【LINE】送ってしまったメッセージを消せる「送信取り消し(キャンセル)」機能の使い方

 

今や、日本人のメッセージや通話用アプリとしてスタンダードなものになったLINE(ライン)

2017/12/13より、そのLINEに一度送ってしまったメッセージを後から取り消せる「送信取消(送信キャンセル)」機能が追加されました。

送ってから24時間以内であれば、送信してしまったテキストやスタンプ、画像や動画、ボイスメッセージや位置情報などなんでも取り消しできます。

ただし、送信・受信側ともに「送信を取り消しました」というメッセージは残るため、何かを送ってからやっぱり消したんだな、というのはわかる仕様。


では、実際に送信取り消しはどうやってすればよいのか、送信側・受信側でどのようなメッセージが残るのかについて確かめてみました!


LINE送信取り消し方法の解説

まず、送信側・受信側でともに2017/12/13時点のLINEの最新版にアップデートされていることが必要です。そうでない場合、正しく送信取り消しされない場合がありますので注意。


メッセージを一旦送り、その状態で吹き出しを長押ししてみると…ご覧の通り、「送信取消」のメニューが出てきました。

LINEに送信取消機能

送信取り消し前の送信/受信側の画面を見てみましょう。送ったメッセージを受信側が既読した状態になっています。

「送信取消」をタップすると、『LINEのバージョンによってはメッセージが消えないことがあります』との表示。相手のLINEバージョンによるため、しばらくは送信取消を過信しない方が良さそうです。
問題なければ送信取消を実行。

送信側には「メッセージの送信を取り消しました」、
受信側には「○○(相手のユーザー名)がメッセージの送信を取り消しました」との文章が残ります。

内容については取り消すことができるが、全く痕跡を消すことはできないということですね。

ちなみに、取り消し時に既読だったかそうでないかは関係なく、残る文章は同じです。


未読でも通知が相手に行ってしまうと痕跡(「送信を取り消しました」メッセージ)は消えませんが、『相手が電源オフor圏外のうちに送信取り消し』『未読かつ相手がLINEの通知オフ、もしくは自分との会話を通知オフ(ミュート)にしている』場合のみ何のメッセージも残さず完全に無かったことにできるようです。

↓LINEの通知オフ(ミュート)方法はこちら

LINEで、特定の相手・グループのトーク通知をオフ(ミュート)する方法

2015.07.07

相手の環境に依存しますし当てはまるパターンは少なそうですが、一応参考までに。

プッシュ通知は送信取り消しすれば消える。が・・・

iPhone含むスマートフォンのプッシュ通知は、送信取り消しすることで消えます。

ただし取り消し前に相手が通知を見ているかもしれないので、既に見られてしまっている場合も当然あり得ます。

送信取消と削除の違い

LINEには、送信取り消しのほか「削除」というメニューもあります。パッと見でわかりにくいこの2つの違いですが、実際に削除をしてみると一目瞭然。

削除時のメッセージで「相手側のメッセージは削除されません」とある通りです。

メッセージを送った側からは削除したメッセージが消えますが、受信した側ではそのままで何の影響も受けません。ぶっちゃけほとんど意味のない機能と言っていいかと思います。

WindowsやMacのアプリ版でも送信取り消し可

WindowsやMacといったパソコン用のアプリでも、LINEの送信取り消しが可能に。

送ったメッセージのところで右クリック(Macなら二本指クリック)をして「送信取消」を選ぶだけです。

出て来るダイアログや、取り消し後に表示される内容も同じ。

あとがき

取り消し前に相手に読まれてしまう可能性も大いにあるため過信は禁物ですが、例えば彼氏・彼女や家族に送るつもりだったメッセージを友人や仕事相手に送ってしまったときなどに活用できそうですね。

送信取り消しすることで読まれずに済むかもしれないし、万が一読まれてしまったとしても証拠を消したりスクショ撮られるのは防げる、と。


「取り消しました」の文章が残るのは若干アレですが、それでも多くのユーザーがほしかった機能だと思います。ただ、個人的にはこの機能を使わずに済むようにやっていきたい…!

iPhoneで、LINEスタンプを友だちにプレゼントする方法

2017.06.20

iPhoneでのLINEモバイル設定方法。SNSがデータ消費なしで使えて、LINEの年齢確認も簡単!

2017.12.06

LINEでトーク相手に別の人のLINE連絡先(アドレス)を送る方法

2018.01.08