iPhone 8購入時、ソフトバンク「半額サポート」au「アップグレードプログラムEX」はオススメしない理由

iPhone 8の発売に伴い、ソフトバンクが発表した新プラン「半額サポート for iPhone」及びauの「アップグレードプログラムEX」。

どちらも似たり寄ったりのオプションプランで、内容はざっくり言うと『2年ごとに機種代金半額で新しい機種と交換可能、ただし4年契約となる上に古い機種は引き取り』。


パッと見安くなるように見える(というかソフトバンク、auがそのように見せている)ためついつい加入してしまいそうになりますが、私の目から見るとこの両プランは明らかに入るだけ損です。

なぜそう言えるのか、この記事で詳しく説明していきます。


ソフトバンク「半額サポート for iPhone」の内容


ソフトバンクオンラインショップでiPhoneをチェックする

まずは、ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」について。

公式ページでは以下のように解説されています。

対象機種を割賦契約(48回)にて購入・24ヵ月間ご利用いただき、25ヵ月目以降に適用条件を満たすと、残りの分割支払金(最大24ヵ月分)を免除(一部は、お客様の回収端末の売買代金債権と相殺されます。)するプログラムです。
半額サポート for iPhone | オプション・割引 | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

iPhoneを48回分割払いで購入し、25ヶ月目に条件を満たした場合に以降の支払金(=実質負担の半分)が無料になるというプランです。

例えばiPhone 8 64GBを購入した場合、実質負担26,880円が半額となり13,440円分を支払わないまま新たな機種を手に入れられるとのこと。


半額サポート for iPhone | オプション・割引 | 料金プラン | モバイル | ソフトバンクより引用

これだけ聞くと得しそうな気がする人もいるかもですが、これ間違いなく損しかしません。その理由は後ほど解説。

au「アップグレードプログラムEX」の内容


au Online ShopでiPhoneをチェックする

次に、auの「アップグレードプログラムEX」について説明します。

スマホのご購入時に「アップグレードプログラムEX」にご加入いただき、かつ機種代金を割賦契約(48回)いただくと、24カ月間ご利用後に新たな機種に変更した際に、それまでご利用いただいたスマホの分割支払金残額(最大24カ月分)★2が無料となります。
アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | au

上記の説明を見る限り、4年契約かつ機種代の半額割引という点でソフトバンクの半額サポートと同じですが、以下の2点において若干異なります。

① 実質負担金ではなく、割引なしの機種代金の半額が割引となる
② 毎月割のない「ピタットプラン」「auフラットプラン」への加入が条件



公式ページに記載の内容は以下の通り。こちらも一見、機種代金が半額引きになるなら加入もアリのように見えます。


アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | auより引用

果たして本当にそうなのでしょうか?

アップグレードプログラムEX/EX(a) | スマートフォン・携帯電話 | au
アップグレードプログラムEX/EX(a)の紹介ページ。スマホ購入と同時にご加入いただくと機種代金のお支払い負担額が最大半額!スマホの購入がオトクになります。

普通に2年契約した場合と比較してみる(ソフトバンクの場合)

では、iPhone 8 64GBを新たに契約した場合を例にとって、機種代金を比較してみます。


まず最初にソフトバンクで2年契約した場合。「半額サポート for iPhone」の有無でどの程度変わるのか計算してみます。

▼ 半額サポート for iPhoneあり

560円×24ヶ月=13,440円
※半額サポート for iPhoneにより残りの24ヶ月分が割引

さらに、ここがポイントなのですが2年間使ったiPhone 8は回収されてしまい、手元には残りません。

▼ 半額サポート for iPhoneなし

1,120円×24ヶ月=26,880円

半額サポートなしの場合、機種代金が13,440円高くなってしまいますが手元にiPhone 8が残ります


つまり、手元に残ったiPhone 8 64GBに13,440円の価値があるかどうかが焦点となります。

13,440円以下の価値しかないなら、半額サポート for iPhoneに加入した方が良い。
13,440円以上なら、加入しない方が良い。

結論

2年使ったiPhoneの引き取り額はいくらくらいなのか、試しにソフマップあたりで2年前に発売されたiPhone 6sの買取価格を調べてみます。


Sofmap.com ハード買取 買取上限金額より引用。2017/9/19現在

なんと上限金額29,000円。そう、iPhoneはなかなか価値が下がらないので2年経った機種でも13,440円なんて悠々と超えた価格で買い取ってもらえるのです。
もちろん特別ソフマップの買取額が高いわけではなく、このくらいの額で買い取ってくれる店はゴロゴロありますよ。
※間違ってもソフトバンクに下取りに出しちゃダメです。めちゃくちゃ安く買い叩かれるので


これだけでも加入しない方が得ということがわかりますが、さらに半額サポート for iPhoneに加入すると4年間の分割払いとなるので、途中で解約すると月月割の適用が外れてしまいます。つまり実質4年縛り

さらに、機種変更時にも半額サポートの継続加入が条件となっているため、次のiPhoneも実質4年縛りでの購入となります。え、つまり永遠縛りってこと…?


以上より結論としては、『半額サポート for iPhoneに加入すると、損する上に4年契約という通常の倍の縛りまでついてくる』。

ショップの店員は勧めてくるでしょうが、絶対に入らない方がいいです。

普通に2年契約した場合と比較してみる(auの場合)

次に、auのアップグレードプログラムEXについて。

こちらは毎月割や料金プランも絡んでくるので、機種代金についてのみ考えればよかったソフトバンクの場合よりもさらに複雑でわかりにくい。というか、わざとわかりにくくしているとしか思えないレベル。

アップグレードプログラムEXは、auピタットプランもしくはauフラットプランへの加入が必須となっており、毎月割(機種代金の割引)が適用されなくなるのがポイント。

また、アップグレードプログラムEXそれ自体の加入にも月額390円かかります。

▼ アップグレードプログラムEXあり ※ピタットプランの場合

【機種代金】
1,905円×24ヶ月=45,720円
※アップグレードプログラムEXにより残りの24ヶ月分が割引。ただし毎月割は適用されない

【アップグレードプログラムEX代金】
390円×24ヶ月=9,360円

【auピタットプラン(〜5GB、スーパーカケホ、2年契約適用)】
6,998円×24ヶ月=167,961円

【ビッグニュースキャンペーン(2017/12/31までの新規・機種変更に適用)】
-1,080×12ヶ月=-12,960円


2年間の合計
210,081円
※2年使ったiPhoneは回収されるため手元に残らない

▼ アップグレードプログラムEXなし

【機種代金】
(3,810-2,670)円×24ヶ月=27,360円
※毎月割が適用される

【スーパーカケホ(2年契約適用)】
2,581円×24ヶ月=61,948円

【LTE NET】
324円×24ヶ月=7,776円

【データ定額5GB】
5,400円×24ヶ月=129,600円


2年間の合計
226,684円
※2年使ったiPhoneは手元に残る

結論

計算の結果、価格差は16,603円。ソフトバンクの場合と同様、この価格差vs2年使ったiPhone&4年縛りのトレードオフとなります。

うん、明らかにこのアップグレードプログラムEXも加入しない方がいいですね。
※ただしauのピタットプランは「使った分だけお金がかかる」というプランなので、毎月使用データ容量が大きく変わるような人はもう少しメリットを受けられる可能性があります


というか、auは税抜と税込のページが混在してたり、機種代金のページで固定回線やWi-Fi引いてないと適用されないauスマートバリューの割引含めて安くなるように見せてたりで、ソフトバンク以上に印象が良くないです。もっとわかりやすくしてほしい。

もっと言えばSIMフリーiPhone×格安SIMを使った方が安い

ソフトバンク、auの4年縛りプランで契約した場合とそうでない場合を比較してきましたが、私のおすすめはSIMフリーのiPhoneをAppleストアで購入し、格安SIMを挿して利用すること。私も2014年からこの形で運用しており、至って快適かつ安価に運用できています。

なぜSoftBankからドコモ・auでなくMVNO(格安SIM)にMNP転出しようと思ったか、3つの理由

2014.09.24

ワイモバイルとUQ mobileからiPhone SEが登場。結局どこが一番安いのか、料金や特徴を比較した

2017.04.10

私がメインで運用しているIIJmio(みおふぉん)で、SIMフリーのiPhone 8 64GB、スーパーカケホと同等以上の10分以内かけ放題オプション&データ6GBのプランを利用した場合いくらになるか計算してみます。

▼ SIMフリーiPhone 8 64GB&IIJmioを利用した場合

【機種代金】
85,104円
※Apple Online Storeでの価格

【ライトスタートプラン(6GB)】
2,397円×24ヶ月=57,528円

【通話定額オプション(10分以内ならかけ放題)】
896円×24ヶ月=21,504円

2年間の合計
164,136円
※2年使ったiPhoneは手元に残る上、SIMフリーiPhoneはキャリア版に比べ高く売却でき汎用性も高い


さきほどのauプランで計算した「2年間の合計」額と比べるとその差は歴然。

通信速度はさすがにドコモ・au・ソフトバンクの3強が最も安定していますが、3年間IIJmioを利用していて困るほど遅くなったことはほとんどありません。(地域や時間帯にもよります)

よほどの高速通信を常に求めているとか、家族割の関係上仕方なく3大キャリアに残らざるを得ないなど特別の事情がない限り、私はSIMフリーiPhone×格安SIMでの運用を推します。


⇒ IIJmio(みおふぉん)の料金をチェックしてみる

あとがき

以上の通り、ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」auの「アップグレードプログラムEX」という損する上に4年縛りを受けてしまう謎プランに加入するのはおすすめしません。

個人的にはSIMフリーiPhone×格安SIMを強くすすめますが、もしソフトバンクやauで契約する場合でもこれらの新オプションプランは適用しないようにしておきましょう!

iPhone Xと8、7、6s、SEをわかりやすく比較してみた。選ぶなら今こそ7かSEがいいのでは?

2017.09.15

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら