iPhone 6、6s、7の下取り額を調査。どこで買い取りしてもらうのが1番高い?表をつくって比較した

Iphone 7 waterproof 3

2018/9/30追記
本記事は、2017年11月のiPhone X発売当時に書かれたものです。

2018/9/12に発表された「iPhone XS」「iPhone XR」に伴い新たにiPhone Xや、8、7など古いiPhoneの売却額を比較した記事を書きました。

↓以下の記事が最新情報となりますので、そちらをどうぞ。

iPhone X、8、7、6sの下取り・買い取り額はどこが高い?携帯各社やショップ等を比較してみた

2018.10.01
続きを読む

iPhone 8や8 Plus、iPhone Xを手に入れたら、手持ちの旧iPhoneはどうしますか?

家族や友人にあげたりコレクションしておく人も中にはいるでしょうが、価値が高いうちに売却するというのが有力な選択肢。


iPhoneを取り扱っているドコモ、au、ソフトバンクをはじめ、Apple自身も下取りを行っているようです。
※なお、下取りはあくまで新しいiPhoneを購入する際に古い方のiPhoneを引き取るというもので、新iPhoneを購入せずに手持ちを売却することはできません

また、ソフマップなどの家電量販店や携帯買い取りショップなどは、常時現金やポイントでのiPhone買い取りを実施中。これまでは携帯会社の下取り額よりもこちらの方が高額になる傾向がありましたが、今回はどうでしょうか。

それぞれ下取り・買い取り額を調べ、比較してみました!


ドコモ(docomo)

NTTドコモの新しいiPhoneを購入する場合、下取りプログラムでの買い取り額は以下の通り。

下取り対象機種 下取り価格
良品 画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
38,000円 11,400円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
29,000円 8,700円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
20,000円 6,000円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
15,000円 4,500円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
22,000円 6,600円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
9,000円 2,700円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
12,000円 3,600円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
3,000円 900円
iPhone 5c
(16GB/32GB)
3,000円 900円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
1,000円 300円
iPhone 3GS 1,000円 300円
iPhone 3G 1,000円 300円

※価格は最大買い取り価格
※機種代割引もしくは利用料金割引
※2018年5月現在

【出典】
下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ


画面割れ品の価格を提示しているのは、大手携帯3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でドコモのみ。下取り価格が大きく下がっていることがわかると思います。

ただ、この画面割れiPhoneの価格下落はauやソフトバンクでも同様に起こるであろうこと。画面割れだとこれだけ下がるよと正直に提示している分、ドコモがいちばんユーザーに対して誠実であるというのが個人的な感想。


ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au

auのiPhone下取りは、機種変更と乗り換え(MNP)で下取り額が若干異なります。
また、MNPの場合は「①本体価格からの割引」「②利用料金からの割引」から選べる形。合計金額はほぼ変わらないので、もしauで下取りしてもらうならわざわざ分割せずに①を選ぶ方がいいでしょう。

金額に関しては、一部機種で機種変更の方がMNPより若干高い。ドコモより全体的に安めの設定となっています。

下取り対象機種 機種変更 乗り換え
①本体価格
からの割引額
②利用料金
からの割引額
iPhone 7 Plus 最大40,500円 最大40,500円 最大1,688円
×最大24回
iPhone 7 最大31,320円 最大31,320円 最大1,305円
×最大24回
iPhone 6s Plus 最大23,760円 最大23,760円 最大990円
×最大24回
iPhone 6s 最大17,280円 最大17,280円 最大720円
×最大24回
iPhone 6 Plus 最大15,120円 最大15,120円 最大630円
×最大24回
iPhone 6 最大11,340円 最大11,340円 最大473円
×最大24回
iPhone SE 最大15,120円 最大11,880円 最大495円
×最大24回
iPhone 5s 最大4,320円 最大4,320円 最大180円
×最大24回
iPhone 5c 最大4,320円 最大4,320円 最大180円
×最大24回
iPhone 5 最大2,700円 最大2,700円 最大113円
×最大24回
iPhone 4s 最大2,700円 最大2,160円 最大90円
×最大24回
iPhone 4/3GS/3G 最大2,160円 最大90円
×最大24回

※価格は最大買い取り価格
※機種代割引もしくは利用料金割引
※2018年5月現在

【出典】
iPhone | 下取りプログラム | au
下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au


au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンク(SoftBank)

ソフトバンクのiPhone下取りも、auと同様に機種変更と乗り換え(MNP)で分かれています。

機種変更は利用料金割引の特典Aと、ポイント付与の特典Bの両方がもらえる形。機種によって機種変更の下取り額の方が高いときと、乗り換えの方が高い場合があるようです。

下取り対象機種 機種変更 乗り換え
特典A 特典B
iPhone 7 Plus 36,000円
(1,500円×24回)
4,800円 45,600円
(1,900円×24回)
iPhone 7 26,400円
(1,100円×24回)
4,800円 31,200円
(1,300円×24回)
iPhone 6s Plus 19,200円
(800円×24回)
4,800円 24,000円
(1,000円×24回)
iPhone 6s 12,480円
(520円×24回)
4,800円 17,280円
(720円×24回)
iPhone 6 Plus 12,480円
(520円×24回)
4,800円 17,280円
(720円×24回)
iPhone 6 6,600円
(275円×24回)
4,800円 11,400円
(475円×24回)
iPhone SE 9,600円
(400円×24回)
4,800円 10,800円
(450円×24回)
iPhone 5s 4,320円
(180円×24回)
500円 4,800円
(200円×24回)
iPhone 5c 4,320円
(180円×24回)
500円 4,800円
(200円×24回)
iPhone 5 2,400円
(100円×24回)
500円 2,400円
(100円×24回)
iPhone 4s 2,400円
(100円×24回)
500円 2,400円
(100円×24回)

※価格は最大買い取り価格
※機種代割引もしくは利用料金割引
※2018年5月現在

【出典】
下取りプログラム(のりかえ) | キャンペーン一覧 | キャンペーン | モバイル | ソフトバンク
下取りプログラム(機種変更) | キャンペーン一覧 | キャンペーン | モバイル | ソフトバンク


ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

Apple

Apple Storeで新しいiPhoneを購入する場合も、下取りサービスを受けられます。金額は機種によりますが大手携帯3社とそれほど変わらない水準。(2017/11現在)

直接店舗で購入する場合はその場で代金の割引、オンラインストアの場合はギフトカードの返送となります。

注意
2018年5月現在、目安となる金額は提示されておらず、製造番号を入力して検索する必要があります。
以下は2017年11月つまり過去の買い取り金額ですので、お間違えのないよう。
下取り対象機種 下取り額
iPhone 7 Plus 46,000円
iPhone 7 38,000円
iPhone 6s Plus 28,000円
iPhone 6s 23,000円
iPhone 6 Plus 18,000円
iPhone 6 14,000円
iPhone SE 12,500円
iPhone 5s 5,000円
iPhone 5c 3,300円
iPhone 5 3,000円

※価格は最大買い取り価格
※機種代割引もしくはギフトカードで付与
2017年11月現在

【出典】
iPhone下取りプログラム – Apple(日本)

その他の買い取りショップ

では、ドコモ・au・ソフトバンクやAppleに対してその他の量販店、買い取りショップなどの価格設定はどうなっているのでしょうか?

イオシス

私の知っている店として秋葉原・大阪日本橋・名古屋大須で店舗を構え宅配買取もしているイオシスを例に表を作ってみました。めっちゃ大変だった。。。

下取り対象機種 容量 イオシス
docomo au、SB SIMフリー
iPhone 7 Plus 256GB 51,000円 51,000円 63,000円
128GB 46,000円 46,000円 58,000円
32GB 41,000円 41,000円 53,000円
iPhone 7 256GB 44,000円 42,000円 54,000円
128GB 39,000円 37,000円 48,000円
32GB 35,000円 32,000円 43,000円
iPhone 6s Plus 128GB 31,000円 28,000円 39,000円
64GB 29,000円 26,000円 37,000円
32GB 26,000円 23,000円 35,000円
16GB 23,000円 20,000円 30,000円
iPhone 6s 128GB 25,000円 22,000円 32,000円
64GB 23,000円 20,000円 30,000円
32GB 21,000円 18,000円 28,000円
16GB 19,000円 16,000円 26,000円
iPhone 6 Plus 128GB 18,000円 17,000円 25,000円
64GB 16,000円 15,000円 22,000円
16GB 14,000円 13,000円 20,000円
iPhone 6 128GB 15,000円 14,000円 21,000円
64GB 13,000円 12,000円 20,000円
16GB 11,000円 10,000円 18,000円
iPhone SE 128GB 20,000円 20,000円
64GB 18,000円 18,000円 25,000円
32GB 16,000円 16,000円
16GB 14,000円 14,000円 21,000円
iPhone 5s 64GB 9,000円 8,000円 14,000円
32GB 8,000円 7,000円 13,000円
16GB 7,000円 6,000円 12,000円

※価格は最大買い取り価格
※買い取りは現金
※未使用新品だとさらに高価買い取り
※iPhone 5以前のものは省略
※2018年5月現在

【出典】

iPhone売るなら【イオシス買取】へ

ネットオフ

大きなキズがあったり付属品がなかったりで、最大買い取り価格よりも査定が大幅に落ちる/落ちる可能性が高い場合は、ネットオフで売却する手もあります。

買い取り価格こそそれほど高くはありませんが、大きなダメージや画面割れなどなければ定額という一風変わった形式でのiPhone買い取りを実施中。


例えばiPhone 7 256GBの場合、中古買取価格はイオシスだと30,000〜44,000円。ネットオフだと定額で37,000円(2018/5現在)。
なので美品だとイオシスのほうが高く売れますが、キズがついていたり使用感があるならネットオフのほうが良さそう


多少傷がついていたりで買取価格が減額されてしまうのが心配なら、ネットオフの方が定額買い取りで結果的にお金が多く戻ってくる可能性が高い。チェックしてみる価値ありです。

⇒ ネットオフで買い取り価格をチェックする

結局、どこで売ればいいのか?

大手携帯3社&Apple VS イオシス・ネットオフの下取りの違いとしてまず目につくのが、容量ごとに価格が違うということ。

購入時にはデータ容量の違いで数万の差があるわけですから、どの容量でも同じ下取り価格というのは普通に考えるとおかしいんですよね。
なので容量ごとに買い取り価格が違うショップの方が筋が通っていると個人的には思います。


加えて、イオシスを含むほとんどの量販店、携帯ショップでは携帯会社やSIMフリーかどうかによっても買い取り価格は大きく異なります。

docomo端末ならほとんどの格安SIMがそのまま使えるし、SIMフリーであれば海外含むどの携帯会社でも使えて明らかに便利ですから、こちらも納得。


最大買い取り価格に関しても、ショップの方が携帯会社やAppleよりもかなり高い。値の付け方の関係上、データ容量が大きい場合は特に顕著にその違いが表れています。

例えばドコモのiPhone 6s 128GBの場合の最大買い取り価格は、以下の通り。(2018/5現在)

・ドコモ:15,000円
・au:17,280円
・ソフトバンク:17,280円
・イオシス:25,000円

その差は歴然ですね。しかもドコモ・au・ソフトバンク・Appleは新機種購入時の機種代割引or利用料金割引orポイント付与のみなのに対し、イオシスなどのショップは現金支払い。携帯各社やAppleの下取りプログラムを利用するのは明らかに損、と言い切ってもいいくらいです。


なお、価格はすべて汚れやキズ、不具合がない場合の最大買い取り価格です。ネットオフのような定額買い取りショップ以外では各社の査定により額はそれよりも減額される場合があるので、万全を期すならそれぞれ買い取り(下取り)価格を出してもらってから比較するのもアリ。

あとがき

携帯各社やAppleで新しいiPhoneを購入するとなると、ついついそのまま下取りに出してしまいがちな古いiPhone。

ですがきっちり調べてより高く売れるところで買い取ってもらえば、下手すると数万円単位の差が出てきます。知ってるのと知らないとでは大違い。



より得をするためにはどこで売るのがいいか、本記事がその参考になれば幸いです!

ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

Apple Online StoreでiPhoneをチェックする

iPhone Xを2年間使うと総額いくら?ドコモ・au・ソフトバンクと格安SIMで計算、比較した

2018.02.02
続きを読む

iPhone 8の機種代+月額料金でいくらかかる?ドコモ・au・ソフトバンクと格安SIMそれぞれ比較した

2018.02.02
続きを読む

UQモバイルとワイモバイルで販売されているiPhone 6s、契約するといくらかかる?比較した

2018.09.04
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です