追加料金無料でSSL対応(https化)できるWordPress対応レンタルサーバーまとめ

無料でSSL(https)対応できるWordPressレンタルサーバー

WebのSSL(Secure Sockets Layer)化が進んでいます。

SSLとはざっくり言えばセキュリティで保護された通信方式であり、ブログなどのWebサイトで言えばURLの頭が「https」になっていればそのサイトはSSL化したセキュアなサイト。実は当ブログも対応したばかりだったりします。

もしサイトアドレスの頭が「https」でなく”s”がついていない「http」であった場合、そのサイトで入力した個人情報などが盗み見られてしまう可能性があります。


特に入力欄がない情報サイトなどであればいずれにしろ関係ないように思うかもしれませんが、そうはいきません。

というのも、Googleが「Chromeにおいて、httpのままのページでは警告を出す」「httpsをランキングシグナルとして利用する」と公式にアナウンスしているのです。

Chrome バージョン 62 以降では、ユーザーが HTTP サイトにデータを入力すると、「Not secure」警告が表示されます。
(中略)
最終的には、シークレット モードではないときも、すべての HTTP ページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。今後のリリースが近づいた際にアップデートを公開しますが、HTTPS への移行はできる限り早く進めてください。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けて

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。
(中略)
このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

実際にChromeを最新版にして試してみたところ、https化されたサイトでは「保護された通信」と表示されますが、そうでないサイトで何らかの入力をすると「保護されていない通信」と表示されました。

『シグナルとしてウェイトは大きくない』と述べられていることもあってか、現時点でhttp→httpsにして検索順位が上がったなどという具体的な話は聞こえてきていませんが、将来的にそれなりの影響を及ぼす可能性は十分。

サイト運営者として検索流入は生命線。これを無視するわけにはいかないでしょう。


ではどうやってSSL(https)化すればいいのでしょうか。

サイトをhttps化するには、まずSSL証明書を購入して申請、インストールする必要があります。
……よくわかりませんよね?大丈夫です、私もよくわかってません。

SSL証明書は規格などによって取得に数千〜数十万円必要ですし、詳しい人ならいざ知らずただブログを書いているだけの私のような人間にはさっぱり意味がわからないし、自分で設定するなんて不安しかありません。


そこでおすすめしたいのが、追加料金無料でSSL対応できるレンタルサーバー

月々のサーバーレンタル料金以上のお金を支払わなくて済むばかりか、SSL化のヘルプを見ながら作業すればあっという間にhttps化が完了。
私もうまくいくかドキドキしながら臨んだのですが、拍子抜けするほどあっさりと対応が終わって驚きました。
(ちなみにWordPressの場合です。それ以外だともうちょっと作業が必要かも)


今回は、そんな「追加料金無料でSSL(https)化できるWordPress対応レンタルサーバー」を調べてまとめました!


※時間の無い方は7の「まとめ表」だけ見ればざっくりわかります

無料SSL化できるサーバーをこれから選ぶなら、HTTP/2対応の有無を確認しよう

レンタルサーバーを選ぶにあたり、追加料金無料でSSL化できる他にもう1点確認しておきたいのが、HTTP/2に対応しているかどうか

HTTP/2は次世代の通信プロトコルで、並列処理により従来のHTTP/1.1に比べてより速くリクエストを処理することが可能。

要するに、サイトの表示が速くなるということです。

「HTTP/2」とは、HTTPS通信において表示速度を向上させる効果をもつ新しい通信プロトコルです。複数のリクエストを並列処理する仕組みにより、画像やJavascript、CSSなどを多く使用しているWebサイトで特に効果を発揮します。


文章、図ともにHTTP/2について | レンタルサーバー【エックスサーバー】より引用


HTTP/2非対応のところも入れれば無料でSSLが使えるサーバーは割とたくさんあるのですが、やはりサイト読み込み速度は速い方がSEO的にもユーザビリティ的にもいいに決まってる。

それに、現時点でHTTP/2に対応しているということは、今後も新しい通信規格や技術などに迅速に対応してくれる可能性が高いと考えられます。


というわけで、今回は追加料金無料でSSL対応しているレンタルサーバーのうち、HTTP/2にも対応している5社を厳選しました。

① JETBOY(ジェットボーイ)

JETBOY(ジェットボーイ)は、月額290円から使えるクラウドSSDレンタルサーバー。
無料で適用できるSSLとして「Let’s Encrypt」を採用し、HTTP/2にももちろん対応。


クラウド型と謳っている通り、サイトの成長に合わせてサーバー移行することなくスケールアップすることができるのが特徴。
次世代WEBサーバーのLiteSpeedを採用しており、Apacheの3倍の応答速度を実現しているとのこと。

また、24時間365日問い合わせ可能なサポート体制を整えているほか、サイトの引越しを無料で代行してくれるサービスまであるらしい。無料って…マジですか。

▼ 料金プランとスペック

出典:プラン料金 | JETBOYレンタルサーバー



⇒ JETBOYを公式サイトでチェックする

② mixhost(ミックスホスト)

mixhost(ミックスホスト)は、全てのプランでピュアSSDを実現したレンタルサーバー。

JETBOYと同様にLiteSpeedを採用しており、負荷に応じたスケールアップも簡単。

他の無料SSLがほとんど「Let’s Encrypt」を採用している中、mixhostでは世界シェアNo.1のCOMODO社の独自SSLを採用。もちろん追加料金無料で利用できます。


お試し期間も30日間と長いので、じっくり動かしてみてから決めることが可能。

WordPress移行サービスも提供しており、こちらは有料で9,800円となっています。

ちなみに、当ブログはこのmixhostに移行してhttps化を完了しています。移行サービスも利用してサクッとやってくれたのでマジで助かった。
その後JETBOYの移行サービスが無料というのを知ったけど、そっちも使ってみたかったかな…

▼ 料金プランとスペック

※価格は1年契約時の1ヶ月あたりの価格

出典:レンタルサーバーならmixhost | 30日間無料お試し




⇒ mixhostを公式サイトでチェックする

③ Xserver(エックスサーバー)

Xserverエックスサーバー)は、業界トップクラスのシェアを誇る老舗のレンタルサーバー会社。

WordPress専用であるwpX、エックスサーバーの上位サーバーと見られていたsixcore(シックスコア)も同じ会社が運営しています。

ちなみにシックスコアは、何を隠そう私が今回の移転前まで5〜6年ほど使っていたサーバー。十分安定していましたが、無料SSLに対応していなかったため移らざるを得なかったというのが実際のところです。

Wordpressを、Bluehostからsixcoreへ移行!その手順とつまづいたポイント

2011.12.04

現時点(2017/10/26)で選ぶなら、wpXはHTTP/2未対応、sixcoreはHTTP/2に加え無料SSLにも対応していないため、今3つの中から選ぶのであればエックスサーバーがベターだと個人的には思います。
(というか、この3サーバーの住み分けがイマイチわからない……)


エックスサーバーもLet’s Encryptによる無料SSLを提供しており、24時間365日サポートや高い稼働率も特徴。
長く運営しているだけあって実績も豊富で、ネット上を探せばノウハウがたくさん落ちているはず。

とりあえず迷ったら定番のエックスサーバーでいいんじゃないかと思えるほどですが、お試し期間が10日間と他サーバーに比べやや短いので気をつけましょう。

▼ 料金プランとスペック

出典:機能一覧 | レンタルサーバー【エックスサーバー】



⇒ エックスサーバーを公式サイトでチェックする

④ heteml(ヘテムル)

heteml(ヘテムル)は、GMOペパボが運営するレンタルサーバー。

2016年より高速なオールSSDを提供しているほか、ベテランスタッフによる無料の電話サポートも受けることができます。



無料SSLはLet’s Encryptで、お試し期間は15日間。

▼ 料金プランとスペック

出典:料金 – レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」




⇒ heteml(ヘテムル)を公式サイトでチェックする

⑤ ロリポップ

ロリポップは、ヘテムルと同じGMOペパボが運営するレンタルサーバー。ヘテムルよりもより安価で比較的小規模サイト向け。

最安でなんと月額100円から、WordPress利用可能なプランに限れば250円から使えるという業界最安クラスの価格が最大の特徴。

月250円から&無料お試し10日間!ロリポップサーバーで簡単にWordPressブログを始める手順

2014.08.11


2017年4月にHTTP/2、7月にLet’s Encryptによる無料独自SSLとここ最近立て続けにそれぞれ対応。

こちらもユーザー数が多く運用歴の長いサーバーなので、ネット上のノウハウも多数見つかることでしょう。
お試し期間は10日間と短め。

▼ 料金プランとスペック

出典:ご利用料金 – レンタルサーバーならロリポップ!


⇒ ロリポップを公式サイトでチェックしてみる

「追加料金無料でSSL(https)化できるサーバー」まとめ表

今回紹介した5社のサーバーについて、ざっくり表にまとめました。どれを選んでもそう間違いはないと思いますが、それぞれ運営サイトや目的などが違うはずなのでお好みで選んでみてください。

JETBOY mixhost Xserver heteml(ヘテムル) ロリポップ
無料独自SSL Let’s Encrypt Comodo Let’s Encrypt
HTTP/2対応
WordPress
月額料金 290〜7,580円 480〜7,180円 900〜4,800円 800〜2,200円 100〜2,300円
SSD 一部SSDとHDD混在
残りは全てSSD
全てSSD 新規は全てSSD 新規は全てSSD 上位プランのみ
管理画面 cPanel cPanel 独自 独自 独自
自動バックアップ 1日分 30日分 Web・メール7日分
MySQL14日分
1データ5000円
Web・メール7日分
MySQL14日分
月額300円
過去7回分
移行サービス 無料 9,800円 なし なし なし
お試し期間 14日間 30日間 10日間 15日間 10日間

あとがき

セキュリティを高めるSSL対応(https化)は、もはや避けられない潮流です。どんなサイトやブログであってもいずれは対応する必要に迫られるはず。

そんなとき、無料かつ容易にSSL化できるサーバーを使っていれば安心。今回挙げたレンタルサーバーは、そんな要望にしっかりと応えてくれることでしょう。


ぶっちゃけた話、イマイチなサーバーだと思ったらまた移ればいいだけの話。無料お試し期間など活用しつつ、今回の記事が自分や自分のサイトに合ったサーバーを発見する助けになれば幸いです!

6年間WordPressでブログ書いている私が使っている便利アプリ・ツール類まとめ【随時更新】

2017.06.02

今からブログ作るならこれ!日本製シンプル無料WordPressテーマ5選

2017.02.17

高クオリティ&良デザインな有料日本製WordPressテーマ6選。ブログやアフィリエイトサイトに!

2017.02.21

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら