MacBookのUSB-Cポートを超拡張する「ALMIGHTY DOCK C2」HDMI、microSD、USB、有線LANなど何でも来い!

 

ALMIGHTY DOCK C2:デバイスの接続

2015年発売のMacBookに始まり、現在ではMacの標準的な外部拡張となりつつあるUSB-C(Thunderbolt 3)ポート

新しいMacBookに搭載されるUSB-Cって?充電とか接続はどうするの?調べてみた

2015.06.29

汎用性が高く上下の区別がないといったメリットはあるものの、広く普及しているUSB-A対応製品がそのままでは使えないというデメリットも。


そこでUSB-Cをさまざまな規格に拡張するアダプタが必要になるわけですが、今回レビューする「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2」はまさに”全部入り”の変換アダプタ。

販売元のフォーカルポイントさんから提供いただきました。

1つのUSB-Cポートにこのアダプタをつなげるだけで、7種8個のポートを利用可能。

① USB-A(従来のUSBポート)×2
② SDカード
③ micro SDカード
④ USB-C(充電も可)
⑤ HDMI 4K
⑥ Mini DisplayPort
⑦ Ethernet 1000BASE-T(LANケーブル接続可)

MacBookやMacBook Proとこれを一緒に持ち歩けば、まず外部ポートで困ることはなさそうです!


MacBookのUSB-Cポートを大幅に拡張する「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2」

MacBookProなら2~4つ、MacBookには1つしかないUSB-Cポート。

そのUSB-Cポートを7種類ものインターフェースに拡張できるアダプタが「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2」です。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2

USB-CポートはPower Deliveryに対応し、MacBook Proの急速充電も可能。HDMIポートは4K(4096×2160)に対応しています。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2:パッケージ

対応しているのはこちらの7種類。多くの接続機器に対応するUSB-A、外部ディスプレイに利用するHDMIやMINI DP、有線LAN接続に使うイーサネット、カメラ等のメディアを読み込むSD・micro SDカードスロットなど、一般的な用途であればまず困ることはないラインナップ。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2:対応インターフェース

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2:スペック

ALMIGHTY DOCK C2アダプタ本体のほか、説明書と保証書が入っています。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2:内容物

小型モバイルバッテリーのような見た目と大きさですが、バッテリーに比べるとかなり軽い(71g)。

ALMIGHTY DOCK C2:モバイルバッテリーっぽい外観

裏側には製造元であるメーカー名「TUNEWEAR」の文字。

ALMIGHTY DOCK C2:TUNEWEAR

7種8つの拡張ポートをチェック

それぞれの拡張されたポートを見ていきましょう。

SDカード、micro SDカード、USB-Cポート。

ALMIGHTY DOCK C2:SD、micro SD、USB-C

逆側には4K対応のHDMI、Mini DisplayPort、USB3.0対応のUSB-Aポート。

ALMIGHTY DOCK C2:HDMI、Mini DP、USB-A

側面にEthernet 1000BASE-T、要するに有線LANポート。

ALMIGHTY DOCK C2:Ethernet 1000BASE-T(有線LAN)

パソコンに接続するオス側は、もちろんUSB Type-C。

ALMIGHTY DOCK C2:USB Type-C

MacBookともマッチする色、接続確認もOK

ALMIGHTY DOCK C2にはシルバーとスペースグレイの2色があり、それぞれMacBookとマッチするカラーになっています。
ご覧の通り、純正品と言われてもわからないくらいのフィット感。

ALMIGHTY DOCK C2:MacBookとマッチした色合い

ALMIGHTY DOCK C2:MacBookとマッチした色合いアップ

接続すると、青のインジケータランプが点灯。

ALMIGHTY DOCK C2:青のインジケータランプ

試しに、自宅オフィスにあるサブディスプレイ(HDMI)、iPhone(USB-A)、写真データ入りのmicro SDカード、純正の充電アダプタ(USB-C)を接続してみました。

ALMIGHTY DOCK C2:デバイスの接続

この通り、全く問題なく接続できました。iPhoneやmicro SDカードの読み込みもばっちり。充電もOK。

ALMIGHTY DOCK C2:接続されている様子

あとがき

デザインも拡張性も文句ない「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2」。

あとは9,980円というそれなりに高価な値段がそれに見合うかどうか、という判断になるでしょう。


MacBookのお供にはこれ以上ないアダプタ、と言い切って間違いないと思います!

MacBookに最初にインストールした、最低限必要なアプリ19

2018.02.02

MacBookを便利に使うための設定まとめ。トラックパッド・キーボード・日本語入力・表示する情報など

2018.02.02