iPhone Xを2年間使うと総額いくら?ドコモ・au・ソフトバンクと格安SIMで計算、比較した

iPhone Xの料金比較
とりあえずApple Online Store、ドコモ、au、ソフトバンク各社の公式ページでiPhone Xをチェックしたい場合は、以下からどうぞ。

ついに本日10/27(金)16:01より予約開始となる、iPhone X

入荷数が少ないとの噂もあり、比較的余裕のあったiPhone 8とは対照的にかなりの争奪戦となりそうな雰囲気があります。


基本的には現ラインナップだとiPhone 7かSEをおすすめしている私ですが、

iPhone Xと8、7、6s、SEをわかりやすく比較してみた。選ぶなら今こそ7かSEがいいのでは?

2017.09.15

やはりAppleが全く新しい機種と位置づけ、多くの新しい試みがされているiPhone Xはちょっと触ってみたいというのが本音。買おうかどうしようか、未だに悩んでいます。。。


そんなiPhone Xですが、やはり機種代金がやたらと高いのが大きなネック。

以前機種代金のみについてはドコモ、au、ソフトバンク、Apple Storeで比較した記事を書きましたが、

iPhone Xの機種代金比較。ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの特徴と価格は?

2017.10.24

機種代に月々の通信料も合わせた支払い総額は一体いくらになるのでしょうか?


今回は、機種代金のときと同様にドコモ、au、ソフトバンク、加えてApple Storeと格安SIMで運用した場合でそれぞれ総額いくらかかるのか、計算し比較してみました!


それなりに長い記事なので、時間のない方は「7 まとめの一覧表」だけ見てもらえればざっくりわかります。

計算条件

今回は、iPhone X 64GB5分以内通話し放題、データ通信5GBで契約する場合で計算しました。

プランやデータ通信量が変わると当然料金も変わりますが、ざっくりとどのくらいかかるのか、各社にどのような傾向があるのかはこの1パターンだけでも十分わかるはず。


それではいってみましょう!

携帯各社のiPhone X機種代金(再掲)

まずは、以前の記事で掲載したiPhone Xの機種代金を一覧表でおさらい。

スマートフォンで見ている方は、画面を横にしてもらえると見やすくなります。

ドコモ au ソフトバンク Apple Storeで
購入
本体代金 64GB 5,211×24
(125,064円)
5,340×24
(128,160円)
5,460×24
(131,040円)
121,824円
256GB 5,994×24
(143,856円)
6,100×24
(146,400円)
6,220×24
(149,280円)
140,184円
月々の割引 64GB -2,358×24
(56,592円)
【新規・機変】
-2,670×24
(64,080円)
【MNP】
-3,065×24
(73,560円)
【機変】
-2,810×24
(-67,440円)
【新規・MNP】
-3,210×24
(77,040円)
256GB -2,376×24
(57,024円)
実質価格 64GB 2,853×24
(68,472円)
【新規・機変】
2,670×24
(64,080円)
【MNP】
2,275×24
(54,600円)
【機変】
2,650×24
(63,600円)
【新規・MNP】
2,250×24
(54,000円)
121,824円
256GB 3,618×24
(86,832円)
【新規・機変】
3,430×24
(82,320円)
【MNP】
3,035×24
(72,840円)
【機変】
3,410×24
(81,840円)
【新規・MNP】
3,010×24
(72,240円)
140,184円

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※【機変】は機種変更時の価格


表を見てわかる通り、本体代金はドコモ<au≦ソフトバンク、2年契約時の実質支払い額はドコモ>au≧ソフトバンク。
auとソフトバンクの機種代金はほぼ同じです。

本体代金が高ければ高いほど2年契約破棄時の支払いが大きくなるため、縛りがより強い。

その縛りが強い分、月々の割引額を上げて実質支払い額を下げているのがauとソフトバンク、その逆がドコモという構図になっています。


では、今回のiPhone X 64GBで5分以内通話し放題、データ通信5GBという条件で考えた場合、それぞれいくらかかるのでしょうか、計算していきましょう。

NTTドコモ(docomo)

大手携帯会社の中でも、最もシンプルでわかりやすいプランを提供しているNTTドコモ

複雑な計算をしなくても支払い額がわかるので、その点ではユーザーに優しいと言えるでしょう。表をつくるのもラクで助かる

基本プラン カケホーダイライト:1,836円
カケホーダイ:2,916円
シンプル:1,058円 ※シェアパック専用
spモード 324円
データプラン 3,780円(2GB)
5,400円(5GB)
6,480円(20GB)など
合計 カケホーダイライト:5,940円(2GB)〜
カケホーダイ:7,020円(2GB)〜

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合

【出典】
iPhone料金シミュレーション | 料金 | iPhone | NTTドコモ


▼ 月々の支払い額(2年契約)

2,853(iPhone X機種代)
+1,836(カケホーダイライト)
+324(spモード)
+5,400(データプラン5GB)

= 10,413円/月


10,413×24 = 249,912円/2年間



ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au

今回、この料金比較記事を書くにあたり、最も私を悩ませたのがau

何しろプランが複雑で種類が多く、ホームページに掲載している情報にもさまざまな適用条件が隠れていたりして、ユーザーにまともに料金を理解してもらうつもりは無さそう。
(例えば、固定回線が必要なauスマートバリュー適用後の金額がでかでかと表示されていたりとか)

ユーザーを煙に巻いて料金を巻き上げようという意図がありありと伝わってきます。そのくらいヒドイ。
金額抜きにして個人的には今回おすすめしません。


iPhoneをauで申し込む場合、利用できるプランはざっくり4種類。

① auピタットプラン

毎月使った分だけの利用料金がかかるプラン。

一見得しそうにに見えるが、機種代金の割引(毎月割)が適用されなくなるという罠がある。

スーパーカケホ カケホ シンプル
料金 3,758円(1GB)
〜8,078円(20GB)
4,838円(1GB)
〜9,158円(20GB)
3,218円(1GB)
〜7,538円(20GB)
割引 1年間のみ-1,000円/月
(ビッグニュースキャンペーン)

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合
※毎月割が適用されないため、機種代金が高額となる

② auフラットプラン

こちらもピタットプラン同様、毎月割が適用されない。大容量データ通信をする人向けのプラン。

スーパーカケホ カケホ シンプル
料金 7,020円(20GB)
9,180円(30GB)
8,100円(20GB)
10,260円(30GB)
6,480円(20GB)
8,640円(20GB)
割引 1年間のみ-1,000円/月
(ビッグニュースキャンペーン)

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合
※毎月割が適用されないため、機種代金が高額となる

③ LTEプラン

通話料を含まずに高速データ通信が7GBまでできるプラン。

LTEプラン 1,008円
LTE NET 324円
LTEフラット 6,156円(7GB)
合計 7,488円

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合

④ 通常プラン

ドコモの「カケホーダイ」ソフトバンクの「スマ放題」と同様の、通話し放題がついたプラン。

基本プラン スーパーカケホ:1,836円
カケホ:2,916円
LTE NET 324円
データプラン 3,132円(1GB)〜8,640円(30GB)など
合計 スーパーカケホ:5,292円(1GB)〜
カケホ:6,372円(1GB)〜

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合


プランは4種類ありますが、今回の「5分以内かけ放題、データ通信5GB」の条件で契約できるのはauピタットプラン、通常プランの2つ。

auピタットプランに絡んでくるのが、今回新たに発表した曲者オプション「アップグレードプログラムEX(以下EXと呼びます)」。2年ごとに新機種に乗り換えれば機種代が半額…と一見安く見えるのですが、4年契約となる上に旧iPhoneは引き取られてしまうという条件つき。さらに月額390円かかります。これ、安くなってないよね…?

iPhone 8購入時、ソフトバンク「半額サポート」au「アップグレードプログラムEX」はオススメしない理由

2017.09.19

通常プランの場合だと、auはMNPを優遇しているため、新規・機種変更のユーザーよりも機種代金が安くなります。

……なんだかよくわかりませんよね?ともかく、計算してみましょう。

▼ 月々の支払い額(2年契約、auピタットプラン、EXなし)

【新規・機種変更・MNP共通】

5,340(iPhone X機種代、毎月割の適用なし)
+6,998(auピタットプラン5GB)
-1,080(ビッグニュースキャンペーン、1年のみ)
= 11,258円/月(1年目)12,338円/月(2年目)


11,258×24 + 12,338×24 = 283,152円/2年間

▼ 月々の支払い額(4年契約、auピタットプラン、EXあり)

【新規・機種変更・MNP共通】

2,670(iPhone X機種代、EXにより半額)
+6,998(auピタットプラン5GB)
-1,080(ビッグニュースキャンペーン、1年のみ)
+390(アップグレードプログラムEX)
= 8,978円/月(1年目)10,058円/月(2年目)


8,978×24 + 10,058×24 = 228,432円/2年間
※ただし、iPhone Xは回収される

▼ 月々の支払い額(2年契約、通常プラン)

【新規・機種変更】

2,670(iPhone X機種代)
+1,836(スーパーカケホ)
+324(LTE NET)
+5,400(データプラン5GB)

= 10,230円/月


10,413×24 = 245,520円/2年間

【MNP】

2,275(iPhone X機種代)
+1,836(スーパーカケホ)
+324(LTE NET)
+5,400(データプラン5GB)

= 9,835円/月


9,835×24 = 236,040円/2年間


au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンク(SoftBank)

日本でのiPhone発売の先駆けであるソフトバンク

良くも悪くも攻めたプランが以前は多かった気がしますが、今回はその座をauに奪われてしまった感があります。(今回のauの場合、あまりいい意味ではありませんが)


ソフトバンクのiPhoneで利用できるのは、「スマ放題orスマ放題ライト」「ホワイトプラン」のざっくり2種類。

① スマ放題、スマ放題ライト

基本プラン スマ放題ライト:1,836円
スマ放題:2,916円
ウェブ使用料 324円
データプラン 3,132円(1GB)
〜7,560円(50GB)
合計 スマ放題ライト:5,292円(1GB)〜
スマ放題:6,372円(1GB)〜

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合

② ホワイトプラン

ホワイトプラン 1,008円
ウェブ使用量 324円
パケットし放題フラット 6,156円(7GB)
合計 7,488円

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※2年契約の場合


このうち、今回の条件である「5分以内かけ放題、データ通信5GB」を満たすのはスマ放題ライト。

ここに、「半額サポート for iPhone」というこれまたややこしい新オプションが絡んできます。
auのアップグレードプログラムEXと同様に4年縛りになるのですが、月月割はそのまま残り月額料金もなし。ただし旧iPhoneはやはり引き取られてしまいます。
また、ソフトバンクは新規とMNPを優遇しているため、機種変更するユーザーよりも若干安くなります。

以上の情報をもとに計算してみました。

▼ 月々の支払い額(2年契約、半額サポートなし)

【機種変更】

2,650(iPhone X機種代)
+1,836(スマ放題ライト)
+324(ウェブ使用料)
+5,400(データプラン5GB)

= 10,210円/月


10,210×24 = 245,040円/2年間

【新規・MNP】

2,250(iPhone X機種代)
+1,836(スマ放題ライト)
+324(ウェブ使用料)
+5,400(データプラン5GB)

= 9,810円/月


9,810×24 = 235,440円/2年間

▼ 月々の支払い額(4年契約、半額サポートあり)

【機種変更】

1,325(iPhone X機種代)
+1,836(スマ放題ライト)
+324(ウェブ使用料)
+5,400(データプラン5GB)

= 8,885円/月


8,885×24 = 213,240円/2年間
※ただし、iPhone Xは回収される

【新規・MNP】

1,125(iPhone X機種代)
+1,836(スマ放題ライト)
+324(ウェブ使用料)
+5,400(データプラン5GB)

= 8,685円/月


8,685×24 = 208,440円/2年間
※ただし、iPhone Xは回収される



ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

Apple Storeで本体購入+格安SIM・IIJmio

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社で契約するほかに、iPhone XはApple Storeで調達し、自分でSIMを用意するという手もあります。

もしこの方法を取るのであれば、月々の支払いが安く済む格安SIMを契約するのがベスト。


多くの企業が格安SIM業界に参戦してきていますが、私のおすすめは実際にメイン回線として3年間使っているIIJmio(みおふぉん)

技術情報の開示や「かけ放題」サービスへの参入など、対応が速く丁寧で個人的には信頼を置いています。ピーク時に若干遅くなることもあるようですが、私が普通に使っている分には不満を感じたことはありません。
(住んでいる地域などにもよるので参考までに)



IIJmioの音声通話プランは以下の3種類。わかりやすい。

基本的に通話料は別なのですが、オプションとして10分以内通話し放題(月額896円)を付けることが可能。

今回の条件「5分通話し放題、データ5GB」よりは通話時間・データ通信量ともにやや多くなってしまいますが、近いプランで計算してみました。

ミニマムスタート ライトスタート ファミリーシェア
料金 1,728円(3GB) 2,397円(6GB) 3,520円(10GB)

※2017/10/27現在
※価格はすべて税込
※1年契約



以上より計算してみると、次の通り。

▼ 月々の支払い額(2年契約)

121,824(iPhone X機種代)
+2,397×24(ライトスタートプラン、6GB)
+896×24(10分通話し放題オプション)

200,856円/2年間



IIJmio(みおふぉん)をチェックしてみる

なお、Apple Online Storeで購入するつもりの方はApple Storeがおすすめ。Webよりもはるかにつながりやすいため、予約合戦を有利に進めることができますよ。

Apple Storeを App Store で
「Apple Store」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Apple Storeをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch ...

iPhone 6s&6s Plusを、Apple Online Storeで確実に予約するために知っておくべきこと

2015.09.12

iPhone Xは当日販売もあり。ふたたび転売屋の行列ができるのか…?

近年は予約販売で行列解消に取り組んでいるのかと思われたAppleですが、今回のiPhone Xは予約なしで当日来たお客さんの分も準備するそうです。

iPhone Xは世界の55を超える国と地域で提供され、11月3日(金)午前8時より(現地時刻)よりApple Storeでの販売を開始する予定です。ほとんどの店舗では、予約注文なしで早めに来店されるお客様に対してiPhone Xをご用意します。
iPhone X、10月27日(金)より予約注文がスタート – Apple (日本)

行列をつくってメディアを呼び話題をさらおうということなのかもしれませんが、怪しげな転売屋がずらりと並ぶ未来しか見えない。。。

一体どうなるのか、いろんな意味で注目ですね。

まとめの一覧表

今回計算した「5分以内かけ放題、データ通信量5GB」の場合の2年間支払い総額を一覧にしました。ざっくり把握にお使いください。

2年間の支払い総額
ドコモ 249,912円
au ピタットEXなし 283,152円
ピタットEXあり 228,432円(※1)
通常プラン(新規・機変) 245,520円
通常プラン(MNP) 236,040円
ソフトバンク スマ放題ライト(機変) 245,040円
スマ放題ライト(新規・MNP) 235,440円
半額サポあり(機変) 213,240円(※1)
半額サポあり(新規・MNP)

208,440円(※1)
Apple StoreIIJmio 200,856円(※2)

<※1> iPhone Xは回収される
<※2> 10分以内かけ放題、データ通信6GB

あとがき

少なく見積もっても2年経過後のiPhone Xの買い取り価格が4万は超えるであろうことを考えると、「auピタットプラン」「アップグレードプログラムEX」「半額サポート for iPhone」はナシだな、ということはわかってもらえるかと思います。


わかりにくすぎる携帯各社のiPhone料金ですが、少しでも理解の助けになれば幸いです。

手に入れる予定の方は10/27 16:01、座して待ちましょう!


ドコモオンラインショップでiPhoneをチェックする

au Online ShopでiPhoneをチェックする

ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

Apple Online StoreでiPhoneをチェックする


IIJmio(みおふぉん)をチェックしてみる

iPhone 6、6s、7の下取り額を調査。どこで買い取りしてもらうのが1番かしこい?表をつくって比較した

2017.11.02

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら