なお、Kyash Visaカードの有効期限は5年、Kyash Visaカードの期限内の利用上限は100万円となっております。利用上限が100万円を超えてもKyash Visaカードを更新することで継続してご利用頂けます。
ご利用限度について – Kyash FAQ


また、公共料金や電話の通信料、サーバー代金や各種月会費、一部ガソリンスタンドの支払いなど使えないシチュエーションも結構あります。
クレジットカードの代わりとしてではなく、限定した状況(例えばコンビニやスーパー、飲食店での支払いなど)のみで使うと割り切った方が良いかも。

一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い

・毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。

・ガソリンスタンドでのお支払い
・高速道路通行料金でのお支払い
・航空会社の機内販売でのお支払い
・一部ホテルでのお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
・nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ

その他

・ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。
・リアルカードは海外の実店舗では使えません
利用可能なお店 – Kyash FAQ

あとがき

還元率1%のAmazonクラシックカードを登録したので、私がKyash VISAカードやモバイルSuicaを利用した場合のトータル還元率は3%。
普通にクレジットカードを使うだけではまずあり得ない還元率ですね。


定期的な支払いには使えないとのことなので、現在のところ以下の用途で利用する予定。月によっては12万超えそうですが、アプリの履歴を見ればすぐ利用金額わかりますし問題ないでしょう。

・コンビニ支払い(モバイルSuica経由)
・スーパー支払い
・ネットショッピング
・飲食店での支払い


いつまで2%キャッシュバックが続くのかやや不安ではありますが、この還元率が続く限り使い倒すつもりです!

Kyash(キャッシュ)なら、誰でも簡単にVisaカードが発行できます。チャージしたお金は友達への送金だけでなく、ネットショッピングや全国のコンビニ、飲食店などで使え...

↓私が使っている高還元率のクレジットカードまとめ

高還元率にこだわる私のクレジットカード使い分け

2018.11.02
続きを読む