LINE Payが「マイカラー」プログラムを発表。ポイント還元の判定条件が不明で使いづらいカードに

LINE Payカード

事前にチャージが必要なプリペイドカードとはいえ、2%の高還元率で重宝していたLINE Payカード

2018/5/30迄でこの一律2%ポイント還元が終了するとのアナウンスがされていたのですが、6/1からのプログラムについては未発表となっていました。

【追記あり】2%の高還元率!LINE Payカード(JCB)はオートチャージも可能なプリペイドカード

2018.03.30
続きを読む


切り替わり6/1の直前である本日5/29になって、やっと新しいインセンティブプログラム、その名も「マイカラー」が発表されました。

“インセンティブ”と言われてもピンとこないかもしれませんが、要するに『今後はこういう方式で還元率を決めていきますよ』ということですね。

内容を確認してみて出した私としては「還元率を目当てにLINE Payカードを使うのはやはりもうナシだな」という結論。

理由としては、以下の2つ。
① 還元率を決める「バッジカラー」の昇格条件がわからないため、計画が立てづらい。LINE次第でどうなるかも不明
② 最高のバッジカラーでやっと還元率2%のプログラムであり、上から2番目のバッジカラーだと1%に過ぎない。これでは一般的なクレジットカードと変わらない


詳しく読み解いていきましょう。


6/1より開始されるLINE Payマイカラープログラムの内容

LINE Payマイカラープログラム

2018/6/1からはじまるLINE Payのマイカラープログラムでは、LINE Payの総合的な利用状況によりバッジカラー(ランクのようなもの)が判定され、そのカラーによって還元率が決まるという仕組みです。

【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ | LINE公式ブログ
※この記事は2018年5月29日(火)に一部更新しました。(お問い合わせの多かった質問をFAQに追加いたしました。)いつもLINE Payをご利用いただき、ありがとうございます...

具体的に言うと、以下のサービスの利用状況が関連するようです。※今後追加される可能性あり
・QR/バーコード支払い
・LINE Payカード支払い
・オンラインショップでのLINE Pay支払い
・LINE Pay請求書支払い
・送金機能

前月20日までの利用状況で判定され、毎月1日に更新・反映されるとのこと。


なお、本人確認の完了が必須条件なのでご注意を。

バッジカラー別の還元率とインセンティブ

バッジカラー(ランク)によりどのようにポイント還元率が変わるかについては、以下の表を参照ください。

最高ランクの「グリーン」だと2%、最低ランクの「ホワイト」だとなんと0%。ゼロって。。。


5/29時点では未定となっていますが、ポイント以外のインセンティブも予定されているとのこと。
LINEでお手軽に支給できるプレゼントといえばスタンプあたりが思い浮かびますが、どうなんでしょうか。

バッジカラー 還元率 その他インセンティブ
グリーン 2% あり
(未定)
ブルー 1%
レッド 0.50%
ホワイト 0%

※2018/5/29現在


今回発表されたプログラムの内容で特徴的なのが、バッジカラーの判定条件がわからないところ。

他のカードであれば「月◯◯万円以上使えばボーナスポイント」などと明示されているのが普通ですが、LINE Payにおいては全ユーザーの利用状況に応じてLINE側が毎月決定する方式のようです。

つまりLINE次第で毎月どうとでも調整できる、ユーザー側はいくら使ってもどの程度還元されるかはフタを開けてみないとわからない、ということですね。

Q: LINE Payでたくさん支払いすれば、グリーン(LINEポイント最大)になれますか?
A: ユーザー全体の利用状況を元に個人のアカウントを判定するため、必ずしも上がるとはいえません。
そのため、全体の利用状況により、各ユーザーの月々の「マイカラー」は変動いたします。
【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ : LINE公式ブログ


さらに、LINEポイントの付与は月間決済金額10万円(税込)までという制限もあるため、少なくとも全ての支払いを集約するカードとしては不向きと言えるでしょう。

今回一部カラーにインセンティブとして付与される「LINEポイント」は、月間の合計決済金額10万円(税込)を上限に付与いたします。「LINE Pay」のQR/バーコード支払いおよび「LINE Pay カード」で10万円(税込)以上のお支払いは可能ですが、以降ポイントは付与されません。
【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ : LINE公式ブログ

キャッシュバック目当てのユーザーは使う理由がなくなった

これまで2%と高還元率なカードとして使ってきたLINE Payカードですが、今回の新プログラムにより還元率(キャッシュバック)目当てに使うカードとしてはほぼ終わったと言っていいかと思います。

まずバッジカラーの判定条件がわからないので、他のカードと比較して選ぶことが難しい。数万円くらい使ってもバッジカラー・ホワイトで1ポイントも還元されない可能性すらありますからね。

場合によっては2%のポイントを得られるかもしれませんが、いくら使えば、どれだけのサービスを使えばいいのかわからない上、おそらくLINE Payの様々なサービスを毎月幅広く使わなければ到達できないと予測されます。正直だるいし計画が立てられない。


そもそもLINE Payカードは前払いのプリペイドカードなので、後払いのクレジットカードに比べると先にお金が必要な分実質損しているのです。

それでも還元率が高いので使っていたというユーザー、つまり私にとっては今回の変更で使う理由が無くなってしまいました。

LINE Payカードのメリットとデメリット

イマイチな点ばかりを述べてきましたが、LINE Payをよく利用しているユーザーにとっては不可欠なカードであることも事実。
周りにユーザーが多いのであれば、割り勘に使うととても便利らしい。

友人とランチに行ったとき、混雑するレジで別々にお会計するのはスマートじゃない。どちらかがさっと払っておいて、帰り道にLINE PAYで割り勘するのが非常に楽だ。

LINEを立ち上げ、その他タブからPAYを選び、送金相手を探して1000円送っておく。これだけ。LINEを使っていない人はそういないので、誰とでもできる。人とご飯に行くたびにLINE PAYで割り勘しようよ、と布教している状態だ。
LINEを使って“割り勘”できる「LINE PAY」が便利すぎるのでみんな使ってくれないか? : Blog @narumi


さいごに、LINE Payカードを利用するメリット、デメリットについて私が現時点で把握しているものを以下にまとめます。

メリット
・割り勘時にLINE Payで受け取ったお金をそのまま使える

・プリペイドなので、子供に持たせて一定額以上は使えない、といった使い方も可

・LINEキャラクター好きならデザインが嬉しい

・LINEならではのインセンティブが今後追加される可能性あり

デメリット
・プリペイドなので、後払いのクレジットカードに比べ実質的に損(お金を無金利で貸している状態)

・バッジカラーの判定基準が不明瞭で、何をすればどの程度還元されるのか不明。せっかく使っても最悪ポイント0%すらあり得る

・詳細不明だが、おそらくLINE Payの様々な支払いサービスを毎月使い続けないと高還元率は期待できない

・月間税込み10万円以上はポイント還元されない

還元率で選ぶならおすすめのクレジットカード

私は主に還元率を重視してクレジットカードを選んでおり、その使い分け方法やおすすめのカードは以下の記事にまとめてあります。

高還元率にこだわる私のクレジットカード使い分け

2018.07.21
続きを読む


例えば、モバイルSuica用であれば>ビックカメラSuicaカード。還元率1.5%で、1度でも利用があれば年会費無料。
ほとんどのコンビニと多くの交通機関で使えるので、利便性も抜群。

↓ビックカメラSuicaカードについて詳しくはこちら

iPhoneのApple PayでSuicaオートチャージするなら「ビックカメラSuicaカード」が絶対おすすめ

2018.07.21
続きを読む


Amazonでの支払いには、ベタですがAmazon MasterCardがおすすめ。

「クラシック」と「ゴールド」の2種類があり、クラシックなら還元率1.5%、プライム会員で2.0%。ゴールドはいずれも2.5%。

年会費はクラシックは無料。ゴールドは10,800円かかるものの、プライム会員が無料付帯、さらに条件を満たすことでさらに6,480円割引されるため、実質420円で利用可能。

↓Amazon MasterCardについて詳しくはこちら

Amazon MasterCardクラシックとゴールドを比較。アマゾン買い物で高還元率&ポイント付与が早い!

2018.01.12
続きを読む

あとがき

私は高還元率を当て込んで使っていたユーザーなので、今回のプログラム変更に合わせてLINE Payカードの利用は止めます。


ただ、還元率を特に気にしておらず、LINE Payのサービスをよく利用しているのであればいずれにしろ欠かすことのできないカード。

新プログラムを頭に入れつつ、なるべくポイントを多く得られるよう工夫しつつ使ってみてください。

LINE Pay
簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット