【2分でわかる】WWDC2018でのApple発表まとめ。iOS 12、macOS Mojaveなど

 

新しいmacOS Mojave(モハヴェ)が登場

毎年6月に行われている、Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC(Worldwide Developers Conference)」。
私も2013年に参加したイベントです。

↓2013年WWDCに参加したときのレポート

アップルのイベントWWDCに参加する上での注意点、持っておくと便利なもの

2013.07.09
続きを読む

開発者向けと銘打っているものの、一番最初に一般向けも兼ねたiOSなどの新ソフトウェア発表があるのが通例。まれに新製品発表がある場合も。
(その後一般公開されない開発者のみに向けたセッションが多数行われる)


今回2018年6月4日(日本時間6/5 2:00)に開催されたWWDCでは、残念ながら最も注目されるiPhone等の新モデル発表はなし。WWDCらしくiOSや新macOS等ソフトウェアの発表のみでした。

特に一般ユーザーにも興味のありそうな内容をざっくりまとめましたので、Appleユーザーは通勤中などにサクッとチェックをどうぞ。


iOS 12

今秋にリリースされるiOS 12が発表されました。

iOS 12

・カメラ起動が70%、キーボード表示が50%高速化など性能の向上。バッテリー持続時間アップ

iOS 12:機能の向上

・iOS 11に対応するデバイスはiOS 12も利用可

・AR機能が追加。さまざまなアプリで利用可能。Adobeなどサードパーティも対応

iOS 12:AR機能の追加

・Measureアプリ(メジャー、計測用のアプリ)が登場。カメラで例えばスーツケースや写真など四角や立方体のサイズがわかる

iOS 12:Measureアプリで計測

・ARKit 2により、複数人でARの世界をシェアすることが可能に。デモでは2人でARのゲームをプレイしていた

iOS 12:ARの世界をシェア

・LEGOの発表。組み立てたレゴの建物にiPhoneをかざすとARの街が登場し、さまざまなアクションが楽しめる

iOS 12:レゴのAR世界で遊ぶ

・写真検索機能の強化。「東京」「車」「犬」といったキーワードでの検索が可能に

iOS 12:写真検索機能の強化

Googleフォトにはずいぶん前からあった、写真のキーワード検索機能。Appleでも対応するようです。だいぶ後手ではありますが便利な機能なので良い進化。

Googleフォトが最高すぎる。無料で容量無制限バックアップにキーワード検索まで

2017.03.08
続きを読む

・写真アプリにてFor Youタブの追加。一緒にいた人とアルバムのシェアなどができる

・Siriにショートカット機能の追加。キーワードを決めておくと、例えば「鍵をなくした」と言えばTileが鳴る、といったアクションを設定可。

iOS 12:Siriショートカット機能

Tileって何?と疑問だったんですが、MAMORIOのような忘れ物防止タグみたいですね。

・ショートカット設定アプリでは、さまざまな機能をSiriに追加できる。例えば「家に帰ります」とSiriに告げると、マップアプリを起動して家へのナビをしつつ決められた音楽を流す、といった複数のアプリ起動もできる

iOS 12:Siriショートカットは自由に設定可

・株価アプリとNewsアプリが連動し、その企業に関連したニュースが読めるようになる
※Newsアプリ非対応の日本ではおそらく使えない

・ボイスメモアプリがiPadにも登場、iCloud同期が可能に

・iBooksの名前がApple Booksに。ショップではオーディオブックなども買える

・CarPlayで、Google Mapsなどサードパーティのナビアプリが使えるように

iOS 12:CarPlayでGoogle Mapsなどサードパーティアプリが使える

・Do Not Disturb機能。時間に応じて、夜は暗めにしたりなど通知時の画面表示を変えてくれる

・アプリごとに通知をまとめる機能の追加

・ScreenTime機能。iPhoneやアプリの利用時間、通知の数などのサマリーが閲覧可。アプリごとに制限時間を設けたり、子供用にはプライバシーのコントロールもできる

iOS 12:ScreenTime機能で利用状況がわかる

これは便利そうな機能ですね。ニンテンドースイッチの「みまもりSwitch」とかなり近い。スマホの使いすぎを防ぎつつ、子供用にiPhoneが持たせやすくなる。

「NintendoみまもりSwitch」子供のプレイ時間をチェックし、アラームや中断設定ができる。ハマりすぎの大人にも!

2017.03.20
続きを読む

・動く絵文字にTongue Detection(舌検出)機能の追加

フィッシャーズが嬉々として動画投稿しそうなこと山の如し。

・自分でカスタマイズしてつくるMemojiが新たに登場。自撮りの自分の顔をMemojiに置き換えることもできる

こちらも任天堂のMiiと似たような機能。顔立ちが若干アメリカン。

iOS 12:Memoji機能

・Group Facetimeで最大32人まで同時通話可能に。UIはふわふわと流動的で、発言者のアイコンが大きくなる仕様

iOS 12:最大32人のGroup Facetime

watchOS

・Conpetition(競争)機能。特定の相手とエクササイズの時間などを競い合える

watchOS:相手と競争できる機能

・ヨガなど新しい対応アクティビティが増えた

・Walkie Talkieというトランシーバーのような機能が追加。タップして喋ることができる

watchOS:トランシーバー機能

・”Hey Siri”なしで音声認識できるように

・ポッドキャスト、Webページの表示などに対応

・通知がより充実し、iPhoneのように通知をタップしてのアクションなどが充実

・PrideエディションのレインボーなApple Watchバンドが登場

Apple WatchにPrideバンド登場

tvOS

・DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)に対応

・シングルサインオンからゼロサインオンに

・スクリーンセーバーで、宇宙からみた地球を含むさまざまな場所を表示できる

macOS Mojave

今秋登場予定の新しいmacOS Mojave(読み方はモハヴェ)が発表されました。

新しいmacOS Mojave(モハヴェ)が登場

・時間に応じて壁紙も変化する

・黒ベースの新しい配色、ダークモードに対応

そういえばデザイン変更する機能って無かったなあと。暗い場所で作業するときなんかにダークモードなかなかいいですね。

macOS Mojave:ダークモードが利用できる

・デスクトップで同種のファイルをまとめられる機能・Stacksの追加。例えば写真、ドキュメント、動画などが1つのスタックにまとまる

・Finder内のクイックルックで、写真からPDFを作成したり透かしを入れたり、動画をトリムしたりといった編集が可能に

macOS Mojave:Quick Lookで簡易編集が可能に

・静止画だけでなく、動画のスクリーンショットが撮影可能に。

これまではQuickLookで可能だった、Macで再生される動画の撮影。それがより簡単になった、という認識でいいのかな?

Mac標準ソフトQuickTimeで、パソコン画面を音声込みで動画録画する方法

2018.01.08
続きを読む

・Continuity機能。MacとiPhoneが連動し、例えばiPhoneで撮影した写真をそのままMacのドキュメントに埋め込むなどシームレスに動く

macOS Mojave:MacとiPhoneが連動

・News、ボイスメモ、Home、株価アプリなどがMacにも登場

・プライバシー強化。広告のユーザートラッキングやSNSシェアボタンなどもブロック可に

・Mac App Storeのデザインを全面リニューアル。プレビュー動画にも対応

macOS Mojave:Mac App Storeのデザインがリニューアル

あとがき

iPhoneやMacなどのハードウェアの発表がなく、OSの新機能もそれほど驚くようなものはなかったため、ややインパクトの薄いイベントとなりました。

個人的にはiPhoneの利用状況がわかるScreenTime機能が気になってます。


例年通りであれば、次は9月上旬に新iPhoneを含む発表が行われるはず。そちらで何が登場するのか、期待しておきましょう!